ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り

さわやか自然百景

「さわやか自然百景」は、みなさんに日本の各地に残された自然の美しさ、素晴らしさを再認識していただき、自然に心の故郷を感じてほしいと考えている番組。生き物や植物の大切さも伝えていく。

過去の名作が全て見放題

2010年07月30日 配信開始

各話一覧

並び順

沖縄 竹富島

108ポイント 購入する

沖縄 竹富島

108ポイント 3日間 13:59

沖縄本島から南西に約300km、周囲約9kmの小さな島・竹富島。透明なサンゴの海にはスズメダイやクマノミが泳ぐ。1年を通して花が咲き、花のみつを求め色とりどりのチョウが舞う。南西諸島特有のリュウキュウアサギマダラやツマベニチョウ、最も目を引くのは日本最大級のチョウ・オオゴマダラだ。南国の島の海と陸に舞う、カラフルな生き物たちの姿を竹富島に訪ねる。2010年11月に放送した番組のアンコール。

詳細

北海道 宮島沼 秋

108ポイント 購入する

北海道 宮島沼 秋

108ポイント 3日間 13:59

北海道・石狩平野の宮島沼。秋には数多くの野鳥が見られる。マガンは5万羽を超え、東アジアに住むうちの3割ほどといわれている。沼で休み、田んぼで落ちモミを食べ、渡りの鋭気を養う。圧巻は、朝の飛び立ちと夕暮れのねぐら入り。5万羽ものマガンが一斉に乱舞するのだ。ハイスピードカメラで世界的にも極めて珍しい一斉飛び立ちを撮影。細かな羽の動きや、水しぶき、群れをなして躍動するマガンの姿をスペクタクル映像で紹介。

詳細

宮城 金華山の秋

108ポイント 購入する

宮城 金華山の秋

108ポイント 3日間 13:59

宮城県牡鹿半島沖に浮かぶ周囲26kmの島・金華山。ブナなどの落葉広葉樹とモミなどの常緑針葉樹に覆われた島では、ニホンザルとニホンジカが数多く暮らす。実りの時期、生きものたちは躍動する。ニホンジカのオスは恋の時期を迎え、角を突き合ってライバルと争う。森では、この春産まれたニホンザルの子どもが、大人に混ざって秋の恵みを口いっぱい頬張る。島という閉ざされた環境で、たくましく暮らす生きものたちを見つめる。

詳細

宇和海

108ポイント 購入する

宇和海

108ポイント 3日間 13:59

四国南西部・豊後水道の愛媛側に広がる宇和海。日本で最初の海中公園の1つに指定され、南からの黒潮の影響でテーブル状のミドリイシの仲間などの造礁サンゴや花畑のような景観を作るソフトコーラルなど、100種類を超えるサンゴが見られる。このサンゴの群落には、南の海にすむ魚をはじめ1000種類以上の生き物が生息している。サンゴの海の豊かな自然を紹介する。2010年11月に放送した番組のアンコール。

詳細

諏訪湖

108ポイント 購入する

諏訪湖

108ポイント 3日間 13:59

長野県の中央部に位置する諏訪湖は、周囲15.9kmの大きな湖である。標高が高く、盆地にある諏訪湖の冬は厳しい。近年は湖の全面凍結が減り、コハクチョウやカモ類など多くの冬鳥が飛来するようになった。さらに、かつて保護されたオオワシが、今では元気になって14年連続で飛来している。冬鳥たちの冬越しを中心に、厳冬期から北帰行が始まる早春まで、諏訪湖やその周辺で冬を越す生き物たちの営みを見つめる。

詳細

北海道 朱鞠内湖

108ポイント 購入する

北海道 朱鞠内湖

108ポイント 3日間 13:59

北海道北部、朱鞠内湖(しゅまりないこ)。年間20mを超える降雪量と、氷点下40度を下回る寒さを記録する、世界でも稀有(けう)な極寒豪雪の地だ。凍結した湖には独特の雪の結晶が大量に積もり、見渡す限りの大雪原となる。一面の結晶は太陽や月の光を反射し、色とりどりに輝く。対照的に、大量の雪にフタをされた水中には闇が広がる。未知の暗黒世界となる水中の撮影に挑戦。イトウやワカサギの、初の潜水撮影に成功した。

詳細

早春 多摩川

108ポイント 購入する

早春 多摩川

108ポイント 3日間 13:59

東京と神奈川の境を流れ、東京湾へと注ぐ多摩川の下流域。ここは潮の満ち干の影響が大きく、干潮時には広大な干潟が現れる。面積は合わせて1平方キロメートルにもなる。春の日中、干潟では生きものたちが活発に動きだす。泥の中からカニが現れ、浅瀬ではコサギやカモなどの鳥が集う。干潟の隣に広がるヨシ原ではオオジュリンやセッカ、チュウヒなどが飛び交う。早春の多摩川下流域を舞台に、都会の水辺で力強く輝く命を見つめる。

詳細

埼玉 狭山丘陵

108ポイント 購入する

埼玉 狭山丘陵

108ポイント 3日間 13:59

狭山丘陵は都心からおよそ40km、埼玉県と東京都にまたがる広大な雑木林に覆われた丘だ。早春、クヌギやコナラなどの広葉樹が一斉に芽吹き、ヤマザクラやうす紅色のウグイスカグラが花を咲かせる。水ぬるむころ、林の水辺ではおたまじゃくしが泳ぎ始める。野鳥たちも林に集まり巣作りを始める。大都会郊外の雑木林で見つけた生きものたちの営みを通して、狭山丘陵の春の訪れを探す。2009年4月に放送した番組のアンコール。

詳細

白山山系 山毛欅尾山(ぶなおやま)

108ポイント 購入する

白山山系 山毛欅尾山(ぶなおやま)

108ポイント 3日間 13:59

日本有数の豪雪地帯、石川県の白山山系。その一角、いち早く春が訪れるのが山毛欅尾山(ぶなおやま)だ。山の南斜面は切り立っているため、春先になると雪崩が起こり、山肌に厚く積もった雪が一気に消え去る。3月、ニホンザルやニホンカモシカは、地面があらわになった急斜面にやって来て、雪の下から現れた若々しい草を食べる。雪深い白山山系で、一足早く春の恵みに満ちていく山毛欅尾山。早春に活気づく命の営みを見つめる。

詳細

神奈川 真鶴半島

108ポイント 購入する

神奈川 真鶴半島

108ポイント 3日間 13:59

神奈川県の南西部、相模湾に突き出た真鶴半島。わずか3平方kmの半島を、うっそうとした照葉樹林が覆う。昔から地元では、この森を「お林」として大切に守ってきた。一年中、葉が茂る森はヤマガラやアオジなど小鳥の隠れがとなり、また半島周辺の豊かな海ではクロサギやミサゴなどが魚を狙う。早春の半島を訪ね、照葉樹林の恵みを受けて暮らす生き物の春の営みを見つめる。2011年5月に放送した番組のアンコール。

詳細

周防大島

108ポイント 購入する

周防大島

108ポイント 3日間 13:59

瀬戸内海の周防大島は面積およそ130平方km。島北部の海底にはアマモ場が広がり、カレイやハゼなどが暮らす。一方、南部の岩礁地帯ではさまざまな稚魚が群れで泳ぎ、アジやハマチなどの大きな魚が狙う。イルカの仲間スナメリも生息する。ほかにも自然の豊かさを示す光景がある。緑の蛍光色に輝くアワサンゴだ。周防大島では4万にも及ぶ世界最大の群落が見られる。春、多様な命にあふれる周防大島の海で命の営みを見つめる。

詳細

早春 穂高連峰

108ポイント 購入する

早春 穂高連峰

108ポイント 3日間 13:59

北アルプスの穂高連峰。早春、西穂高岳(2909m)へ続くりょう線は一面、深い雪に覆われている。この時期、生きものたちの営みは日増しに活発になる。雪の斜面には冬をしのいだオコジョの足跡が続き、ライチョウは雪の下から現れた木々の芽を食べて繁殖に備える。針葉樹の森ではヒガラやコガラ、カケスなどがさえずりはじめる。季節の移ろいを告げる多様な命。その躍動を、雄大な風景が広がる穂高の山々で見つめる。

詳細

春 北海道 然別湖

108ポイント 購入する

春 北海道 然別湖

108ポイント 3日間 13:59

北海道、大雪山系の然別湖(しかりべつこ)。およそ2万年前の火山活動でできたカルデラ湖だ。冬に厚い氷に覆われていた湖面が半年ぶりに姿を現す5月、珍しい現象が起こる。湖の氷が解ける時、細長い棒状の氷が崩れだし、風に流されて「シャララ」と美しい音を奏でるのだ。北海道でも、寒さの厳しい限られた湖でしか見られない「キャンドルアイス」という現象だ。神秘的な解氷とともに、活動を始める生きものたちの春を見つめる。

詳細

鳥取 日野川

108ポイント 購入する

鳥取 日野川

108ポイント 3日間 13:59

鳥取県西部、中国山地から日本海へ注ぐ日野川。清らかな水をたたえた上流部には手つかずの自然が今も残され、絶滅が心配されるオオサンショウウオが数多く息づく。4月、源流付近にある水たまりでは、姿を見ることさえ難しいカスミサンショウウオが現れて産卵。川沿いの棚田では、トノサマガエルなどさまざまなカエルが、にぎやかな恋の駆け引きを繰り広げる。春から初夏、貴重な生きものの宝庫・日野川で、躍動する命を見つめる。

詳細

北海道 有珠山

108ポイント 購入する

北海道 有珠山

108ポイント 3日間 13:59

火山地形が広がる北海道南西部、今も白煙をあげるのが標高737mの有珠山。過去100年間は20~30年間隔で噴火している。そこには、荒廃した地で植生を回復しようと根を張る植物、緑を求めて集まる動物たちなど、必死な生きものたちの姿がある。2002年、噴火して2年後の有珠山の自然を撮影。その過去の映像を交えながら、火山地形に育つ植物たちと、そこに集まる生きものたちの営みを見つめる。

詳細

四国山地 瓶ヶ森

108ポイント 購入する

四国山地 瓶ヶ森

108ポイント 3日間 14:00

高知と愛媛の県境に位置する四国山地・瓶ヶ森(かめがもり)。山頂を境に対照的な環境が広がる。北西斜面にはなだらかなササの平原と針葉樹林。対して、南東側は切り立った断崖の下に広葉樹林が続く。アケボノツツジが咲き始める春、鳥たちが集まってくる。ササ原でさえずるウグイス、渓谷にたたずむオオルリ。ミソサザイやキビタキは森の中で繁殖期を迎える。多様な自然が凝縮された野鳥の楽園・瓶ヶ森で、命の息吹を見つめる。

詳細

大阪湾 成ヶ島

108ポイント 購入する

大阪湾 成ヶ島

108ポイント 3日間 13:59

阪神工業地帯を抱える大阪湾の入り口、紀伊水道に浮かぶ周囲6kmほどの無人島。大都会に近い場所ながら、驚くほど多種多様な動植物にあふれている。島の西側に広がる干潟では、絶滅の危機にひんしているハクセンシオマネキが求愛のダンスを見せる。干潟に続く海の中でも、アマモを隠れ家に小さな生き物たちが身を潜めて暮らしていた。小さな無人島に息づく貴重な自然を見つめる。2011年7月に放送した番組のアンコール。

詳細

北海道 知床の清流

108ポイント 購入する

北海道 知床の清流

108ポイント 3日間 13:59

北海道の東、知床半島に広がる森。その中を流れる川は広大な原生林の中を通り、オホーツク海へ注ぐ。厳しい冬から解放された清流とその河畔林では、絶滅危惧種のシマフクロウを食物連鎖の頂点とした、独特の生態系が見られる。雪解け水で水かさを増した清流には、オショロコマなどの川魚があふれ、春に生まれたシマフクロウのヒナの食べ物となる。春から夏、シマフクロウの命の営みを追う。

詳細

三陸海岸 北山崎

108ポイント 購入する

三陸海岸 北山崎

108ポイント 3日間 13:59

高さ200mの断崖が大海原にそそり立つ岩手県・三陸海岸の北山崎。初夏、切り立った岩場ではアマツバメが群れで飛び交い、ミサゴのつがいがヒナを大切に育てる。この時期、北東から冷たい風「やませ」が吹くと沖で霧が発生。白い霧と奇岩が織りなす幻想的な風景が断崖に現れる。冷涼な気候はシロバナシャクナゲやニッコウキスゲなど、山や高原に育つ花々を海辺に咲かせる。荒々しい自然の中で輝く命を、初夏の北山崎で見つめる。

