ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り

コズミックフロント☆NEXT

毎回、宇宙にまつわる謎を1つずつ解き明かしていく。「深く」そして「楽しく」宇宙の深えんを知ることができる番組。

最新の番組が全て見放題

過去の名作が全て見放題

2011年08月05日 配信開始

各話一覧

並び順

素粒子が解き明かす宇宙の始まり

216ポイント 購入する

素粒子が解き明かす宇宙の始まり

216ポイント 3日間 58:59

宇宙はどうやって始まったのか?その究極の謎を「万物の根元・素粒子」が解き明かす!湯川秀樹をはじめノーベル賞を受賞した日本の天才が活躍した素粒子探しの意外な物語!2012年7月に発見された「神の素粒子」と呼ばれるヒッグス粒子の正体は?山手線一周もある人類史上最大の実験装置。星空に残された宇宙のDNAとは?宇宙の始まりに起きたビッグバンをCGで完全再現!137億年前の宇宙誕生の秘密に迫る!

詳細 お試し無料 ▶

古代ギリシャ 驚異の天文コンピューター

216ポイント 購入する

古代ギリシャ 驚異の天文コンピューター

216ポイント 3日間 58:59

20世紀初頭、ギリシャの小島・アンティキテラ島の沖から、古代の難破船の財宝が引き揚げられた。その中にあった腐食した青銅の塊は、謎めいた目盛りや精巧な歯車があることから、“アンティキテラの機械”と呼ばれるようになった。その後、各国の研究者によって仕組みの解明が進み、日食や月食を予測することもできる、2000年以上前の“天体コンピューター”だと分かってきた。驚きにみちた古代ギリシャ天文学に迫る。

詳細 お試し無料 ▶

幻の大彗(すい)星 アイソン崩壊の謎

216ポイント 購入する

幻の大彗(すい)星 アイソン崩壊の謎

216ポイント 3日間 58:40

世紀の大すい星になると期待されたアイソンすい星。だが世界中の人々が見守る中、すい星は太陽最接近で崩壊した。なぜ崩壊したのか? 各国の巨大望遠鏡やハッブル宇宙望遠鏡を動員した史上最大の観測作戦の結果、従来のすい星とは違うアイソンの実像が判明。そこから46億年前の太陽系誕生の知られざるドラマが見えてきた。JAXA若田光一飛行士が国際宇宙ステーションから撮影した珠玉の映像の数々とともに壮大な宇宙を体感!

詳細 お試し無料 ▶

ヒミコとオロチ 巨大モンスター銀河の謎

216ポイント 購入する

ヒミコとオロチ 巨大モンスター銀河の謎

216ポイント 3日間 58:59

宇宙のモンスターと呼ばれる「ヒミコ」と「オロチ」。日本の天文学者が発見した2つの超巨大銀河が世界から注目されている。130億光年かなたの最古の怪物ヒミコ。銀河系の50倍にもなるオロチ。巨大モンスターを生み出した銀河の大衝突を迫力のCGで体感! 銀河の進化史を塗り替えるという怪物の正体に迫る。宇宙の初期に存在したモンスター銀河時代とは? 70億年後にアンドロメダ銀河と大衝突する銀河系の運命はいかに?

詳細 お試し無料 ▶

バーチャル宇宙ツアー 大冒険!天の川銀河

216ポイント 購入する

バーチャル宇宙ツアー 大冒険!天の川銀河

216ポイント 3日間 58:59

太陽系が存在する天の川銀河。地球を宇宙船に、銀河を縦横無尽に巡り、最新観測が明らかにした全貌に迫る!芸術的な美しさの星雲、巨大な腕で繰り返される星の生成と消滅、銀河の中心のバルジにあふれる100億歳を超える年老いた星。そして銀河の奥に潜む巨大ブラックホールの意外な姿。さらにダークマターに包まれた銀河の本当の大きさは、150万光年に及ぶことがわかってきた。ダイナミックなCGで天の川銀河を大冒険する!

詳細 お試し無料 ▶

スパイラル・ミステリー~5つの渦がひもとく宇宙の謎~

216ポイント 購入する

スパイラル・ミステリー~5つの渦がひもとく宇宙の謎~

216ポイント 3日間 59:00

この宇宙を駆動する力とは何か。それは無限に連なる不思議な曲線「渦」という形に秘められている。夜空に瞬く渦巻き銀河。巨大な大気の渦・台風。カタツムリの殻に現れる生物の渦。飛行機の後ろにできる気流の渦。ブラックホール周辺から噴き出すジェットの渦。宇宙の森羅万象に存在する5つの渦に注目。渦に秘められた謎をCGや実験でひもときながら、実はこの世界が渦によって駆動していることを解き明かしていく。

詳細

超新星1987A~星の最期を目撃せよ~

216ポイント 購入する

超新星1987A~星の最期を目撃せよ~

216ポイント 3日間 58:59

たったひとつの星が銀河にも匹敵する光を放つ超新星爆発。1987年2月、383年ぶりの明るい超新星が南の空に出現した。近代天文学が初めて遭遇した超新星1987Aは、宇宙望遠鏡や地下1千mの素粒子実験装置、標高5千mの電波望遠鏡など、あらゆる手段で観測され、その謎が解き明かされていく。ニュートリノの発見、首飾りのような三重のリングなど、今も変化を続ける壮大な星の最期「超新星1987A」の全貌に迫る!