詳細

青森 仏沼

108ポイント 購入する

青森 仏沼

108ポイント 3日間 13:59

青森県の北東部にある仏沼。2.5平方kmほどの湿原は野鳥の宝庫。初夏は、まさに“恋の季節”。歌にダンスに見事な鳥たちの繁殖行動が繰り広げられる。高らかな歌声で求愛する、コヨシキリやコジュリン。水面で冠を振って求愛する、カンムリカイツブリ。珍鳥オオセッカは、にぎやかにさえずりながら半円を描くように飛び、メスにアピール。仏沼を舞台に、夏鳥たちの競演を楽しむ。2010年7月に放送した番組のアンコール。

詳細

北海道 ニセコ花の山

108ポイント 購入する

北海道 ニセコ花の山

108ポイント 3日間 14:00

北海道ニセコ連峰。初夏には180種を超える高山植物が咲き競う「花の楽園」だ。冬は北海道でも有数の豪雪地帯となるため、山頂や斜面の雪は6月まで残る。だが、そこから一気に雪解けし、さまざまな花で埋め尽くされるのだ。連峰の中でもいち早く花を咲かせる「沼や湿原」。噴気孔近辺に広がる「火山性の土壌」。山の斜面に残雪がたまった「雪田」。火山が作り出した3つの環境が、多彩な花の楽園を育む。

詳細

西表島の海

108ポイント 購入する

西表島の海

108ポイント 3日間 13:59

沖縄で2番目に大きな島、西表島(いりおもてじま)。青い海には日本最大級のサンゴ礁が広がり、1000種を超える色鮮やかな魚が乱舞する。一方、波の穏やかな湾内では、泥の海底にサンゴが群落を作り、個性的な魚が集う。西表島の海と深い関わりを持つのが、川に広がるマングローブ林。森の恵みはカニや貝などを育み、やがて海に栄養をもたらす。森に美しい花が咲き、海の生きものが命をつなぐ夏、西表島に輝く自然を見つめる。

詳細

熊本 荒尾干潟

108ポイント 購入する

熊本 荒尾干潟

108ポイント 3日間 13:59

有明海に面した荒尾干潟。ラムサール条約に登録された干潟に、春、3000羽を超える渡り鳥が集まる。潮が引くと、干潟の生きものと鳥たちの激しい攻防が始まる。長いくちばしで泥の中の獲物を探すオオソリハシシギ、太いくちばしで石をひっくり返すキョウジョシギ、シロチドリは猛ダッシュでカニを追う。夏、干潟では恋の季節を迎えたカニやムツゴロウがメスを巡って争いを繰り広げる。多様な命でにぎわう荒尾干潟を見つめる。

詳細

北海道 恵山

108ポイント 購入する

北海道 恵山

108ポイント 3日間 13:59

北海道の南にある活火山、恵山。山肌は噴出した溶岩と火山灰で覆われ、噴気孔からは煙が立ち上る。6月、この荒々しい風景が一変、燃えるような赤に染まる。60万本ものツツジが、花を咲かせるのだ。恵山は、日本有数のツツジの群生地。花に誘われ、昆虫や小鳥たちが集まってくる。中でも多いのは、エゾハルゼミ。ツツジの森で、羽化・産卵と地上での生活を3週間ほどで終える。はかないセミの営みと、幻想的なツツジを描く。

詳細

中国山地 船通山

108ポイント 購入する

中国山地 船通山

108ポイント 3日間 13:59

中国山地の船通山は標高1142m。なだらかな斜面には、天然のブナ林が広がる。梅雨の時期、森が受け止めた大量の雨は地面にしみこみ、やがて大地から湧き出して沢となる。水辺ではカスミサンショウウオの幼生や、中国地方固有のイワナの仲間ゴギが見られる。夜、ふもとの清流ではゲンジボタルの群れが飛び交い、繁殖のため淡い緑の光を一斉に放つ。初夏の船通山で、恵み豊かな森と水に支えられる生きものたちの営みを見つめる。

詳細

長野 阿寺渓谷

108ポイント 購入する

長野 阿寺渓谷

108ポイント 3日間 13:59

長野県の木曽谷に自然豊かな渓谷がある。全長15kmの阿寺渓谷だ。目をひくのは水の青さ。透明感を持った神秘的なブルーは、渓谷の自然環境が作り上げた独特の色だ。初夏、阿寺渓谷はさまざまな生きものであふれる。渓流ではヤマトイワナやアジメドジョウが躍動し、川岸ではササユリやヒメシャガなど貴重な花々が咲く。木々の枝ではオオルリやカケスがさえずり、ムササビは夜の森を舞う。美しい阿寺渓谷に輝く命を見つめる。

詳細

八丈島の海

108ポイント 購入する

八丈島の海

108ポイント 3日間 13:59

伊豆諸島の八丈島は火山の噴火で出来た島。溶岩が造り上げたダイナミックな地形は、海中まで続く。複雑な岩場は、生きものにとって格好のすみかだ。ユウゼンやテングダイなど色鮮やかな魚が群れをなし、アオウミガメはゆったりと舞う。夏は繁殖の季節。ミヤケテグリは優雅な求愛のダンスを繰り広げ、黄色や青の派手な色をしたナメモンガラは、砂の中に産み付けた卵を守る。夏、青く澄み渡った八丈島の海で、躍動する命を見つめる。

詳細

北海道 占冠の森

108ポイント 購入する

北海道 占冠の森

108ポイント 3日間 13:59

北海道の中央部、占冠(しむかっぷ)村。村の9割が森に覆われた、緑豊かな森の王国だ。初夏、森から湧く大量の霧が、盆地にたまって雲海となる。霧で潤った森では、その恵みを利用してオオルリが子育てをする。そして月に数度、奇跡的に生み出された雲海が見られる。100km離れた太平洋沖で発生した海霧が、山脈をも乗り越えて占冠に流れ込むのだ。2種類の雲海に包まれる占冠の森で、霧が織りなす命の営みを見つめる。

詳細

茨城 宍塚大池

108ポイント 購入する

茨城 宍塚大池

108ポイント 3日間 13:59

茨城県の南部、土浦市の郊外にあるため池、宍塚(ししつか)大池。池を中心に、およそ100haの緑豊かな自然が残っている。ハスの花が池を覆う夏、水辺ではドジョウやザリガニが動き回り、多くの種類のトンボが飛び交う。また、雑木林で子育てをするオオタカのヒナは巣から飛び立ち始める。多彩な環境が広がる宍塚大池の水辺や雑木林で、生き物たちの営みを見つめる。2011年10月に放送した番組のアンコール。

詳細

兵庫 宝塚 西谷の里

108ポイント 購入する

兵庫 宝塚 西谷の里

108ポイント 3日間 13:59

兵庫県宝塚市の北部、棚田とため池が広がる田園地帯、西谷。夏、田んぼの近くにはキキョウやオミナエシ、スズサイコなどが咲き誇る。一昔前ならどこででも見られたが、今や絶滅が心配される貴重な花々だ。水辺ではトノサマガエルやメダカが泳ぎ、クロイトトンボは水の中に身を沈めて植物の茎に産卵、ダイサギやアオサギは小動物を狙って狩りをする。日本の田園の原風景が残る西谷で、希少な花々の花園と多様な命の営みを見つめる。

詳細

石鎚山麓 面河渓

108ポイント 購入する

石鎚山麓 面河渓

108ポイント 3日間 13:59

愛媛県、石鎚山のふもとに広がる面河渓(おもごけい)。豊かな雨と花こう岩の一枚岩が作り出した美しい渓谷だ。夏、水辺では恋の季節を迎えたイモリなど小さな命が躍動。源流部に広がる森では、1年で数日だけの神秘的な湿原が現れる。珍しい昆虫たちの営みもある。寒い地域にすむコエゾゼミの羽化、朽ち木の中でオスとメスが大切に幼虫を育てるツノクロツヤムシ。夏から秋、彩り豊かに移ろう石鎚山麓の面河渓で輝く命を見つめる。

詳細

鳴門海峡

108ポイント 購入する

鳴門海峡

108ポイント 3日間 13:59

淡路島と徳島の間にある鳴門海峡。潮の流れが日本で最も速く、その潮流が大きな渦潮を生みだす。この渦潮をハイスピード映像・コマ撮り映像などで多角的に捉え、知られざる姿に迫る。さらに鳴門海峡は、マダイなど、さまざまな生き物が集まる“いのちの海”でもある。1年で最も大きな渦潮ができる秋の鳴門海峡を取材。ダイナミックな渦潮と、潮流が育む生き物たちの姿を伝える。2011年10月に放送した番組のアンコール。

詳細

北海道 阿寒の森

108ポイント 購入する

北海道 阿寒の森

108ポイント 3日間 13:59

北海道東部、阿寒湖。周囲の森には樹齢数百年の木々が生い茂り、多くの種類のきのこや粘菌、コケ類が地面を覆い尽くしている。きのこは森の生きものたちの栄養源にもなっている。美しい毒きのこ、ベニテングタケは、ヒグマやエゾシカ、エゾリスたちにとっては大切な食べ物だ。湖の底には、世界に類を見ないマリモが無数に転がる。阿寒湖の独特の地形や周りに広がる森に深く関わりを持って、奇跡的に生まれたマリモの生態に迫る。

詳細

丹沢山地

108ポイント 購入する

丹沢山地

108ポイント 3日間 13:59

神奈川県西部、1500m前後の山々が連なる丹沢山地。夏、雨や霧がもたらす豊富な水は森を潤し水辺の命を育む。水生昆虫を狙って泳ぐのはヤマメ、カジカガエルは恋のバトルを繰り広げる。霧にかすむ断崖ではサガミジョウロウホトトギスやイワギボウシなど貴重な花が咲く。紅葉に色づく秋、森では鳥たちが実りを受け、水中ではヤマメが新たな命をつなぐ。みずみずしい夏から輝きに満ちた秋、多彩な表情を見せる丹沢の自然を描く。

詳細

静岡 三保松原の海

108ポイント 購入する

静岡 三保松原の海

108ポイント 3日間 13:59

世界遺産に登録された富士山。その絶景と共に、古くから絵画に描かれた白砂青松の地が、静岡・三保松原だ。目の前に広がる海では、不思議な景観が見られる。海底を覆うオレンジやピンクの色鮮やかなサンゴ。水深20mの砂地にはハクセンエビや、全身真っ赤な魚イッテンアカタチなど、普通は深い海にいる生きものがすむ。夜になるとサクラエビやタチウオが深海から浮上して獲物を追う。秋、多様な命でにぎわう三保松原の海を描く。

詳細

北海道 利尻島 秋

108ポイント 購入する

北海道 利尻島 秋

108ポイント 3日間 13:59

北海道北部、利尻島。まん中にそびえる利尻山は、火山でできた切り立った地形のため、水はすぐに地中にしみ込み、そのほとんどが海に注ぐ前に姿を消す「かれ沢」となる。険しい環境の中に、生きものたちを支える「不思議な水辺」がある。山麓(さんろく)で突如、地中から湧き出す水。わずか100mほどで海へと注いでしまう。しかしそこには、驚くほどたくさんの生きものたちが暮らしている。小さな水辺の命のドラマを見つめる。

詳細

群馬 妙義山

108ポイント 購入する

群馬 妙義山

108ポイント 3日間 13:59

関東平野の西、びょうぶのようにそびえ立つ岩峰・妙義山(みょうぎさん)。鋭く切れ落ちた崖に点在する針葉樹と、崖の下に広がるイヌブナやカエデなど広葉樹が、断崖絶壁に独特の景観を作り上げる。山が紅葉に染まる秋、森ではヤマガラやジョウビタキなどの鳥たちが木の実をついばみ、ニホンザルは春に生まれた子どもを連れ、群れで木から木へと渡り歩く。奇岩と木々が絶景を織りなす秋の妙義山で、生きものたちの躍動を見つめる。

詳細

愛媛 佐田岬半島

108ポイント 購入する

愛媛 佐田岬半島

108ポイント 3日間 13:59

四国、愛媛県の佐田岬半島。長さ50km、幅は狭い所で800mしかない東西に細長い半島だ。岬の対岸は大分県。秋、佐田岬半島では上空を飛んでいくノスリやハチクマなど、ワシやタカの仲間の姿が、よく見られる。九州にほど近いこの半島を渡りの通り道として利用している。佐田岬半島で秋のひととき繰り広げられる、生きものたちの営みを見つめる。2011年12月に放送した番組のアンコール。

詳細

大阪 淀川のヨシ原

108ポイント 購入する

大阪 淀川のヨシ原

108ポイント 3日間 13:59

琵琶湖を源に、大阪の市街地を流れる淀川。豊かな水は広大な河川敷をつくった。ここには古くから貴重なヨシ原が残されている。大阪府高槻市にある「鵜殿のヨシ原」では、夏、近くの市街地で巣立ったツバメが大群となって上空を飛び交い、秋には虫の音が響き渡る。冬には大陸からの渡り鳥も数多く姿を見せにぎわう。多くの生命を支える淀川のヨシ原を舞台に、生きものたちの営みを描く。2012年1月に放送した番組のアンコール。

詳細

箱根 仙石原

108ポイント 購入する

箱根 仙石原

108ポイント 3日間 13:59

神奈川県の箱根・仙石原。春、草原や湿原の自然環境を守るために山焼きが行われると、辺りは一面、真っ黒に。やがて草が芽吹くと大地は淡い緑に染まり、かれんな花々が咲く。夏、草原を象徴するのは色とりどりのチョウ。青緑色に輝く羽を持つミドリシジミは、オス同士が激しい縄張り争いをする。秋、朝露にぬれたススキは朝日を浴びて草原を黄金色に染め上げる。早春から晩秋、劇的に変化する仙石原の美しい自然と命の輝きを描く。

詳細

静岡 掛川丘陵

108ポイント 購入する

静岡 掛川丘陵

108ポイント 3日間 13:59

良質な茶の産地で名高い静岡県掛川の丘陵地帯。ここでは茶木の根元に草を敷く伝統的な農法が行われている。それを支えるのが茶草場と呼ばれる草地だ。この草地では独特の自然が育まれている。春、日光の降り注ぐ地面にはハルリンドウが咲き、季節とともにササユリやキキョウなどの花々が彩りを添える。草地には希少なバッタをはじめ多様な小動物が集い、サシバは獲物を狙って狩りをする。里山で命を紡ぐ生きものの四季を見つめる。

詳細

秋 北海道 屈斜路湖

108ポイント 購入する

秋 北海道 屈斜路湖

108ポイント 3日間 13:59

北海道東部にある屈斜路湖。およそ3万年前、火山活動によってできたくぼみに水がたまった国内最大のカルデラ湖だ。秋、湖の岸辺は赤い色をした大きな魚でにぎわう。産卵のために湖から川へと遡上(そじょう)するサケの仲間・ヒメマス。大きさは40cm以上と国内でもトップクラスだ。火山の湖・屈斜路湖の独特な環境が、海に劣らぬ豊富な栄養を育み、ヒメマスを大きく成長させるのだ。

詳細

北アルプス 乗鞍岳 厳冬

108ポイント 購入する

北アルプス 乗鞍岳 厳冬

108ポイント 3日間 13:59

長野と岐阜にまたがる乗鞍岳(標高3026m)。冬、中腹の森ではニホンザルやカモシカがわずかな食べ物で生き抜く。標高2500mまで上がると一面の銀世界。激しい吹雪はシュカブラと呼ばれる波模様を雪面に刻む。ここで冬を過ごすのがライチョウ。10羽ほどの集団で力強く躍動する。晴れ渡ると広がる壮大なパノラマ、朝日を浴びて赤く染まる白銀の山々など、高山の自然が見せる一瞬のきらめきと山の命を厳冬の乗鞍岳で描く。

詳細

岩手山

108ポイント 購入する

岩手山

108ポイント 3日間 13:59

「南部富士」の名で知られる東北地方の名峰、岩手山。1年を通じて多様な命が躍動する。初夏の森ではリスが盛んに駆け回り、タカの仲間ノスリは捕えた獲物をヒナに与える。夏、色とりどりに咲き誇るハクサンチドリやコマクサなどの高山植物。秋、山肌を壮麗に染め上げる紅葉。そして白銀の冬、ハイタカは森で獲物を追い、リスは雪の下の食べ物を探して命をつなぐ。四季折々に豊かな表情を見せる岩手山で、輝く命の営みを見つめる。

詳細

厳冬 阿寒の峰々

108ポイント 購入する

厳冬 阿寒の峰々

108ポイント 3日間 13:59

北海道東部、阿寒湖を見下ろす雌阿寒岳は、現在も白煙を上げて激しい噴火を続ける活火山。1月下旬の山頂付近の寒さは、北極圏に匹敵する。すさまじい風で雪は飛ばされ、風と氷が作り上げる風景は、生命を寄せ付けない厳しさを見せる。しかし、中腹より下では、厳しい寒さの中に命の営みがある。ボッケと呼ばれる噴気口があるため、雪が溶け、その周囲には草やササが茂る。エゾシカは、それら火山のめぐみを受けて冬を乗り切る。

詳細

山形 鮭川

108ポイント 購入する

山形 鮭川

108ポイント 3日間 13:59

山形県北部、鳥海山麓(さんろく)から最上川へ注ぐ鮭川。多くのサケがそ上することから名付けられた川には、一年を通じて多様な命が集う。春から夏は鳥たちでにぎわう。カワセミは水中めがけて豪快な狩りをし、イカルチドリは河原の石に紛れて巧みな子育てをする。秋、水辺ではサケの大群が躍動、タヌキは岸辺でたやすく魚を捕える。深い雪に閉ざされる冬、サケの稚魚は旅立ちを迎える。美しく移ろう季節の中で、輝く命を描く。

詳細

北海道 宗谷海岸

108ポイント 購入する

北海道 宗谷海岸

108ポイント 3日間 13:59

北海道の北の果て、宗谷地方。オホーツク海と日本海が出合う場所だ。海に囲まれているため、一年じゅう風が強い。特に真冬には北西の季節風が強烈に吹きつける。厳しい環境の中、海岸では数百頭のアザラシなど、寒さに強い海獣類が体を休める姿が見られる。エゾシカは風で飛ばされた雪の下から、わずかな枯れ草を食べる。エゾシカやイルカが死ねば、オオワシやオジロワシの糧となる。冬を生き抜く動物たちの命の営みを見つめる。

詳細

霞ヶ浦 早春

108ポイント 購入する

霞ヶ浦 早春

108ポイント 3日間 13:59

日本で2番目に広い湖、霞ヶ浦。冬、ここには多くの渡り鳥が集う。カモたちは湖岸で水草を食べ、沖ではカンムリカイツブリが魚を捕らえる。関東有数の広さを誇る湿原では珍しいオオジュリンが越冬し、ハイイロチュウヒは獲物を求めて舞う。この時期、最もにぎやかなのがガンの仲間オオヒシクイ。早朝、田んぼに飛来し落ち穂を食べて過ごす。水鳥たちが北へ去る頃、大地は花々に彩られる。早春を迎える霞ヶ浦で鳥たちの営みを描く。

詳細

早春 北海道 風蓮(ふうれん)湖

108ポイント 購入する

早春 北海道 風蓮(ふうれん)湖

108ポイント 3日間 13:59

北海道東部にある風蓮湖は、海流が運んだ砂が湾をふさいでできた湖。春と秋、海草が生い茂る浅い湖には、数多くの渡り鳥たちが訪れ羽を休める。冬は、オオワシやオジロワシが魚を糧に冬を越す。3月半ばになると、湖の氷も解け、ハクチョウやタンチョウなどの水鳥が訪れて、湖は一気ににぎやかさを増す。冬から春へと変わる風蓮湖を舞台に、湖の恵みを受ける野生動物たちを見つめる。 2010年4月に放送した番組のアンコール。

詳細

多摩川源流域

108ポイント 購入する

多摩川源流域

108ポイント 3日間 14:00

大都市・東京を流れる多摩川。源流の一つが山梨県の小菅川だ。雪に覆われる厳冬期、ヤマメやイワナは川底でじっと過ごす。一方、水中で冬眠する変わったカエル、ナガレタゴガエルはいち早く、この時期に活動し、恋の駆け引きを始める。水辺に春を告げる花が咲き、ミソサザイが高らかにさえずるころ、産卵を終えたナガレタゴガエルは春眠に入り、卵からオタマジャクシがかえる。多摩川源流域で春を迎える小さな命の営みを見つめる。

詳細

吉野川上流 春

108ポイント 購入する

吉野川上流 春

108ポイント 3日間 13:59

高知県を源に紀伊水道に注ぐ大河、吉野川。その上流は険しい四国山地を削り、深いV字谷を作って「大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)」などの渓谷が続く。春、水ぬるむころ、アマゴが姿を見せ始める。ニホンカモシカやニホンザルが山の斜面に姿を見せる。野鳥は活発に動き回り、カワガラスは子育てに追われる。吉野川上流の雄大な渓谷を舞台に、生きものたちの営みを見つめる。 2012年5月に放送した番組のアンコール。

詳細

北海道 朱鞠内湖 春

108ポイント 購入する

北海道 朱鞠内湖 春

108ポイント 3日間 13:59

北海道北部、天塩山地の懐に抱かれた朱鞠内湖。5月、遅い春を迎えた湖では、野山を白一面におおっていた雪と、半年間にわたって湖面をふさいでいた氷が姿を消し、一気に命のにぎわいが増す。この時期、鮮やかな彩りを見せるのはフクジュソウやミズバショウ。野山ではユキウサギたちが恋の相手を求めて追いかけっこ。雪どけ水が流れる沢には幻の巨大魚イトウが群れ、湖に開いた氷の割れ目ではワカサギの大群が列をなして産卵する。

詳細

伊豆半島 城ヶ崎海岸

108ポイント 購入する

伊豆半島 城ヶ崎海岸

108ポイント 3日間 13:59

伊豆半島東部の城ヶ崎海岸。全長9kmの荒々しい断崖は多様な命を支えている。春、岩の割れ目で繁殖を始めるのはイソヒヨドリ。アマツバメは南から集団で飛来し、岩場の近くを高速で飛び回りながら虫を捕らえる。一生の大半を飛び続けて生活するアマツバメだが、繁殖の時期だけは岩の隙間に巣を作って暮らす。一方、断崖の上に広がる森ではヒヨドリなどの鳥たちが春の恵みを受ける。春の城ヶ崎海岸でにぎわう命の営みを描く。

詳細

白馬山麓 湿原の春

108ポイント 購入する

白馬山麓 湿原の春

108ポイント 3日間 13:59

標高3000m級の山々がそびえる長野県の白馬連峰。4月下旬、標高1000m付近にある高原は豊富な雪解け水で潤う。湿原ではハクバサンショウウオが本格的に動き出し産卵期を迎える。群生する薄い青紫色の花のキクザキイチゲや、ミズバショウなどの植物がハクバサンショウウオの隠れ家になる。湿原を舞台に、春の訪れとともに輝きを増す数々の命の営みを見つめる。 2012年6月に放送した番組のアンコール。

詳細

伊勢神宮の森

108ポイント 購入する

伊勢神宮の森

108ポイント 3日間 13:59

2千年にわたって守り継がれ、人の立ち入りが禁じられてきた伊勢神宮の森。シイやカシなどの常緑広葉樹に覆われた森は春、若葉や花が色とりどりの淡い彩りを見せ、1年でこの時期だけの美しさを見せる。春の恵みを受けるニホンザル、優雅に舞うミカドアゲハ、オオルリやサンコウチョウは南から渡ってきて子育ての準備をする。森の奥深くには神秘に満ちた驚きの景観もある。原始の姿をとどめる伊勢神宮の森の知られざる自然を描く。

詳細

大阪城公園

108ポイント 購入する

大阪城公園

108ポイント 3日間 13:59

大阪市の中心部にある大阪城公園。およそ106haの敷地には豊かな林が広がり、春、南から渡り鳥が飛来する。サンコウチョウやオオルリ、キビタキやセンダイムシクイなど、林や草地にいる虫などを食べて栄養補給する。キツツキの仲間、コゲラのオスは、木を小刻みにたたいて求愛。大都会にある大阪城公園で、生きものたちの知られざる姿に迫る。 2012年6月に放送した番組のアンコール。

詳細

伊吹山 春

108ポイント 購入する

伊吹山 春

108ポイント 3日間 13:59

岐阜と滋賀の県境にある伊吹山(1377m)。冬、日本海からの湿った季節風は大量の雪を山にもたらす。3月下旬、雪どけを迎えた中腹の森ではセツブンソウの花が春を告げ、カモシカは地面の草を食べて活動的になる。5月、ピンクのオドリコソウや淡い紫のエゾノタチツボスミレなど色とりどりの花が咲き誇る頃、森ではヤマドリやオオルリなどの鳥が躍動し、カモシカはやがて出産を迎える。伊吹山でたくましく生きる命を見つめる。

詳細

北海道 檜山(ひやま)の森

108ポイント 購入する

北海道 檜山(ひやま)の森

108ポイント 3日間 13:59

北海道の南部、渡島半島の西側、檜山地方。この地域に広がるおよそ1万haの広大な森は、江戸時代から人々に大切に守られてきた。開拓以前、北海道南部の日本海側を覆っていた原始の森の姿を今に伝える数少ない場所だ。6月、檜山の森は鮮やかな緑色に包まれ、子育てに励む多くの鳥たちでにぎわう。エゾライチョウの母鳥は、ヒナを連れて草花の新芽を探しながら森の中を練り歩く。 2012年7月に放送した番組のアンコール。