詳細 お試し無料 ▶

宇宙でイチバン!宇宙一明るく輝く星

216ポイント 購入する

宇宙でイチバン!宇宙一明るく輝く星

216ポイント 3日間 58:59

広大な宇宙の中で“一番”と呼べる天体や現象を探すシリーズ、「宇宙で一番」。1回目のテーマは「明るさ」。宇宙で最も明るい光を放っている天体を、最新の理論や観測装置を駆使して追い求める。認定するのは、ニュートンやアインシュタインなど名だたる科学者たちで構成された、その名も「宇宙一認定評議会」。果たして偉人たちも認める“宇宙一明るい天体”とは何か? 科学者たちの飽くなき挑戦を通して、宇宙一の天体に迫る。

詳細 お試し無料 ▶

西暦775年のミステリー 宇宙 謎の大事件

216ポイント 購入する

西暦775年のミステリー 宇宙 謎の大事件

216ポイント 3日間 58:59

世界の科学者が西暦774~775年にかけての1年に注目している。当時、宇宙からかつてないほど大量の放射線が地球に降り注いだことが、屋久杉の年輪分析から判明したのだ。ヨーロッパの古文書には「天に赤い十字架が現れた」など謎の現象が記されている。今もし同様の事件が起これば、がんの増加や大規模停電など深刻な被害も考えられるという。宇宙のミステリーの真相に迫る! 2013年6月に放送した番組のアンコール。

詳細

宇宙でイチバン!驚異の天体 最も熱く速い星

216ポイント 購入する

宇宙でイチバン!驚異の天体 最も熱く速い星

216ポイント 3日間 59:00

無限と思える宇宙の中で「一番」と言える星は? この究極の問いにコズミックフロントが挑むシリーズ「宇宙でイチバン!」第二回。テーマは「最も熱い星」。星の最期、超新星爆発で生まれる星の温度はなんと100万度。しかもその星にはもっと「熱い時」があることが分かってきた。その温度とは…ほかにも超強力な「磁力星」や「超高速度星」が登場。私たちの想像をはるかに超える世界を探求し、宇宙に秘められた神秘と謎に迫る。

詳細

エレメントミステリー~元素が支配する宇宙と生命~

216ポイント 購入する

エレメントミステリー~元素が支配する宇宙と生命~

216ポイント 3日間 58:59

私たちの体から星々まで万物を形づくる「元素」。それを地球にもたらしたのは、超新星やブラックホール、さらには中性子星という、宇宙のかなたの天体だった。太古の地球を酸素で満たし生存を可能にしたのも、地球に存在できる生命の総量を決めたのも、わずか1種類の微量元素だという。その正体とは?最新の生命科学と天文学が解き明かす元素の謎。私たちはどこから来たのか?なぜこうして存在するのか?究極のミステリーに挑む!

詳細 お試し無料 ▶

アインシュタイン最後の宿題 重力波を探せ

216ポイント 購入する

アインシュタイン最後の宿題 重力波を探せ

216ポイント 3日間 59:00

日本でも重力波を探そうという動きがある。岐阜県飛騨市神岡の山中で建設中の重力波望遠鏡「かぐら」だ。同様の重力波望遠鏡は欧米でも建設されており、より高い精度の技術を競いあっている。重力波はブラックホール誕生や超弦理論の手がかりになるなど、これまで人類が知りようのなかった宇宙の姿を知る重要な鍵になると期待されている。科学者たちの百年にわたる挑戦と挫折を通じて、重力波天文学の最前線に迫る。

詳細

究極の宇宙地図に挑む

216ポイント 購入する

究極の宇宙地図に挑む

216ポイント 3日間 58:59

「宇宙はどんな姿をしているのか?」。最新の宇宙論や観測技術の急速な進歩により、人類はこの問いに解答を出しつつある。今回、世界中で進められている4つの宇宙地図作りを紹介。「100万の銀河の3次元分布地図」や「宇宙の形そのものを描く地図」、さらに「ダークマター」や「ダークエネルギー」など、目に見えない謎の存在をあぶり出す地図。究極の地図を通して見えてきた宇宙像とは?天文学最大の難問に科学者たちが挑む。

詳細 お試し無料 ▶

若田飛行士が見た“宇宙絶景”

216ポイント 購入する

若田飛行士が見た“宇宙絶景”