詳細

長野 八千穂高原 初夏

108ポイント 購入する

長野 八千穂高原 初夏

108ポイント 3日間 13:59

八ヶ岳の北東に広がる長野県の八千穂高原。なだらかに広がる斜面には広葉樹や針葉樹などの木々が織りなす多様な森が広がる。初夏、シラカバの森では赤紫やオレンジのツツジが鮮やかに咲き誇り、白い木立との見事なコントラストを描く。川べり近くの森ではカモシカやアナグマが姿を見せ、繁殖の時期を迎えた鳥たちは森じゅうにさえずりを響かせる。初夏ならではの彩りとにぎわいを見せる八千穂高原の森で多様な命の営みを見つめる。

詳細

沖縄 池間島

108ポイント 購入する

沖縄 池間島

108ポイント 3日間 13:59

沖縄本島から南西へ300km。宮古諸島の北端にある池間島では、春から夏にかけて二つの神秘的な光景が見られる。春の大潮の日、池間島から5kmの沖合に現れる“幻の島”。干潮の間だけ姿を見せる国内最大級のサンゴ礁群、八重干潮(やびじ)だ。200種類ものサンゴが大海原を色鮮やかに染めていく。夏の大潮の夜には、数百匹のオカガニが海岸に集まり、満月の光のもとで一斉に卵を放つ。月と潮が導く自然の営みを見つめる。

詳細

初夏 十勝川

108ポイント 購入する

初夏 十勝川

108ポイント 3日間 13:59

北海道の南東部、日本有数の畑作地帯を流れる十勝川。そこにあるのは牧草地や農業用の水路など、人が手を加えた多様な環境。かつてこの一帯に広がっていた湿原を人が農地に変えた場所だ。その十勝川周辺では、タンチョウが水路の中でヒナを育て、牧草地ではかわいらしいヒバリの幼鳥が草陰で親鳥の帰りを待つ。上空ではオオジシギが風のような奇妙な音をとどろかせながら飛び回る。人工環境もたくましく利用する鳥たちの姿を描く。

詳細

島根 隠岐諸島

108ポイント 購入する

島根 隠岐諸島

108ポイント 3日間 13:59

島根半島から北へ50km、日本海に浮かぶ隠岐諸島。春から初夏、海から発生する霧は島を包み込み幻想的な光景を見せる。霧がもたらす冷涼な気候は、北国や高山帯で咲く花々を育む。森では島固有の動物たちが躍動する。新緑の葉を目当てに動き回るのはオキノウサギ。オキマイマイは木の幹を伝い、沢ではオキサンショウウオが活発に獲物を追い求める。霧の恵みを受ける隠岐諸島の森で、個性あふれる生きものたちの営みを見つめる。

詳細

北海道 雨竜沼湿原 初夏

108ポイント 購入する

北海道 雨竜沼湿原 初夏

108ポイント 3日間 13:59

北海道屈指の豪雪地帯、増毛山地の山腹に広がる雨竜沼湿原。6月、湿原は1年で最も躍動感にあふれる。長い冬の間に積もった雪が一斉に解け始めるのだ。雪は1日数10cmものスピードで急速に解け、現れた湿原の大地には次々とミズバショウが花を咲かせる。エゾサンショウウオは湿原の沼で産卵。ヒバリは短い季節に追われるように急いで巣作りを始める。春から夏へと季節が一気に駆け抜ける雨竜沼湿原。その一瞬の夏を見つめる。

詳細

長野 戸隠山

108ポイント 購入する

長野 戸隠山

108ポイント 3日間 13:59

険しい断崖と堂々たる姿から、古来より人々に信仰されてきた戸隠山。夏、山の麓に広がる森は多くの生きものでにぎわう。コサメビタキやノジコなどの鳥たちは森の恵みを受けてヒナを養い、ムササビ親子は夜の森で仲むつまじく過ごす。豊かな森を育むのは幾筋もの川。山に降る雨は切り立った山肌を一気に流れて川となり、森を潤す。豊かな森と清らかな水を頼りに生きる動物たち。しゅん険な戸隠山が支える多様な命の世界を見つめる。

詳細

新潟 松之山

108ポイント 購入する

新潟 松之山

108ポイント 3日間 13:59

新潟県十日町市、山あいに棚田とブナの森が広がる松之山。雪国の里山では夏、多様な命のつながりが見られる。田んぼやため池ではトンボやカエルが産卵し、こうした獲物を狙ってクマタカやサシバなどの鳥が舞う。森ではノジコやオオルリの声が響き渡り、ブッポウソウは巣穴をめぐって攻防を繰り広げる。雪の残る森で命をつなぐのは瑠璃色に輝く虫、ユキグニコルリクワガタ。田んぼと森が密接につながる里山で、めぐる命を見つめる。

詳細

北海道 十勝海岸の湖沼群

108ポイント 購入する

北海道 十勝海岸の湖沼群

108ポイント 3日間 13:59

北海道・十勝地方の海岸線に、細長い砂州で海と隔てられた大小5つの沼や湖がある。春には、水面を覆っていた氷が一気に海へ流れ出し、そのあとに現れるのは鳥たちの楽園。水深が浅く獲物を狙いやすい水辺は、絶好のえさ場になるのだ。国の特別天然記念物タンチョウのつがいも、食べ物が豊富なこの場所を選び子育てを行う。春から夏、劇的に変化する沼や湖に支えらえた、多くの命の営みを見つめる。

詳細

石川 手取川扇状地

108ポイント 購入する

石川 手取川扇状地

108ポイント 3日間 13:59

石川県南部、豪雪の白山に源を発し日本海へと注ぐ手取川は全長72km。2000m級の峰々から流れ込む水は土砂やれきを運び、下流に広大な扇状地を作った。大量の雪解け水は地下水となり、平野全域に行き渡って貴重な生きものを育む。湧き水で命をつなぐのがトミヨ。水温の低い清流を好む魚で、オスはバイカモなどを利用して巣を作り卵を守る。ふ化した後も稚魚の世話を続ける。水の恵みを享受し命をつなぐ生きものたちを追う。

詳細

北海道 樽前山麓の清流

108ポイント 購入する

北海道 樽前山麓の清流

108ポイント 3日間 13:59

北海道南西部にある活火山、樽前山。今なお噴煙を上げる山頂部とは対照的に、山裾には広大な森が広がる。森には豊富な湧き水が湧き、冷たく年中かれることがない40本以上もの小川を形づくる。小川はリスや鳥たちなどが利用し、冷たい清流でしか生きられない絶滅危惧種の魚、エゾトミヨの命も支える。オスが1か月もの間エサもとらず卵を世話するエゾトミヨの子育てなど、樽前山麓(さんろく)の清流が支える命の営みを見つめる。

詳細

北アルプス 黒部五郎岳

108ポイント 購入する

北アルプス 黒部五郎岳

108ポイント 3日間 13:59

北アルプスの奥深くにそびえる黒部五郎岳、標高2840m。山の斜面には、氷河に削られてできた広大な谷“カール”が広がる。残雪が消えた跡にはコイワカガミやチングルマなどの高山植物の大群落が現れる。夏、生きものは子育ての真っ最中。岩場にはイワヒバリやライチョウの子ども。ハイマツの木陰ではカヤクグリが巣を作り、ヒナに虫を運ぶ。黒部五郎岳のお花畑で子育てに励む生きものたちの奮闘を描く。

詳細

北海道 阿寒の水辺

108ポイント 購入する

北海道 阿寒の水辺

108ポイント 3日間 13:59

国の特別天然記念物マリモの群生地、北海道阿寒湖。直径30cmもの大型の球状マリモが群生するのは世界でもここだけ。湖底は一面のマリモに覆われた独特の生態系。マリモの表面にはミジンコなどのプランクトンがすみつき、スジエビやトミヨなどの魚が食べに集まる。積み重なるマリモの隙間は、エビや魚たちの格好の隠れ家となり、中でもきれいな水を好む魚、トミヨはマリモの内側にまで入り込み、子育てのための巣作りを行う。

詳細

夏 種子島

108ポイント 購入する

夏 種子島

108ポイント 3日間 13:59

鹿児島県の佐多岬から南へ40kmの種子島。標高2000m近い山を持つ屋久島と対照的に種子島には山がなく平坦。海岸沿いには砂浜が続き、マングローブも広がる。干潮になるとハクセンシオマネキがハサミを振る求愛ダンスをする。夜、ムラサキオカヤドカリはおなかに抱えた卵を波打ち際で放ち、アカウミガメは砂浜に上陸して産卵する。日本最大級のウミガメ繁殖地なのだ。卵からふ化した子ガメたちは一斉に海へと旅立っていく。

詳細

熊本 天草 妙見浦

108ポイント 購入する

熊本 天草 妙見浦

108ポイント 3日間 13:59

熊本県天草の西海岸、東シナ海に面した妙見浦。国指定の名勝地で、海岸にそそり立つ高さ20mから80mに及ぶ断崖。付け根には波や風で浸食された海食洞がいくつも口を開けている。昼間、岩場に付着した海藻をメジナやチョウチョウオがついばみ、一方、洞窟に隠れていた夜行性のハタンポは食べ物を探して夜の海に泳ぎ出す。風光明美な岩礁地帯、熊本・天草の妙見浦、海食洞をよりどころにする多くの生きものたちの躍動を描く。

詳細

北海道 野付の海

108ポイント 購入する

北海道 野付の海

108ポイント 3日間 13:59

北海道の野付半島は全長26km、日本最大の砂嘴(さし)。半島に囲まれた野付湾は水深が1~2mで、およそ70%がアマモに覆われている。このアマモを食べる貝や甲殻類、天然記念物のタンチョウなど湿原性の鳥たち。アマモをベッドにするゴマフアザラシ、そしてすみかとしているホッカイエビ。夏、日ざしを受けて豊かに育つアマモが支える自然と、それを守る人々の営みを描く。 2012年10月に放送した番組のアンコール。

詳細

北海道 室蘭 絵鞆半島

108ポイント 購入する

北海道 室蘭 絵鞆半島

108ポイント 3日間 13:59

北海道の南西部、絵鞆(えとも)半島は室蘭市の中心街から1kmしか離れていないにもかかわらず、イソヒヨドリやイワツバメなどが暮らす野鳥の楽園。80mもの高さでそそり立つ断崖になっているため、人間も野良ネコなども近寄ることができず、現在まで手つかずのままの自然が残された。断崖が朝日や夕日を浴びて金や銀のびょうぶのように輝く独特の景観の中で、集結する野鳥とそれを狙うハヤブサ。秋の海岸の生の営みを追う。

詳細

八ヶ岳山麓 国蝶(ちょう)舞う里山

108ポイント 購入する

八ヶ岳山麓 国蝶(ちょう)舞う里山

108ポイント 3日間 13:59

八ヶ岳南麓(なんろく)に広がる山梨県北杜市の里山。春、棚田を囲む林で若葉が輝く頃、動き始めるのが国蝶(ちょう)オオムラサキの幼虫だ。エノキの葉が幼虫の食べ物になるのだ。夏、青々とした稲の苗が風にそよぐ頃、カブトムシやスズメバチなどがクヌギに集まって樹液をなめる。そこへ成虫となったオオムラサキも現れ、力強い羽ばたきで虫たちを追い払う。オオムラサキの営みを、季節とともに移ろう里山の自然の中で見つめる。

詳細

北海道 真狩川

108ポイント 購入する

北海道 真狩川

108ポイント 3日間 13:59

北海道西部、羊蹄山の南麓(なんろく)を流れる真狩川は湧水(ゆうすい)の川。澄んだ水は夏でも水温10度前後。そのため冷たい水を好む水草、バイカモの群落が広がる。北海道でも一般にバイカモは源流部にしか見られないが、真狩川では下流まで広く分布。氷河期の生き残りともいわれる魚、オショロコマがバイカモをよりどころに暮らすなど、独特の生きものたちの暮らしを支える。清流を舞台に水草と魚たちの営みを見つめる。

詳細

山口 千鳥浜

108ポイント 購入する

山口 千鳥浜

108ポイント 3日間 13:59

瀬戸内海の西部に位置する「千鳥浜(ちどりはま)」。面積およそ750haで、日本有数の規模を誇る干潟が広がる。さまざまな命を育む千鳥浜に、毎年夏、現れる生きものがいる。「生きている化石」と呼ばれるカブトガニだ。大潮の日、満潮になると浅瀬に産卵にやって来る。絶滅が心配される生きものの残り少ない、よりどころとなっている、千鳥浜の夏から秋を見つめる。 2011年11月に放送した番組のアンコール。

詳細

北海道 美瑛の森

108ポイント 購入する

北海道 美瑛の森

108ポイント 3日間 13:59

北海道・大雪山系の十勝岳の麓に噴火の爪痕が色濃く残る森が広がる。“美瑛の森”と呼ばれ、火口から僅か数kmの場所に、うっそうとした原生林や溶岩や噴石が積み上がる岩塊地、荒廃から再生した若い森など、さまざまな景観の大地が密集している。森を流れる清流・美瑛川は、火山灰由来の鉱物の影響で、水が透明から青色へ瞬く間に変化。紅葉真っ盛りの秋、木々の赤や黄色、水の青が映える森で、生きものたちの営みを見つめる。

詳細

天橋立

108ポイント 購入する

天橋立

108ポイント 3日間 13:59

京都府の宮津湾に伸びる砂州、天橋立。砂浜を覆う5000本のクロマツと白砂が織りなす優美な景観は「日本三景」の1つとして知られている。砂州には地下水脈が流れているため真水が湧き、さまざまな植物が育つ。こうした植物の果実を求め、鳥が林を飛び交う。天橋立で宮津湾と区切られた内海には渡り鳥の姿も多い。初秋から晩秋、移ろいゆく生きものの営みを天橋立で見つめる。 2012年12月に放送した番組のアンコール。

詳細

鹿児島 喜界島

108ポイント 購入する

鹿児島 喜界島

108ポイント 3日間 13:59

奄美大島の東に浮かぶ喜界島。サンゴ礁が作った亜熱帯の島だ。世界有数の速さで隆起していて、海岸線はサンゴの化石がゴロゴロする岩場になっている。塩の影響を受けやすく植物にとって厳しい環境に、独特の植物群落が広がる。この島は、温暖な気候を好むチョウの楽園にもなっている。日本最大級のチョウ、オオゴマダラが金色のさなぎを作り、秋から冬、「渡りチョウ」アサギマダラが日本有数の密度で集まってくる。

詳細

北海道 鵡川(むかわ)

108ポイント 購入する

北海道 鵡川(むかわ)

108ポイント 3日間 13:59

鵡川(むかわ)は、アイヌ語の“ふさがる川”という言葉に由来する通り、河口付近には砂がたまり広大な浅瀬になっている。浅瀬には貝類がすみ、海鳥、猛きん類がやってきてにぎわう。11月の夜、満潮のころ下流域では鵡川の風物詩ともいえる光景を見ることができる。シシャモの群れが川をそ上し、産卵・放精が行われるのだ。鵡川の生きものたちの営みに迫る。 2012年12月に放送した番組のアンコール。

詳細

冬 札幌 羊ヶ丘の森

108ポイント 購入する

冬 札幌 羊ヶ丘の森

108ポイント 3日間 13:59

北海道・羊ヶ丘の森は、190万都市、札幌の市街地にある若い森。クラーク像で有名な公園や、国の研究機関の敷地に、人間が100年かけて育てた森だ。この森に夜な夜なエゾモモンガが出現。木々が葉を落とし森の見通しが良くなる冬、モモンガたちの暮らしぶりが見えてくる。冬眠しないモモンガは、北海道の厳しい寒さをどう乗り切っているのか? 市街地近くの環境をいかしながら、たくましく生きる動物たちの営みを見つめる。

詳細

栃木 足尾の森

108ポイント 購入する

栃木 足尾の森

108ポイント 3日間 13:59

日光と尾根をひとつ隔てた足尾。東洋一の銅山だったこの土地は精錬所の亜硫酸ガスや山火事によって、一木一草無くなった。その後、人々の努力で緑化が行われ、自然が戻りつつある。動物たちも、新天地を求め移住してきた。動物のふんは森の肥料となり、また種子の散布にも貢献している。緑だけでなく、生態系もよみがえり始めている。今や野生動物の宝庫ともなった晩秋の足尾の森で、たくましい生きものたちを見つめる。

詳細

秋田 太平山

108ポイント 購入する

秋田 太平山

108ポイント 3日間 13:59

秋田・太平山は標高1170m。太平山を象徴するのが「天然スギ」。樹齢250年を超える巨木が林立し、三大美林のひとつに数えられている。日本海に面する太平山は豪雪の山。冬眠前、雪の上で戯れるツキノワグマの親子。夜、スギの森で食べものを探すタヌキの家族。葉が生い茂るスギ木立の中は落葉広葉樹の森とくらべて意外に雪が少なく、食べものを探しやすい。秋から冬、自然が豊かな太平山で生きものたちの躍動を描く。

詳細

北海道 然別湖 秋から冬

108ポイント 購入する

北海道 然別湖 秋から冬

108ポイント 3日間 13:59

北海道の中央、大雪山系の懐にある然別湖には、世界でここにしかいないサケの仲間、ミヤベイワナが住んでいる。太古の火山活動で川がせき止められたため、もともと川に住んでいたイワナが孤立。然別湖で独自の進化を遂げたものだ。ふだんは湖深く隠れるように暮らすが、晩秋には湖に注ぐ小川に現れ産卵を行う。さらに厳冬期、雪と氷に閉ざされる中で、たくましく命をつなぐ。秋から冬、然別湖で生きものたちの営みを見つめる。

詳細

静岡 柿田川

108ポイント 購入する

静岡 柿田川

108ポイント 3日間 13:59

静岡県東部を流れる柿田川。全長1.2km。年間平均水温が15℃、富士山の湧き水が流れ込む川には30種を越える魚などが住む。夏、清らかな流れを象徴する白い花ミシマバイカモが咲き始める。晩秋、柿田川では年に1度のイベントが始まる。産卵のため、アユ数万尾が柿田川の合流点からそ上し、浅瀬で産卵を始めるのだ。夏から冬まで、日本有数の清流・柿田川を代表するミシマバイカモやアユなどの季節の営みを見つめる。

詳細

冬 沖縄 慶良間の海

108ポイント 購入する

冬 沖縄 慶良間の海

108ポイント 3日間 13:59

エメラルドグリーンに輝く沖縄県慶良間諸島の海は、世界でも有数の透明度を誇る。複雑な海底地形が作る穏やかな環境には、キンメモドキ、スカシテンジクダイ、アザハタなど無数の魚が舞い、250種もの多様なサンゴが高密度に生息することから、2014年、27年ぶりの新しい国立公園に指定された。そこに冬だけ現れるのが、ザトウクジラ。交尾と子育てのためにやってくる。求愛する雄、仲よく泳ぐ母と子クジラの姿が見られる。

詳細

青森 奥入瀬渓流

108ポイント 購入する

青森 奥入瀬渓流

108ポイント 3日間 13:59

青森県奥入瀬川の上流部、十和田湖から焼山までの約14kmが奥入瀬渓流だ。沢沿いにはいくつもの滝が点在。滝の周辺には四季折々、さまざまな生きものが集まる。春、川沿いを飛ぶのはカワガラス。安全な滝の裏に巣をつくり、ヒナを育てる。初夏、渓流へ赤い火の玉のようにダイビングして魚を捕まえる鳥はアカショウビン。秋、奥入瀬渓流は極彩色に彩られ、やがて雪がすべてを覆い尽くす。季節ごとに千変万化する渓流を見つめる。

詳細

愛知 六条潟

108ポイント 購入する

愛知 六条潟

108ポイント 3日間 13:59

愛知県渥美半島に広がる六条潟。三河湾に注ぎ込む豊川の上流から運ばれた砂れきが、堆積してできた。愛知県はアサリの漁獲量日本一だが、その多くが育つのが六条潟だ。潮が引くと、身を潜めていたゴカイやカニなどが姿を現す。干潟に点在する小さな砂団子は、カニたちが食事をした跡。コメツキガニなどを食べにやってくるのが、シギなど越冬する鳥たちだ。スズガモやユリカモメは、砂の中の生きものを掘り出して冬をしのぐ。

詳細

高知 竜串の海

108ポイント 購入する

高知 竜串の海

108ポイント 3日間 13:59

四国西南部、足摺宇和海国立公園内の高知県竜串。海岸にはプレート運動と風や波が作り出した奇岩が並ぶ。それが沈降してできた海底には、およそ100種の多種多様なサンゴが生息、日本最大のシコロサンゴの大群落やエンタクミドリイシの平原にさまざまな生きものが集まる。冬、竜串の海底に姿を現わすのはカラフルなウミウシたち。日本のウミウシの4分の1にあたる300種以上が生息する。竜串湾の海中に訪れた春の息吹を描く。

詳細

北海道 厳冬 網走

108ポイント 購入する

北海道 厳冬 網走

108ポイント 3日間 13:59

北海道の北東部、オホーツク海に面した網走地方。厳冬期、海岸は流氷に覆われ、一年で最も気温が下がる。海岸にある湖、能取湖はほぼ全面結氷し、湖畔の動物たちは食べ物の乏しい季節を迎える。一方、能取湖の中は魚や貝など、さまざまな生きもので満ちている。それを支えるのは、湖に海から流れ込む流氷と海水。能取湖に養分を届け、オホーツク海より豊かな環境を生みだしている。厳冬の網走に生まれる「水中の楽園」を訪ねる。

詳細

「南伊豆 須崎半島の海」

108ポイント 購入する

「南伊豆 須崎半島の海」

108ポイント 3日間 13:59

伊豆半島の南端、周囲7kmほどの須崎半島。海底火山由来の地形でリアス式の海岸が続く。黒潮が洗う海の中には、一足先に春がやってくる。2月から豊かな海藻の森に覆われていくのだ。透明度が高い海中には光がよく届き、ワカメなど多種多様な海藻が生い茂る。その間には、大きさ2cmほどのダンゴウオなど個性的な姿の魚たちが身を隠す。3月は魚たちも繁殖の季節。ヒメギンポが産卵し、海藻の小さな赤ちゃんが姿を現わす。

詳細

「沖縄 真栄田岬」

108ポイント 購入する

「沖縄 真栄田岬」

108ポイント 3日間 13:59

黒潮が洗う沖縄本島の真栄田岬。春先まで実が残る岬のイヌビワには多くの動物が集まる。同じ頃、沖のサンゴの海は繁殖の季節の始まり。陸と海に訪れた沖縄の春を描く。 2010年4月に放送した番組のアンコール。

詳細

「小笠原諸島 母島」

108ポイント 購入する

「小笠原諸島 母島」

108ポイント 3日間 13:59

小笠原諸島の母島には、固有種が多く見られる。島の中央に山々が連なり、ふだんから雲に包まれ雲霧林ができているためだ。数百万年の間に小笠原の島々は乾燥化し多くの種が絶滅した。そんな中、母島には雲霧林が残され、固有種たちが生き残った。雲霧林で最もよく目にする動物が固有種の鳥メグロ。天敵の少ない島の環境にうまく適応している。林冠でヒヨドリのように花の蜜を吸い、キツツキのように幹を移動して昆虫をとらえる。

詳細

「春 鎌倉の森」

108ポイント 購入する

「春 鎌倉の森」

108ポイント 3日間 13:59

古都・鎌倉。市街地の背後を囲む山々は、高さのわりに険しく、「鎌倉アルプス」と呼ばれている。意外に思えるほど自然も豊かな古都・鎌倉の森で春の息吹を探す。 2011年5月に放送した番組のアンコール。

詳細

「北海道 天塩川の春」

108ポイント 購入する

「北海道 天塩川の春」

108ポイント 3日間 13:59

北海道の北部、日本海に注ぐ全長256kmの天塩川。冷え込みの厳しい北海道の内陸をゆるやかに流れ、冬の4か月間は河口から120kmにわたって凍りつく。春、雪解け水が増える頃、その氷が一気に崩壊。「大解氷」と呼ばれる。氷は川岸の木々をなぎ倒し、100mの川幅いっぱいになって、ぶつかり合いながら海へ。わずか数日ですべてが流れ去り、天塩川の環境は激変する。この変化の中で生きる動物たちの暮らしと共に伝える。

詳細

「山口 見島」

108ポイント 購入する

「山口 見島」

108ポイント 3日間 13:59

日本海にポツリと浮かぶ山口県の見島(みしま)は長い旅をゆく鳥たちの格好の休憩地。5月、島はヤツガシラやツバメチドリなどの渡り鳥でにぎわう楽園となる。 2012年5月に放送した番組のアンコール。

詳細

「春 奥日光」

108ポイント 購入する

「春 奥日光」

108ポイント 3日間 13:59

栃木県の奥日光には、男体山、中禅寺湖など変化に富んだ地形がある。標高2000m級の峰々の麓に戦場ヶ原の湿原が広がり、辺りは針葉樹や広葉樹の森に囲まれている。春、越冬した渡り鳥たちが北帰行、森は芽吹きの季節を迎える。カラマツの若葉やブナの赤い新芽が残雪の白と鮮やかなコントラストを見せる。冬を耐えたサルは樹上で新芽を頬張り、シカは林床の芽生えをむさぼる。躍動を始める生きものたちを見つめる。