216ポイント 3日間 59:00

JAXA若田宇宙飛行士が、世界初の『宇宙から超高感度4Kカメラによる映像』を撮影した。従来より高感度なため8倍も明るく撮れ、より高解像度なため拡大しても鮮明なハイビジョン映像が楽しめる。この『宇宙絶景』映像をもとに地球一周の旅を体感。光あふれるアジアの夜景、揺らめくオーロラ、太古の宇宙的大事件の痕跡に遭遇…。五大陸それぞれの見どころが満載。更に日本の夜景、新発見の流星などを撮影秘話とともに紹介。

詳細 お試し無料 ▶

若田飛行士が過ごした宇宙188日

216ポイント 購入する

若田飛行士が過ごした宇宙188日

216ポイント 3日間 58:59

JAXA宇宙飛行士・若田光一さんが188日間の長期宇宙滞在を行い、日本人初の国際宇宙ステーション(ISS)の船長も務めた。しかし滞在中は、さまざまなハプニングに見舞われた。各国のクルーが、安全に、気持ちよく、ISSで過ごすためには、若田さんの「和の心」が重要なカギを握っていたことがわかってきた。ISSで記録された映像、クルーや地上管制官の証言などをもとに、若田さんの宇宙での188日間を描く。

詳細 お試し無料 ▶

重力の神秘 宇宙を支配する力

216ポイント 購入する

重力の神秘 宇宙を支配する力

216ポイント 3日間 58:59

「重力」=物が下に落ちる力。私たちにとって身近な力であるが、実はこの宇宙を形作る大きな力でもある。生命が地上で日々の営みを送ることができるのも、つねに夜空で星や月が輝き続けているのも、全ては引きつける力「重力」が存在するからだ。銀河の成長、太陽系の形成、そして重力のモンスター「ブラックホール」。重力が生み出す驚異と神秘の数々に迫る。

詳細 お試し無料 ▶

出現!新型宇宙船オリオン~アメリカ火星有人探査の最前線~

216ポイント 購入する

出現!新型宇宙船オリオン~アメリカ火星有人探査の最前線~

216ポイント 3日間 58:59

2014年12月、NASAの新型有人宇宙船・オリオンが試験飛行に臨む。オリオンが最終的にめざすのは火星、アメリカ国民の期待が高まっている。実は、月と火星、到達するのは雲泥の差がある。アポロの月探査は2週間だったが、火星有人探査はなんと2年半。しかも着陸方法や宇宙放射線、さらにばく大な予算など抱える課題は山積。アメリカが温めてきた火星有人探査の夢を実現することができるのか? 探査計画の最前線を探る。

詳細 お試し無料 ▶

ついに見た!?宇宙の始まり インフレーション

216ポイント 購入する

ついに見た!?宇宙の始まり インフレーション

216ポイント 3日間 59:00

138億年前、宇宙誕生直後のビッグバンのさらに前に起こったとされるのが「インフレーション」だ。1秒にも満たない一瞬に、宇宙は光の速さを超えて急膨張したという。佐藤勝彦博士らによって提唱された30年前、実証は困難とされていたが、いま世界中で「インフレーション」の証拠探しが行われている。一方でこの仮説は、宇宙は一つではなく無数に生まれるという、驚くべき宇宙像を予言する。宇宙誕生の謎に迫る最前線に密着。

詳細

史上初!探査機ロゼッタ 彗(すい)星着陸

216ポイント 購入する

史上初!探査機ロゼッタ 彗(すい)星着陸

216ポイント 3日間 58:59

10年の準備期間をかけた史上初のミッションが成功した。ヨーロッパ宇宙機関(ESA)の探査機「ロゼッタ」が、5億kmかなたのチュリュモフ・ゲラシメンコ彗(すい)星の表面に着陸機「フィラエ」を着陸させ、その表面を撮影し調査した。彗星は46億年前の太陽系形成時に惑星になりそこなった「小さな氷やちりの塊」。その実像はいまだ多くの謎に包まれ、太陽系最後のフロンティアとも言われる。ロゼッタ着陸の現場に密着。

詳細 お試し無料 ▶

知られざる隣人 水星のミステリー

216ポイント 購入する

知られざる隣人 水星のミステリー

216ポイント 3日間 59:00

太陽の最も近くにある小さな惑星、水星。観測が難しく、長らく「謎の惑星」だった。特に「どうやって誕生したのか」と「なぜ磁場が存在するのか」の二つは科学者たちを悩ます“究極のミステリー”とされてきた。この難問に答えるため、水星に送り込まれたのが探査機メッセンジャー。2011年には水星と同じ軌道に入り観測を開始し、次々と水星の謎を解き明かしている。太陽系の隣人とも言える水星。その隠された素顔に迫る。

詳細 お試し無料 ▶

復活!幻の巨大流星群

216ポイント 購入する

復活!幻の巨大流星群

216ポイント 3日間 58:21

1956年、インド洋上を航行中の南極観測船「宗谷」に、大量の流れ星が降り注いだ。「ほうおう座流星群」と名付けられたこの流星雨はその後姿を消し、「まぼろしの流星群」と呼ばれるように。巨大流星群の謎に、二人の日本人研究者が挑み、2014年12月1日、58年ぶりに大出現することをつきとめた。宇宙の神秘に魅せられた人々の姿を追う。 放送以外の配信の許諾が得られなかったため、一部映像を編集してお伝えします。

詳細 お試し無料 ▶

気象観測に革命!超高性能衛星 ひまわり8号

216ポイント 購入する

気象観測に革命!超高性能衛星 ひまわり8号

216ポイント 3日間 58:59

2014年10月7日、種子島宇宙センターから「ひまわり8号」が打ち上げられた。8号は世界に先駆けて超高性能の観測センサーを搭載し「高解像度」「カラー」「高頻度」の撮影が可能になる。しかし製造過程では精度の高さゆえの難題があった。例えば、衛星の姿勢がわずかでも乱れると画像がブレるのだ。技術者たちはさまざまな改良を加え、打ち上げにこぎ着けた。2015年夏の運用開始が待ち望まれるひまわり8号に密着する。

詳細 お試し無料 ▶

なんだこりゃ!奇妙な星の一生

216ポイント 購入する

なんだこりゃ!奇妙な星の一生

216ポイント 3日間 59:05

思わず「なんだこりゃ!」と叫びたくなるような奇妙な星の数々。「リングを2つ持つ星」「長い尾を引く星」「6つの星が複雑に公転していた6連星」「ロープでつながれたような姿の連星」「一度死んだのに生きかえった星」など。星がその一生の中で見せる5つの奇妙な姿を、なぜそんな星になったのかのメカニズムに迫りながら、最新のCGで描く。 放送以外の配信の許諾が得られなかったため、一部映像を編集してお伝えします。

詳細 お試し無料 ▶

はやぶさ2 知恵と夢の結晶

216ポイント 購入する

はやぶさ2 知恵と夢の結晶

216ポイント 3日間 59:05

小惑星探査機「はやぶさ2」が、目的地の「1999JU3」と呼ばれる小惑星から砂粒を持ち帰るサンプルリターンに挑戦する。太陽系誕生の謎を解明することが目的だ。はやぶさ2は、砂粒を多く採取できるように改良され、人工的なクレーターを作る装置も搭載している。多くの人たちの知恵や工夫、夢まで載せた「はやぶさ2」の旅を紹介する。 放送以外の配信の許諾が得られなかったため、一部映像を編集してお伝えします。

詳細 お試し無料 ▶

宇宙からの目で遺跡を探る

216ポイント 購入する

宇宙からの目で遺跡を探る

216ポイント 3日間 58:59

高性能カメラで地上を撮影し、地図作りや森林の分布調査等で力を発揮する人工衛星。まさに“宇宙からの目”とも言える人工衛星を考古学に利用する「宇宙考古学」が、いま脚光を浴びている。2011年、アラバマ大学のサラ・パーキャック教授は、この手法によりエジプトで未発掘のピラミッド発見に成功した。また、日本の研究者もかねてから宇宙考古学に注目し、実績を残している。宇宙技術が切り開く、考古学調査の最前線に迫る。

詳細 お試し無料 ▶

驚異の大宇宙スペシャル~とっておきの名場面編~

216ポイント 購入する

驚異の大宇宙スペシャル~とっておきの名場面編~

216ポイント 3日間 57:45

金環日食やアイソン彗星の「天体ショー」、「はやぶさ、キュリオシティの大冒険」、さらに「地球外生命」や「人類の宇宙への挑戦」など、視聴者からの反響の大きかった名場面を「10大テーマ」として紹介する。

詳細

「ミステリー 太陽最後の日」

216ポイント 購入する

「ミステリー 太陽最後の日」

216ポイント 3日間 59:00

テーマは「太陽の最後」。天文学者たちは、太陽はいずれ死を迎えると予測。その直前には、まるで宝石のような姿に変化するという。私たちの太陽はいつ、どのような最後を迎えるのか? そして、地球はどうなるのか? 太陽の死を最新の科学で徹底的に分析。究極のミステリーに迫る。

詳細 お試し無料 ▶

「月のミステリー 奇妙な発光現象の正体は?」

216ポイント 購入する

「月のミステリー 奇妙な発光現象の正体は?」

216ポイント 3日間 59:00

毎回、宇宙に関する1つのミステリーを解き明かしていく。テーマは「月面で起こる謎の発光現象」。過去3000件もの目撃記録が残され、18世紀中には皆既月食の最中にも観測されたこともある。この不思議な現象に世界中の研究者たちが迫っている。するとこれまで考えられている月とは全く違う真の姿が見えてきた。▽ミニコーナーでは、グリニッジ天文台の以外な風習やJAXA名誉教授、的川泰宣さんが愛する宇宙絶景を紹介。

詳細 お試し無料 ▶

「クレオパトラが残した 古代エジプト天文学」

216ポイント 購入する

「クレオパトラが残した 古代エジプト天文学」

216ポイント 3日間 59:05

クレオパトラの天体図という石版は、北と南の星に特別な意味づけをした古代エジプト人の世界観を今に伝えている。古代エジプト文明が天文学を発展させたミステリーに迫る。 放送以外の配信の許諾が得られなかったため、一部映像を編集してお伝えします。