詳細

「北海道 焼尻島」

108ポイント 購入する

「北海道 焼尻島」

108ポイント 3日間 13:59

北海道の北西に浮かぶ焼尻島。平たんな島を、日本一密度の高いイチイの森が覆う。林床はエゾエンゴサクなどの花に彩られる。そこに訪れるのは、100種類以上の渡り鳥だ。 2012年5月に放送した番組のアンコール。

詳細

「伊豆諸島 神津島の海」

108ポイント 購入する

「伊豆諸島 神津島の海」

108ポイント 3日間 13:59

東京都心から170km。伊豆諸島の中央に位置する神津島(こうづしま)。流紋岩からなる白い切り立った崖や複雑に入り組んだ地形など、独特の景観が広がっている。島を囲む海は潮の流れが速く、人を寄せ付けない急しゅんな海岸地形が絶滅危惧種・カンムリウミスズメの重要な繁殖場所になっている。2か月ほどの繁殖期以外は一生を海の上で過ごすため、いまだ多くの謎に包まれた鳥を中心に、初夏の神津島の海を見つめる。

詳細

「春 鹿児島 硫黄島」

108ポイント 購入する

「春 鹿児島 硫黄島」

108ポイント 3日間 14:00

7300年前の大噴火で、全ての生物が絶滅した島がある。鹿児島県本土から南に40kmの硫黄島。今も火山ガスが吹き出し、海は鉄分を含んだ温泉で赤くにごる。海底に湧く栄養の周りにはプランクトンが増殖し、それを目当てに小魚やイセエビが集まる。陸に戻ってきた植物は、厳しい環境にも耐えられるマルバサツキやツバキ。春、花を咲かせている。陸にはヘリグロヒメトカゲが生息する。小さな命が躍動し始める春を見つめる。

詳細

「東京 西多摩の谷戸」

108ポイント 購入する

「東京 西多摩の谷戸」

108ポイント 3日間 13:59

東京・多摩地方。住宅地の丘陵の谷あいに「谷戸」と呼ばれる湿地が残されている。周囲の山から1年中清らかな水が供給されるため、豊かな生態系が育まれてきた。水辺ではモリアオガエルが産卵、トウキョウサンショウウオが育つ。谷戸の田んぼを支えているのは、赤い糸のようなエラミミズ。土をきめ細かくし、水をきれいにすることから“田んぼの掃除屋”と言われる。清らかな水とともに生きるものたちを描く。

詳細

「初夏 北海道 富良野」

108ポイント 購入する

「初夏 北海道 富良野」

108ポイント 3日間 13:59

北海道のほぼ中央、富良野には広大な畑作地帯が広がる。なだらかな丘は開拓され畑になった一方で、丘の縁の傾斜のきつい場所は原生林のまま残された。その結果、広大な畑作地帯に森が点在する独特の環境が生まれた。この畑と森を巧みに利用して生きるのがエゾフクロウ。畑でネズミなどの獲物を捕り、森の巨木にある樹洞で子育てを行う。初夏、人間が作り出した農地に寄り添い生きる動物たちのたくましい営みを見つめる。

詳細

「北信州 木島平」

108ポイント 購入する

「北信州 木島平」

108ポイント 3日間 13:59

長野県、志賀高原の北側、木島平。広大なブナの森が広がる。信越地方最大で、樹齢400年近い巨樹が林立し、地元では“日本一美しいブナ林”とも言われる。そこにすむのが猛きん類のサシバ。毎年スギやアカマツにかけられた14か所の巣で、にぎやかに子育てをする。親鳥のオスは獲物集めに奔走し、メスはヒナの世話をする。ヒナが大きくなると母鳥も食べ物集めに巣を離れるため、隙を狙ってクマタカやカラスがヒナを奪いに来る。

詳細

「北海道 石狩海岸 初夏」

108ポイント 購入する

「北海道 石狩海岸 初夏」

108ポイント 3日間 13:59

札幌市の北西、石狩川が運んだ砂が作った石狩海岸。砂地には草原と、延長20kmにも及ぶ日本最大のカシワの森が続く。春の雪どけから初夏、水はけの良い森に3か月だけ、なぜか水辺が出現する。そこではキタホウネンエビが卵からかえり次世代を残す。キタホウネンエビは石狩海岸と下北半島にしかいない2cmほどの小さな生きもの。2億年前から姿形を変えていない。海岸の森と草原で、生きものたちの初夏の営みを見つめる。

詳細

「岩手 三陸の湧水」

108ポイント 購入する

「岩手 三陸の湧水」

108ポイント 3日間 13:59

岩手・三陸海岸の大槌町。北上山地の伏流水を水源とする川にすむのが全長6cmの魚、イトヨだ。水温20℃を超すと死んでしまうため豊富な湧水(ゆうすい)のある国内の数か所でしか見られない。2011年、東日本大震災の津波はイトヨの繁殖地を飲み込んだ。それでも湧水は枯れず、翌年、同じ場所でわずかに残っていたイトヨが命をつないだ。さらに海岸に近い湧水地にもイトヨが現れた。なんとか生き残ろうとするイトヨを追う。

詳細

「高知 横浪半島」

108ポイント 購入する

「高知 横浪半島」

108ポイント 3日間 13:59

外海と内湾で環境の異なる高知県・横浪半島。荒波押し寄せる外海では海底一面にサンゴが広がり色鮮やかな魚が群れる。一方、波の穏やかな内湾は干潮時、多様なカニが集う。 2012年9月に放送した番組のアンコール。

詳細

「北海道 西別川」

108ポイント 購入する

「北海道 西別川」

108ポイント 3日間 13:59

北海道東部、根室海峡に注ぐ西別川は、世界有数の透明度を誇る摩周湖の伏流水が流れる川。上流には冷たい清流にしか生育しない水草、梅花藻(バイカモ)が群生している。梅花藻はカゲロウやトビケラなどの水生昆虫のすみかとなり、それを食べて生きるオショロコマやアメマスなど多くの魚たちの暮らしを支える。さらに梅花藻を食べに現れるエゾシカ、魚を狙うシマフクロウ。梅花藻の花咲く夏の西別川で、生き物たちの営みを描く。

詳細

「鳥取 大山」

108ポイント 購入する

「鳥取 大山」

108ポイント 3日間 13:59

中国地方最高峰の大山(1729m)は見る角度によって姿を大きく変える山だ。西から見ると富士山のような見事な三角形、北や南から見ると切り立った壁が続くアルプスのような独特の景観となる。これは大山の火山活動が活発だったころの名残り。溶岩から生まれた安山岩はもろく、現在進行形で崩壊しつづけている。夏、この崩壊した斜面に岩壁でたくみに子育てするアマツバメの姿が見られる。生命が活発に輝き始める大山を訪ねる。

詳細

「北海道 春国岱 夏」

108ポイント 購入する

「北海道 春国岱 夏」

108ポイント 3日間 13:59

北海道東部、春国岱(しゅんくにたい)は根室半島の付け根にある細長い砂州。全長8kmの砂州が、3列に並び、最も海側には草原、陸側には森、砂州と砂州の間には湿地が広がる変化に富んだ環境だ。7月、草原では塩風に強いバラの仲間、ハマナスがピンク色の花を咲かせ、マルハナバチやクジャクチョウなどの昆虫が集まる。それを糧に子育てを始めるのは夏鳥たち。夏の春国岱で生きものたちのドラマを見つめる。

詳細

「夏 朝日連峰」

108ポイント 購入する

「夏 朝日連峰」

108ポイント 3日間 13:59

山形と新潟の県境、南北60kmにわたって続く朝日連峰。標高1500m前後だが、日本アルプスの標高3000m級の高山さながらの開けた風景が広がる。冬の季節風がもたらす多量の雪により、高い木が育たないためだ。夏、雪の残るりょう線には高山植物のお花畑が現れる。ハイマツの茂る岩場では、高山で繁殖するイワヒバリやカヤクグリが飛び回る。雪が作った特異な環境を描く。

詳細

「北海道 大雪山系の夏」

108ポイント 購入する

「北海道 大雪山系の夏」

108ポイント 3日間 13:59

北海道の屋根と言われる大雪山系。標高1700mほどの広大な高原地帯だ。7月中旬、高原では一気に雪解けが進み、日本一広いお花畑が出現する。花を食料とするユキウサギやヒグマは、麓の森からはるばる登ってくる。花自身は、短い夏に確実に種を結ぶためにさまざまな工夫をこらす。熱で虫を呼ぶチングルマや、虫の合図で花粉を出すヨツバシオガマなど、昆虫との特別な関係を保ちながらたくましく生きる花の暮らしを見つめる。

詳細

「山口 阿武火山群」

108ポイント 購入する

「山口 阿武火山群」

108ポイント 3日間 13:59

山口県・萩の周囲にあるのが阿武(あぶ)火山群。わずか20km弱の狭い範囲に50以上の火山が集中する。世界唯一の安山岩の溶岩台地をはじめ、峡谷、海食崖、柱状節理、溶岩島など多様な地形が見られる。そうした地形は、貴重な生きものたちを育む。溶岩を通った地下水が作る落差70mの道永の滝は夏でも水温が14℃と冷たく、その下流の田万川には、アカハライモリなどが生息。多様な火山が育む豊かな生きものを見つめる。

詳細

「山梨 乙女高原」

108ポイント 購入する

「山梨 乙女高原」

108ポイント 3日間 13:59

山梨県にある標高1700mの乙女高原。森に囲まれたくぼ地で、そのほとんどは草原。他の地域では外来種に駆逐されるツリフネソウなどの花々80種類が咲き誇る。山地の開発などで少なくなったチダケサシも数多く、通常ピンク色の花が白く変異した個体も見られるほどだ。夏、姿を現すのがマルハナバチ。狭い草原に6種類がすみ分けている。舌の長いトラマルハナバチは蜜源の深い花を、短いオオマルハナバチは浅い花の蜜を吸う。

詳細

「群馬 榛名山」

108ポイント 購入する

「群馬 榛名山」

108ポイント 3日間 13:59

群馬県を代表する山々の総称、榛名山。その最高峰は、標高1449mで、山頂の周辺には、カルデラ湖や美しい姿の中央火口丘など、火山特有の地形が見られる。標高1000m付近には、軽石など火山噴出物が積もった高原が広がる。そこは、草原や湿原、カシワやミズナラの低木などが生えた独特の景観となっている。草原はチョウの宝庫。草の種類が多く、それぞれの草を幼虫の食草にするチョウが集まるのだ。

詳細

「徳島 日和佐川」

108ポイント 購入する

「徳島 日和佐川」

108ポイント 3日間 13:59

徳島県の南部を流れる日和佐川。ダムはなく、自然な蛇行が残る。魚の放流が行われないため、アユをはじめ全てが天然魚だ。川を代表する生きものが、エビなどの甲殻類。源流から河口までせきで分断されていない日和佐川は、格好の環境だ。代表的な種類のヒラテテナガエビは、初夏、上流でメスが卵を産み、ふ化するまで足で抱えて下流へ。1か月ほど育つと5mmほどの稚エビとなり、川岸を行列になって遡上(そじょう)する。

詳細

「神奈川 小網代の森」

108ポイント 購入する

「神奈川 小網代の森」

108ポイント 3日間 13:59

神奈川県三浦半島に、「小網代(こあじろ)の森」と呼ばれる自然が凝縮された森がある。降った雨水が集まり、河口に流れ着くまで、1つの森で完結する特異な場所だ。長さ1.2kmの浦の川には、2000種にのぼる多様な動植物が息づく。特にカニ類は多く、60種に及ぶ。アカテガニは、夏の大潮の夜に干潟へ下り、一斉に子どもを海へ放つ。首都圏に残された貴重な森で繰り広げられる生きものたちの命の営みを見つめる。

詳細

「北海道 風蓮湖の秋」

108ポイント 購入する

「北海道 風蓮湖の秋」

108ポイント 3日間 13:59

根室半島の付け根にありオホーツク海とつながる風蓮湖は、東西20kmもの広大な汽水湖。水深が平均1mと浅いため、干潮時には広大な干潟が出現する。秋、風蓮湖の干潟には、北極圏で繁殖し、遠くオーストラリアまで渡る途中のシギやチドリが現れる。およそ1か月、風蓮湖の干潟で獲物を食べ、1万kmにも及ぶ長旅に備えるのだ。このシギやチドリの他、タンチョウやキタキツネなど、風蓮湖で暮らす生きものの営みを見つめる。

詳細

「北海道 置戸山地」

108ポイント 購入する

「北海道 置戸山地」

108ポイント 3日間 13:59

北海道東部、標高1000mほどの置戸山地。そのすそ野、標高600m付近に周囲の森と様相がまったく異なる場所がある。累々と巨石が積み重なる岩場だ。低山の森の中に突如として現れた高山地帯のような環境。氷河期の生き残りとも呼ばれるナキウサギが生息している。人里近い低山の森になぜ“高山”があるのか。実はこの一帯の地下に永久凍土があり、岩の隙間から1年を通じて0度の風が吹き出してくるのだ。

詳細

「北アルプス 剱岳の秋」

108ポイント 購入する

「北アルプス 剱岳の秋」

108ポイント 3日間 13:59

北アルプス・剱岳の西側に伸びる早月尾根は、7kmに及ぶ。2300mの標高差の中で植生が変化する垂直分布が見られ、環境に応じて野生動物がすみ分けている。秋、高地では、ライチョウが冬越しのため高山植物の実をついばむ。ホシガラスはハイマツの実を雪の積もらない岩陰に蓄える。中腹には、広葉樹の実りを求めて渡りの途中のメボソムシクイやサメビタキが立ち寄る。冬支度にいそしむ多様な営みを見つめる。

詳細

「晩秋 浜名湖」

108ポイント 購入する

「晩秋 浜名湖」

108ポイント 3日間 13:59

遠州灘に面する浜名湖は、海水と淡水が混じる汽水湖。1日4000万tの海水が出入りし、700種を超える魚介類にあふれる。海から名物のウナギはもちろん、クロダイなどが湖内へ回遊しにくる。甲殻類の頂点に立つのが、本州では浜名湖にしかいないトゲノコギリガザミ。地元では“幻のカニ”とされ、まるまるとした姿から“胴満ガニ”と呼ばれる。晩秋の湖底では、冬眠を前にトゲノコギリガザミが一斉に狩りにでかけていく。

詳細

「北海道 ニカンベツ川」

108ポイント 購入する

「北海道 ニカンベツ川」

108ポイント 3日間 13:59

襟裳岬の北西20kmの海岸で太平洋に注ぐニカンベツ川。深まる秋とともに海からサケが大挙して現れる。放流事業が行われていないため、ここではサケたちの野生本来の姿が見られ、メスを巡ってオス同士が水しぶきをあげて争ったり、産卵場所を奪い合ったり、激しい闘争が繰り広げられる。その産卵場所は、意外にも河口からわずか3kmの中流部。なぜニカンベツ川ではサケが上流までさかのぼらないのか? その不思議を追う。

詳細

「中国山地 細見谷」

108ポイント 購入する

「中国山地 細見谷」

108ポイント 3日間 13:59

広島県の細見谷は、太田川の支流が頻繁に氾濫する場所。川の傾斜が緩く、大雨が降るとすぐに周辺が水につかる。そこは「渓畔林」と言われる独特の環境。湿潤な環境を好むカツラやトチなどが巨木となり、オシドリやオオコノハズクなどが洞に営巣する。夏に熟すウワミズザクラの実、そして秋に実るドングリなどの恵みがあふれ、西日本有数のツキノワグマ生息地になっている。初夏から秋、躍動する生きものたちを見つめる。

詳細

「高尾山 秋」

108ポイント 購入する

「高尾山 秋」

108ポイント 3日間 13:59

秋の東京・高尾山。実りを求めてメジロやエナガが舞い、ムササビは夜の森を滑空する。彩り豊かな木々や花、氷の花のような霜柱。美しく移ろう風景と命の躍動を見つめる。 2013年1月に放送した番組のアンコール。

詳細

「秋 大分 耶馬溪」

108ポイント 購入する

「秋 大分 耶馬溪」

108ポイント 3日間 13:59

大分県中津市を流れる山国川の中流は、美しい渓谷を刻む。日本三大奇勝の1つ、耶馬溪だ。岩山が巨大な石版のように川沿いにそそり立つ。谷が深いため、標高と日当たりによって、温度と湿度に差が大きく、さまざまな環境に適応した700種類以上もの植物が育つ。極めつきの絶景は秋。常緑樹の緑、落葉広葉樹の赤が、白い岩肌を美しく彩る。川へ張り出した木々から水辺に落ちる大量の葉は、トビケラなど水生生物の栄養となる。

詳細

「琵琶湖畔 冬」

108ポイント 購入する

「琵琶湖畔 冬」

108ポイント 3日間 13:59

冬の琵琶湖西岸の水辺にはさまざまな鳥が集まる。近くの里山にはノスリなどの猛きん類も姿を現し、コハクチョウの家族も飛来する。琵琶湖西岸の冬の自然を見つめる。 2012年2月に放送した番組のアンコール。

詳細

新春特集 「日本列島 火の国の恵み」

216ポイント 購入する

新春特集 「日本列島 火の国の恵み」

216ポイント 3日間 01:08:00

放送18年の中から見えてきたこの国の姿。それは“火の国”日本。大地を生み出す火山の力、過酷な環境に生き抜く動植物、太古の火山活動が作った岩の絶景など、私たちの身近な環境には火山の息吹があふれている。激しくそして豊かな自然の姿をスペシャル版でお届け。語りは柳生博さんと高橋美鈴アナウンサー。さらに番組テーマ曲に反応する猫も登場。最後は、初めてテーマ曲に歌詞がつき子どもたちも歌う。珠玉映像の68分。

詳細

「瀬戸内海 備讃瀬戸」

108ポイント 購入する

「瀬戸内海 備讃瀬戸」

108ポイント 3日間 13:59

瀬戸内海の東部、岡山と香川に挟まれた海域に大小100あまりの島が点在する備讃瀬戸。その海底は激しい潮流によって島々から削りとられた花こう岩質の砂地の浅瀬が広がり、独特の海中世界を形づくっている。島と島の間の瀬戸には砂地が海面から出るほどの浅いアマモ場が広がり、島影の入り江には海藻の森がしげって魚たちを育んでいる。そして冬、浅瀬の魚たちを求めて猛きんのミサゴなどの海鳥も集まる。島が形づくる海を描く。

詳細

「北海道 白老 ウヨロ川」

108ポイント 購入する

「北海道 白老 ウヨロ川」

108ポイント 3日間 13:59

北海道南西部、白老町を流れるウヨロ川には、サケが1月中旬になっても遡る。普通、11月下旬に終わる産卵がなぜかここでは厳冬期まで続くのだ。サケのメスたちは中流部の数十メートルに集中し産卵場所を取り合う。そこには川底から湧き水が湧き、厳冬期でも温かい水があるからだ。なぜサケたちはウヨロ川で遅い産卵をするようになったのか?そしてこの遅い産卵はウヨロ川に何をもたらすのか?不思議な厳冬期の産卵を解き明かす。

詳細

「埼玉 奥武蔵 高麗川」

108ポイント 購入する

「埼玉 奥武蔵 高麗川」

108ポイント 3日間 13:59

埼玉県西部を流れる高麗川(こまがわ)。特徴は、清流と里山の美しい景観だ。特筆すべきは魚の多さ。魚たちを狙って、豪快に水にダイビングするカワセミが躍動する。さらに高麗川には随所にたくさんの「ワンド」ができる。大雨のあとに本流からすこし外れた所に残される水たまりだ。逃げ遅れたコイなどの大きな魚たちが行き場を失い取り残される。それを狙って現れるタヌキ。多彩な生きものが躍動する川の秋から冬を描く。

詳細

「島根 高津川」

108ポイント 購入する

「島根 高津川」

108ポイント 3日間 13:59

中国山地を源に日本海に注ぐ高津川。2010年から4年連続で水質日本一に輝き、抜群の透明度を誇る。きれいな水を育むのは、流域に広がるブナなどの落葉樹林。地下に積み重なった落葉の層が、山に降った雨水を何十年もかけてろ過し、透き通った水を生み出している。そして、きれいな川の象徴が、源流部にすむイワナの仲間、ゴギ。秋から冬、移ろう清流の自然と生きものたちの姿を見つめる。

詳細

「栃木 那須高原」

108ポイント 購入する

「栃木 那須高原」

108ポイント 3日間 13:59

那須高原は栃木県北部、那須岳の標高1000mラインから山麓(さんろく)へ向けてなだらかに広がる。秋、頂上付近を見事な紅葉が彩る。木の実を運ぶのはホシガラス。ルリビタキも木の実をさかんについばむ。高原の林ではミズナラを中心に多様な広葉樹が赤、黄、さまざまな色に変化し紅葉を見せる。たわわに実ったオニグルミの実を運ぶのはホンドリス。冬に備えて木の実を地面に隠す。那須高原で躍動する生きものたちの姿を描く。

詳細

「和歌山 串本の海」

108ポイント 購入する

「和歌山 串本の海」

108ポイント 3日間 13:59

和歌山県串本町。黒潮の流れる暖かな海では、120種類ほどのサンゴが多様な生きものを育む。夏から冬、巨大なテーブルサンゴを舞台に繰り広げられる命の営みを見つめる。 2013年2月に放送した番組のアンコール。

詳細

「北海道 厳冬 トムラウシ山」

108ポイント 購入する

「北海道 厳冬 トムラウシ山」

108ポイント 3日間 13:59

北海道の中央、大雪山系のトムラウシ山(2141m)は、冬山のエキスパートから「ヒマラヤに匹敵する」と言われる過酷な環境。大量に降る雪を風速20mの強風が吹き飛ばし、一面真っ白なブリザード。風は雪面を硬く削り独特の模様を生む。さらに雪は岩々に激突して巨大な氷の塊となる。それは幻想的風景でもある。だが生きものにとっては過酷な環境。そこになぜかホシガラスの姿が。なぜホシガラスは山頂に現れるのか?

詳細

「三浦半島 葉山の海」

108ポイント 購入する

「三浦半島 葉山の海」

108ポイント 3日間 13:59

神奈川県三浦半島の中央にある葉山。相模湾に面し、遠く富士山を望む風光明美な海である。早春、沖合いまで広がる浅い岩場で海藻が急速に成長し、魚たちが新しい命を育む。 2012年4月に放送した番組のアンコール。

詳細

「厳冬 宗谷」

108ポイント 購入する

「厳冬 宗谷」

108ポイント 3日間 13:59

北海道の最北部、日本海からの強烈な季節風が吹きつける宗谷地方は、冬、広大な雪原となり、キタキツネなどが乏しい獲物を探しさまよう過酷な大地となる。その環境の中でたくましく生き抜き、世代を重ねている猛きん類がオジロワシ。翼を広げると2mを超える巨大な鳥だ。厳冬期、オジロワシはなぜか荒波が押し寄せる日本海の海岸に現れ、見事に獲物にありつくという。冬を生き抜くオジロワシと春へ向かう繁殖の姿を見つめる。

詳細

「鹿児島 奄美大島 早春」

108ポイント 購入する

「鹿児島 奄美大島 早春」

108ポイント 3日間 13:59

奄美大島は大陸から古くに分かれたため、ユニークな生き物たちの宝庫。この島だけにすむ全長30cmのオオトラツグミは、澄んだ響きの良い声でさえずり、オーストンオオアカゲラの木をつつく音が森に響き渡る。瑠璃色の羽を持つ固有種ルリカケスは早春、いち早く巣作りを始める。ドングリが主食のルリカケスは秋に栄養をたっぷり蓄えられるため、他の鳥たちより早く繁殖できるのだ。冬を越し、春に向かう生きものたちに迫る。

詳細

「鹿児島 沖永良部 鍾乳洞の島」

108ポイント 購入する

「鹿児島 沖永良部 鍾乳洞の島」

108ポイント 3日間 13:59

奄美大島と沖縄本島の間にある沖永良部島はサンゴ島とも呼ばれる。かれんな花々と青い海が鮮烈な色の共演を見せる。内陸には深い森が茂り、その奥は地底世界へつながる。純白に輝く鍾乳石や雪景色のような壮大な壁。鍾乳洞は合計200本、最長10kmになり、巨大なホールが連続する。隆起サンゴの石灰岩が豊かな水に溶かされ大空間が生まれた。水中にはテナガエビの姿も。サンゴと水が壮大な時間をかけ作りあげた小宇宙に迫る。

詳細

「東京湾 三番瀬・行徳湿地」

108ポイント 購入する

「東京湾 三番瀬・行徳湿地」

108ポイント 3日間 14:00

三番瀬は、東京湾奥に残された数少ない干潟。陸側にある行徳湿地とともに、魚類や水鳥などの貴重な生息地だ。狭い干潟だが、記録された野鳥は281種、国内の鳥類の約半分になる。スズガモ、キンクロハジロ、セグロカモメなど、鳥たちの採餌場所と休息場所だ。シギ・チドリの仲間で珍しいのは、ミヤコドリ。日本にやってくる500羽ほどの半数以上が集まる。三番瀬は魚類の産卵場で、成育場でもあるのだ。東京湾の春を見つめる。