詳細 お試し無料 ▶

「ミステリー 地球に最も似た惑星」

216ポイント 購入する

「ミステリー 地球に最も似た惑星」

216ポイント 3日間 59:00

今回のミステリーは「もう一つの地球」。宇宙観測技術の飛躍的な向上により、これまで困難とされた太陽系の外にある惑星の姿をとらえることが可能になった。その中には地球とあまり大きさが変わらず、同じように岩石でできている惑星があるという。そこは第二の地球となりうるのか? 世界が注目する系外惑星探査の最前線に迫る。

詳細

「100年前の大予言 ロケットから宇宙移住まで考えた超人」

216ポイント 購入する

「100年前の大予言 ロケットから宇宙移住まで考えた超人」

216ポイント 3日間 58:59

現在の宇宙開発の多くを100年前に構想していたロシアの科学者でありSF作家のコンスタンチン・ツィオルコフスキー。彼は1903年に精密な宇宙ロケットの設計図を作成していた。さらに自ら監修した映画などの物語に、地球を出る必要性をメッセージとして残していた。そして人類が宇宙に移住し、そこで独自の進化を遂げることも考えていた。ツィオルコフスキーは宇宙に対してどんな壮大な夢を描いていたのか? その謎に迫る。

詳細 お試し無料 ▶

「太陽系ミステリー~“幻の惑星”が語る創世記~」

216ポイント 購入する

「太陽系ミステリー~“幻の惑星”が語る創世記~」

216ポイント 3日間 59:00

クイズ。【Q1】太陽系で8番目の惑星は?(ヒント:海王星ではない)【Q2】人気漫画「進撃の巨人」の舞台に似ている、とファンの間で評判の南ドイツの街ネルトリンゲンは、意外な「ある物」の中に作らた。そのある物とは?(城壁ではない)【Q3】地球に海の水の多くをもたらしたとされる天体は?(彗(すい)星ではない) 答えは番組で。不思議と驚きに満ちた、太陽系ミステリーへ!

詳細 お試し無料 ▶

「生命の天体?土星のミステリー」

216ポイント 購入する

「生命の天体?土星のミステリー」

216ポイント 3日間 59:00

太陽系の中にも存在するという地球外生命体の可能性について。生命が育まれる3つの条件。それは体を作る材料となる有機物の存在、水のような液体、太陽光のようなエネルギー源だ。NASAの土星探査機カッシーニによる最新の調査で、土星の衛星エンケラドスにその条件がそろっていることが明らかになってきた。太陽から遠く離れたエンケラドスになぜ生命の可能性があるのか。最新の研究からその理由に迫る。

詳細 お試し無料 ▶

「宇宙絶景に秘められたミステリー ハッブル宇宙望遠鏡25周年」

216ポイント 購入する

「宇宙絶景に秘められたミステリー ハッブル宇宙望遠鏡25周年」

216ポイント 3日間 59:00

ハッブル宇宙望遠鏡を代表する25枚の絶景画像。まるで名画のような画像は単に美しいだけではない。ハッブルが挑んできた「宇宙の究極の謎」を読み解く手がかりが秘められている。「星はどのように生まれ、そして最期を迎えるのか」。「宇宙はどのように進化して、今の姿になったのか」。そして、「宇宙はこのあと、どんな運命をたどるのか」。25枚の宇宙絶景をひも解き、そこから読み解かれる宇宙のミステリーにご招待する。

詳細 お試し無料 ▶

「世界初の有人宇宙飛行 ガガーリン 偉業の真実」

216ポイント 購入する

「世界初の有人宇宙飛行 ガガーリン 偉業の真実」

216ポイント 3日間 59:00

1961年のガガーリンによる人類初の有人宇宙飛行では、出発直前に遺書を書いていたことや地球に帰還した詳しい様子など、多くの真実が隠された。背景には当時のソ連とアメリカの、宇宙開発をめぐるしれつな争いがあった。一番をめざして急ピッチで開発された宇宙船・ボストーク1号はまだ未完成なもので、真実が公になれば世界初の宇宙飛行として認められない可能性もあったのだ。ガガーリンの偉業に隠されていた真実に迫る。

詳細 お試し無料 ▶

「宇宙の果てのミステリー」

216ポイント 購入する

「宇宙の果てのミステリー」

216ポイント 3日間 59:00

人類は今や、130億光年以上かなたの宇宙を観測できるまでになった。しかし、その先はどうなっているのか? 宇宙に果てはあるのかないのか? 誰もが知りたい究極の謎だ。「宇宙は無限に続いている」のか、「宇宙の果ては無の世界」なのか。それとも「別の宇宙がある」のか。宇宙の果てのミステリーに迫る。「私の宇宙絶景」には占星術研究家の鏡リュウジさんが登場。

詳細

「観測史上最古!超巨大ブラックホール 誕生の謎」

216ポイント 購入する

「観測史上最古!超巨大ブラックホール 誕生の謎」

216ポイント 3日間 58:59

まわりのものを飲み込みながら成長するブラックホール。2011年、しし座方向に観測史上最古のブラックホールが発見された。しかも一般的なブラックホールの1億倍以上と桁外れの大きさだが、ここまで成長した過程は謎に包まれている。今、世界中の科学者たちが最新の観測とシミュレーションから超巨大ブラックホール誕生のミステリーに迫ろうとしている。一体、どのようにして超巨大ブラックホールは生まれたのか?

詳細 お試し無料 ▶

「キトラ 最古の天文図のミステリー」

216ポイント 購入する

「キトラ 最古の天文図のミステリー」

216ポイント 3日間 59:00

現存する中で、世界で最古の科学的な要素を含む天文図といわれるキトラ天文図。直径60cmの中に350もの星々が金ぱくで表現されていて、68の星座が描かれている。さらに内規、外規、天の赤道、黄道まで描かれた、まさに本格的な天文図だ。一体、いつ、どこで、どのように観測され、作られたのか?なぜ日本に眠っていたのか?これまでの考古学的な調査に加え、天文学の専門家をむかえ入れ、キトラ天文図のミステリーに迫る。

詳細 お試し無料 ▶

「コズミック×COSMOS 宇宙の旅 第1集 銀河系に立つ」

216ポイント 購入する

「コズミック×COSMOS 宇宙の旅 第1集 銀河系に立つ」

216ポイント 3日間 58:59

宇宙を圧倒的なスケールで描いた伝説の宇宙番組の続編「新コスモス」とコラボ。最新の映像技術と高精細なCGで宇宙の不思議を解き明かす。今回は宇宙と生命をテーマに、最新科学がとらえた宇宙の全貌を体感する。時空を自在に移動する宇宙船で宇宙の果てまで冒険。さらに138億年を1年に見立てたカレンダーを使って、広大な宇宙の歴史を実感する。

詳細 お試し無料 ▶

「コズミック×COSMOS 宇宙の旅 第2集 空にあふれる幻想の世界」

216ポイント 購入する

「コズミック×COSMOS 宇宙の旅 第2集 空にあふれる幻想の世界」

216ポイント 3日間 58:59

宇宙を圧倒的なスケールで描いた伝説の宇宙番組の続編「新コスモス」とコラボ。最新の映像技術と高精細なCGで宇宙の不思議を解き明かす。第2集は星の光の不思議と重力がテーマ。宇宙空間で流れている時間の奇妙な性質や究極の重力とも言われる「ブラックホール」について考える。ブラックホールの中は一体どうなっているのか?

詳細 お試し無料 ▶

「宇宙の旅人・彗(すい)星~探査機ロゼッタ 太陽系の謎に迫る~」

216ポイント 購入する

「宇宙の旅人・彗(すい)星~探査機ロゼッタ 太陽系の謎に迫る~」

216ポイント 3日間 58:59

宇宙探査の歴史を塗り替える壮大なミッションに密着。ヨーロッパ宇宙機関の探査機ロゼッタは10年にも及ぶ旅の末、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗(すい)星に到達、史上初の彗星着陸を成功させた。太陽に近づき、激しくガスを吹き出す彗星。その姿を捉えた高精細の画像や観測データからは、太陽系の成り立ちや生命の起源に迫る大発見が次々にもたらされている。最新の観測結果をもとに宇宙の旅人・彗星の正体に迫る。

詳細 お試し無料 ▶

「今も進化中?銀河系の奇妙な姿」

216ポイント 購入する

「今も進化中?銀河系の奇妙な姿」

216ポイント 3日間 59:00

銀河系と言えば、円盤状に渦を巻いた形を思い浮かべる人も多い。しかし、この形は観測から描き出した想像図でしかない。なぜなら銀河系の大きさは、およそ10万光年にもなり、誰も銀河系を外から見ることはできないからだ。現在もその全貌をより正確にとらえようと世界中の研究者が観測を続けているが、銀河系の意外な姿が明らかになってきた。さらにその姿は、銀河系の過去と未来を示していることも分かってきた。

詳細 お試し無料 ▶

「最新衛星があばく 地球のミステリー」

216ポイント 購入する

「最新衛星があばく 地球のミステリー」

216ポイント 3日間 58:59

日本の最新衛星がミステリアスな地球の姿をとらえている。気象衛星「ひまわり8号」は、雲が発生する様子や台風の目で生じる現象、地球規模で連鎖する気象現象を見せてくれている。また陸域観測技術衛星「だいち2号」は、マイクロ波を使って、ありのままの地表を映し出している。さらにマイクロ波の画像を解析すると、地下の様子まで見えてくる。日本が誇る最新衛星が続々ととらえている地球の不思議な光景や現象に迫る。