詳細

「春 北海道 サロベツ原野」

108ポイント 購入する

「春 北海道 サロベツ原野」

108ポイント 3日間 13:59

北海道北部、日本海に沿って広がるサロベツ原野。南北27km、東西7kmの平らな土地に100以上もの水辺が点在している。春、北へ向かうカモなどの渡り鳥が群れをなして立ち寄ると、そこにオジロワシが襲いかかる。羽を広げると2mを超える巨大な猛きん類、オジロワシのダイナミックな狩りだ。カモを捕まえたオジロワシは巣へ。そこには白い綿毛に包まれたヒナの姿がある。春のサロベツ原野で生きものの営みを見つめる。

詳細

「高知 幸島」

108ポイント 購入する

「高知 幸島」

108ポイント 3日間 13:59

高知県の南西端に浮かぶ幸島。周囲700mの小さな無人島だ。周りの海は、北からの冷たい潮と黒潮が交わる位置にあるため、豊かな魚を狙ってたくさんの海鳥が繁殖に訪れる。中でも絶滅の危機にあるカンムリウミスズメの貴重な繁殖地として知られる。ヒナがふ化すると、わずか1~2日で親は荒海へと誘う。緩斜面でかえったヒナは自力で海まで歩かなければならない。豊かな海に囲まれた幸島を舞台に小さな海鳥のドラマを見つめる。

詳細

「初夏 北上高地」

108ポイント 購入する

「初夏 北上高地」

108ポイント 3日間 13:59

岩手県東部に連なる北上高地。なだらかな地形を生かし、草原では南部馬を生産、山林ではまき炭用に木材を利用、人の手が適度に入ることで自然環境が保たれてきた。その環境を巧みに利用するのがイヌワシ。全国有数の繁殖地だ。放牧地の草原はかっこうの狩場となり、その近くの断崖に枝や枯れ草を用い器用に皿状の巣を作る。ヒナがぎこちない羽ばたきを見せながら巣立ちの準備を少しずつ始める頃、ヤマブキの花が一斉に咲き乱れる。

詳細

「北海道 日高山脈 アポイ岳」

108ポイント 購入する

「北海道 日高山脈 アポイ岳」

108ポイント 3日間 13:59

北海道・アポイ岳。地下深くの岩がそのままの状態で地上に現れた、世界的にも珍しい場所だ。岩には植物の成長を妨げる成分が多く含まれている。厳しい環境に適応してきたアポイ岳の植物は独自の進化を遂げ、20種類もがここでしか見られない固有のものとなった。初夏、海で生まれた霧が乾燥した岩場に水分をもたらし、固有のカタツムリや氷河期の生き残りと言われるチョウが姿を現す。大地の活動が生んだ不思議な自然を見つめる。

詳細

「初夏 札幌」

108ポイント 購入する

「初夏 札幌」

108ポイント 3日間 13:59

200万近くの人が暮らす北の大都市、札幌。明治の開拓以降、都市化が進んだが、計画的に公園や緑地が作られ、市民の憩いの場となっている。初夏、そこにやってくるのが猛きん類のチゴハヤブサ。整地されて見晴らしがよく、獲物となる鳥や昆虫が集まる公園は、絶好の狩りの場なのだ。チゴハヤブサは自分で巣を作らず、市街地で多く見られるカラスの巣を利用する。公園という環境を巧みに利用するチゴハヤブサの子育てを見つめる。

詳細

「大分 深島」

108ポイント 購入する

「大分 深島」

108ポイント 3日間 13:59

大分県佐伯市の沖にひょうたん型の島、深島が浮かぶ。リアス式海岸のダイナミックな地形に囲まれ、周囲わずか4km。黒潮が分岐して流れ込む島を囲む海は年中温かく、サンゴ礁が群生し、かれんな熱帯魚が泳ぎ回る。岩礁地帯にすむ貝類は豊富で、1000種にも及ぶ。さらに、森も珍しい生きものであふれている。国の天然記念物のムラサキオカヤドカリや、深島とその周辺の島にしか生息しないフカシマコベソマイマイなどだ。

詳細

「尾瀬ヶ原」

108ポイント 購入する

「尾瀬ヶ原」

108ポイント 3日間 13:59

本州最大の湿原、尾瀬ヶ原。小さな池が点在、多くのトンボや両生類の楽園になっている。水辺にはスイレンの仲間ヒツジグサや氷河期の生き残りミツガシワが見られ、黄色いじゅうたんのようなニッコウキスゲの大群落が広がる。今回ドローンで空撮することによってパッチワークのように広がる絶景を描き出す。夏の夜、知られざる幻想的な絶景が見られる。満天の星あかりに植物群落が照らされるのだ。特殊機材で雄大な絶景を描く。

詳細

「北海道 東大雪の森」

108ポイント 購入する

「北海道 東大雪の森」

108ポイント 3日間 13:59

北海道中央部に連なる大雪山系の東側には、針葉樹と広葉樹が入りまじる森が広がる。初夏、深い森の中までさまざまな花が咲き誇り、珍しいチョウが見られる。ここは北海道でも限られた場所でしか見られない貴重なエゾライチョウの最大の生息地の一つ。長距離を飛ぶことができないと言われるエゾライチョウは、森の中を歩き回り、針葉樹と広葉樹の両方を巧みに利用して暮らし、子育てをする。独特の自然を育む東大雪の森を見つめる。

詳細

「北海道 札内川」

108ポイント 購入する

「北海道 札内川」

108ポイント 3日間 13:59

北海道、札内川。石の河原が40kmに渡って広がる全国的にも珍しい川だ。ここでは広大な河原を頼りに暮らす貴重な生きものたちが見られる。一生を河原で過ごすカワラバッタは見事な保護色で石に溶けこむ。日本各地で数を減らすイカルチドリも石そっくりの模様で天敵から身を守り、石の上で子育てをする。しかし雨が続くとたちまち川は増水、河原は水没してしまう。過酷な環境の中、札内川の生きものたちはたくましく命をつなぐ。

詳細

「越前海岸・玄達瀬」

108ポイント 購入する

「越前海岸・玄達瀬」

108ポイント 3日間 13:59

福井県の北部、越前海岸。太古の地殻変動と日本海の波が生み出したダイナミックな海岸線が続く。日本を代表する景勝地「東尋坊」を中心に、断崖には世界有数の規模の柱状節理が発達する。沖合36kmの海中には、「海の東尋坊」と呼ばれる巨大な海山「玄達瀬」が水深数百mの海底から水面下10mまでそびえ立つ。その周りは、暖流や寒流に乗って南北から集まる魚たちの楽園だ。北陸福井の海の大自然に迫る。

詳細

「伊豆諸島 御蔵島の海」

108ポイント 購入する

「伊豆諸島 御蔵島の海」

108ポイント 3日間 13:59

東京都にイルカの集まる場所がある。都心から約200km南に離れた伊豆諸島の御蔵島。島の周辺には120頭ほどのミナミハンドウイルカが生息し、スキンダイビングで大接近できる。初夏、イルカたちは島の沿岸で子育ての真っ最中。赤ちゃんは数年間母乳で育つため、母イルカにぴったり寄り添う姿が見られる。荒々しい断崖に囲まれた島の自然と、水中で間近に見られる子育てのしぐさに4Kカメラによる迫力映像で迫る。

詳細

「立山連峰 五色ヶ原」

108ポイント 購入する

「立山連峰 五色ヶ原」

108ポイント 3日間 13:59

北アルプス立山連峰の五色ヶ原(標高2500m)は、溶岩台地の上に広がる高層湿原。なだらかな地形と日本有数の豪雪がもたらす豊富な水が、雲上に別天地を生む。7月、雪どけが終わると「五色」の高山植物に覆われる。ピンクのハクサンコザクラなどの花々だ。繁殖のために飛んでくるのは、イワヒバリなどの鳥たち。冬の間も高地で過ごしていたライチョウは誕生の季節を迎える。雪が生んだ高山のオアシスで動きだす命を見つめる。

詳細

「鹿児島 屋久島の激流」

108ポイント 購入する

「鹿児島 屋久島の激流」

108ポイント 3日間 13:59

世界遺産、鹿児島県屋久島。「1か月に35日降る」と例えられる大雨が、屋久杉と豊かなコケの世界を育む。海にそびえ立つ高山が多くの雲を生み、降らせる雨。地盤は花こう岩で、雨は地面から深くしみこめないため、急流となって一気に駆け下る。水の中にすむ生きものにとっては過酷な環境だが、それをむしろ逆手に利用して生き抜くものもいる。ハゼは、ライバルが少ない滝の上流まで川をさかのぼる。屋久島の激流に4Kで迫る。

詳細

「愛媛 重信川」

108ポイント 購入する

「愛媛 重信川」

108ポイント 3日間 13:59

松山市街を流れる重信(しげのぶ)川。広い河川敷には砂利が目立ち、そこを縫うように細く流れる。瀬戸内海の気候の影響を受け年間の雨量が少ない上に、川底の砂れきは水をすぐに吸い取るため、川の一部が干上がる「瀬切れ」が頻発する。魚たちは流域に多く残される「泉」に避難する。干上がって見える川底の下に「河床間隙」と呼ばれる空間があるのだ。重信川の知られざる水流の多重構造と、そこで巧みに生きる命の営みを描く。

詳細

「浅間連峰」

108ポイント 購入する

「浅間連峰」

108ポイント 3日間 13:59

群馬県と長野県にまたがる2000m級の浅間連峰。西の烏帽子岳から東の浅間山まで連なる火山群だ。春から夏には、高山植物のお花畑が広がる。ガレ場、湿地、草原など、環境に応じて色とりどりの花々が咲き競う。そこは高山チョウの楽園。ミヤマシロチョウは、絶滅が心配される高山チョウ。幼虫は本州で唯一、糸で網状の「巣」を作り、集団で生活する。雄大な火山の山並みに発達するお花畑とそこに暮らすチョウたちを見つめる。

詳細

「伊豆諸島 三宅島の海」

108ポイント 購入する

「伊豆諸島 三宅島の海」

108ポイント 3日間 13:59

東京から南に約180km。三宅島は、噴火を繰り返してきた火山の島。海へ流れ込んだ溶岩が、多くのアーチを造る。溶岩はテングダイなどにとって格好の魚礁となる。黒潮の勢力が増し、澄んだ海中が広がる夏。色とりどりの亜熱帯の魚たちが群れる。夜、黒い溶岩の海底に姿を見せるのは鮮やかな紫色のレンテンヤッコ。日没直前にオスがメスへ求愛を始める。火山の島で命をつなぐ魚たちに迫る。

詳細

「秋 知床の海岸」

108ポイント 購入する

「秋 知床の海岸」

108ポイント 3日間 13:59

70以上の川や滝が流れる知床半島。海の中では森の栄養を含んだ真水が湧き出し、豊かなコンブの森を育む。秋、繁殖のために押し寄せるのがサケの仲間、カラフトマス。知床では、川の上流だけでなく多くが河口で産卵する。産卵に必要な川底の小石を、急流が豊富に運んでくるため、河口まで産卵に適した環境が整っているのだ。産卵後、力尽きたカラフトマスは海まで流され、さまざまな生きものを育む。大いなる命の循環を見つめる。

詳細

「八甲田山 錦秋(きんしゅう)」

108ポイント 購入する

「八甲田山 錦秋(きんしゅう)」

108ポイント 3日間 13:59

奥羽山脈の北の端、八甲田山。日本有数の豪雪地帯として知られる山々だ。秋、冷涼で多湿な気候は、山全体を紅葉に染めあげ、赤や黄色に深緑が混ざったまさに錦秋を織り成す。極めつきは中腹の高層湿原に現れる絶景。黄金色の草紅葉のじゅうたんの上に、アオモリトドマツなどの針葉樹とカエデなどの広葉樹が絶妙なバランスで入り混ざる、まさに天然の箱庭だ。厳しい環境に育まれた生き物が織りなす、錦秋の八甲田山の魅力を伝える。

詳細

「富士山 三島溶岩流」

108ポイント 購入する

「富士山 三島溶岩流」

108ポイント 3日間 13:59

裾野が美しい富士山。最大規模の裾野は「三島溶岩流」。山頂から流れ出した溶岩は御殿場市に下り、折り返して駿河湾まで及ぶ。最も豊かな生態系があるのが「三島湧水群」。富士山の降雪が水はけの良い溶岩流を通り抜け大量の湧き水となる。三島市の街なかに湧き出る源兵衛川は貴重な生き物たちの宝庫。小さな白い花を咲かせる固有の水草ミシマバイカモが茂り、初夏にはゲンジボタルが舞い、秋には冬支度を始めた渡り鳥が飛び交う。

詳細

キャスト

これもチェック

 さわやか自然百景を見た人は、こんな作品も見てます!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001