詳細 お試し無料 ▶

「地球誕生のミステリー」

216ポイント 購入する

「地球誕生のミステリー」

216ポイント 3日間 59:00

地球は一体いつ誕生したのか? 実は正確なところはよく分かっていない。火山活動やプレートの移動によって地球が生まれた時の証拠となる物質が残っていないからだ。そこで、月や他の天体などから地球の誕生日を解明しようと試みられている。そして2015年、地球の誕生時期に関する大胆な説が発表された。さらに最新の天体衝突シミュレーションから地球が誕生した時、一体何がおきたのかを解き明かしていく。

詳細 お試し無料 ▶

「反物質 宇宙のロストワールド」

216ポイント 購入する

「反物質 宇宙のロストワールド」

216ポイント 3日間 59:00

私たちはなぜ存在するのか?この究極の謎をひもとくカギが「反物質」だ。人体や地球、星などは「物質」でできているが、理論上は物質を鏡に映したような「反物質」も同じだけ存在するという。しかし、科学者たちの懸命な捜索にも関わらず、いまだに見つからない。反物質とは一体なにか?宇宙のどこにあるのか?2015年のノーベル物理学賞の受賞理由となった「ニュートリノ振動」を用いた地下実験にも密着。究極の謎に迫る。

詳細 お試し無料 ▶

「大宇宙の航海術 狙った天体になぜ行ける?」

216ポイント 購入する

「大宇宙の航海術 狙った天体になぜ行ける?」

216ポイント 3日間 58:59

何もない宇宙空間を探査機などはどのように航海しているのか?初代「はやぶさ」でサンプルリターンを成功させた日本は、スイングバイや緻密な軌道計算、さらに太陽の光で進む方法など世界トップレベルの航海術を磨き上げてきた。2015年12月には「はやぶさ2」がいよいよ小惑星への航海に出発。そして金星の軌道投入に一旦は失敗した「あかつき」が再投入に挑む。それらを可能にする航海術とは?さらに未来の航海術にも迫る。

詳細 お試し無料 ▶

「ダークマター 謎の物質の正体は?」

216ポイント 購入する

「ダークマター 謎の物質の正体は?」

216ポイント 3日間 59:00

今回のテーマは、「ダークマター」。目には見えないが、強い力で遠くの銀河の姿をゆがめる「重力レンズ現象」からその存在が間接的に確認されている。最新の観測により、光に反応しないことに加え、質量が大きく、大量に宇宙に存在することがわかっているが、その正体はいまだ謎のままだ。宇宙最大のミステリー、ダークマターの姿をとらえようとする科学者たちの研究の最前線に迫る。

詳細 お試し無料 ▶

「ミステリー 宇宙人との遭遇」

216ポイント 購入する

「ミステリー 宇宙人との遭遇」

216ポイント 3日間 59:00

地球以外にも知的生命はいるはずだと、多くの研究者たちは考えている。では、私たちは宇宙人と出会うことはできるのか? その疑問を科学的なアプローチで解き明かしていく。まずは、1947年にUFOが目撃されたとするロズウェル事件を検証。当時の関係者たちに取材した。さらには生物学と天文学の分野から描く宇宙人の姿。異星人同士が遭遇するのに必要な恒星間移動についての可能性を検証する。

詳細 お試し無料 ▶

「金もダイヤもザックザク!大宇宙の宝探し」

216ポイント 購入する

「金もダイヤもザックザク!大宇宙の宝探し」

216ポイント 3日間 58:59

金やダイヤモンドはいにしえより、その希少さゆえに“宝”として人々を魅了している。そんな宝が宇宙には想像を超えるほど大量に存在することが明らかになってきた。「宇宙で金はどのように生まれるのか?」「いん石にダイヤモンドが含まれるのはなぜ?」といった謎の解明に挑んだ科学者たちは新事実を次々と発見。そしてNASAも小惑星で貴重な資源を採掘する計画を進めている。現実味を帯びる宇宙の宝探しの最前線を紹介。

詳細 お試し無料 ▶

「冥王星大接近~最新探査が挑む太陽系最果て~」

216ポイント 購入する

「冥王星大接近~最新探査が挑む太陽系最果て~」

216ポイント 3日間 59:00

2015年、NASAの探査機ニューホライズンズは10年にも及ぶ旅路の末、太陽系最果ての冥王星に初めて到達。富士山より高い山、氷河のように移動する氷、白いハートマークなど、これまで誰も目にしたことが無い姿を高解像度で撮影することに成功。探査を成功に導いた科学者たちの情熱と「秘密結社」の存在。月よりも小さい冥王星に窒素の大気が存在する謎とは。個性豊かな衛星カロン。最新探査が明らかにした驚きの姿に迫る。

詳細

「思わず感動!最強の宇宙動画決定戦」

216ポイント 購入する

「思わず感動!最強の宇宙動画決定戦」

216ポイント 3日間 58:59

東京お台場の日本科学未来館でコズミックフロント☆NEXTの公開収録を実施。最高に感動的な宇宙動画を決めた。公開収録に先立ち、これまで宇宙の名場面を映像に記録した宇宙動画の中から25候補を選出。これらの候補をインターネットを使った投票で5つに絞り込み、公開収録ではそれぞれについて、秘められた感動ストーリーをたっぷり紹介。事前投票の結果と観客の投票によって最高に感動的な「宇宙動画」を決定する。

詳細 お試し無料 ▶

「太陽の脅威 巨大フレア」

216ポイント 購入する

「太陽の脅威 巨大フレア」

216ポイント 3日間 59:00

いま地球に対する大きな脅威として注目されているのが太陽の超巨大爆発「スーパーフレア」だ。2012年、この「スーパーフレア」が太陽で発生するかもしれないと発表された。もしスーパーフレアが発生すれば、通信網や電力供給が長期間ストップ。さらには、気温が20度も上昇する地域が出るという。その後、日米の研究者の間で、スーパーフレアが起こる可能性について、熱い議論が続いている。

詳細 お試し無料 ▶

「地球への脅威 天体衝突」

216ポイント 購入する

「地球への脅威 天体衝突」

216ポイント 3日間 59:00

2013年、ロシア・チェリャビンスク州に落下した隕石は、世界中の人々に驚きを与えた。実は、こうした岩などの天体が地球の近くを度々通過しており、地球との衝突も実際に起こりうるのだ。天体衝突危機に備えて今、世界中の天文機関が協力。地球の軌道近くを周回する小惑星の監視を24時間体制で行っている。だが実際に衝突の恐れが予測された時、回避する方法は?私たちの運命は?地球に襲いかかる小惑星の実態と脅威に迫る。

詳細 お試し無料 ▶

「発見!?宇宙最初の星 ファーストスター」

216ポイント 購入する

「発見!?宇宙最初の星 ファーストスター」

216ポイント 3日間 59:00

138億年前、宇宙誕生から間もなく誕生した最初の星「ファーストスター」。私たちの地球、そして生命、すべてはファーストスターから始まった。世界中の科学者たちがこの星の姿に迫ろうとしていたが、2015年、ついにファーストスターが発見された。しかし、その発見によってさらなる謎も生まれてきた。それは、いったいどのような星なのか? 新たに生まれた謎とは何か? ファーストスターを巡る研究の最前線を紹介する。

詳細 お試し無料 ▶

「天文学を180度変えた男 コペルニクス」

216ポイント 購入する

「天文学を180度変えた男 コペルニクス」

216ポイント 3日間 59:00

現代の天文学は16世紀にコペルニクスが「地動説」を唱えたことが出発点とされる。では、なぜ千年以上も「天動説」の理論が疑われなかったのか? なぜ彼は「コペルニクス的転回」と言われる発想の大転換を起こすことができたのか? さらに「地動説」が世に広まることができたのは、彼も知り得なかった、たった一言の機転が効いたことばがあったからだという。科学史上、最大級の革命とされるコペルニクスの偉業の秘密に迫る。

詳細 お試し無料 ▶

「地球 超未来への旅」

216ポイント 購入する

「地球 超未来への旅」

216ポイント 3日間 58:59

地球の「超」未来の旅に案内する。数十億年後、太陽は巨大化し地球に迫ってくる。果たして地球は飲み込まれてしまうのか? 最新の観測から地球と太陽の運命の道筋が見えてきた。地球には他の超未来の可能性もある。それは、大宇宙を放浪するという説だ。さらに、その後はるか遠い未来に地球の究極の結末が訪れるという。それは、2015年のノーベル賞受賞につながった「スーパーカミオカンデ」で日夜実験が行われているという。

詳細 お試し無料 ▶

「謎の凶星“ネメシス”大量絶滅の真相に迫る」

216ポイント 購入する

「謎の凶星“ネメシス”大量絶滅の真相に迫る」

216ポイント 3日間 59:00

6500万年前の巨大隕石(いんせき)衝突。恐竜だけでなく当時の生物種の7割を絶滅させる大惨事を地球にもたらした。しかし、隕石による大量絶滅はこの一回だけではない。なんと2600万年に一度の周期で12回も起きていたという。なぜ繰り返し地球は隕石衝突に見舞われてきたのか。原因として1984年に発表されたのが太陽の兄弟星「ネメシス」説だ。一体、どんな星なのか?科学者の証言を通して大量絶滅の真相に迫る。

詳細 お試し無料 ▶

「ついに発見!?宇宙人の高度文明」

216ポイント 購入する

「ついに発見!?宇宙人の高度文明」

216ポイント 3日間 58:59

2015年、はくちょう座の一角にある星から宇宙人による高度文明の可能性が指摘された。きっかけは、太陽系の外にある惑星を探すケプラー宇宙望遠鏡のデータ。1つの恒星の光を20%もさえぎる巨大な物体の存在が示されたのだ。そこでアメリカの科学者は、「そこには高度地球外文明が存在し巨大建造物が建設されている」という説を発表したのだ。天文学界を揺るがすミステリーに挑む。

詳細 お試し無料 ▶

「宇宙の古代都市 球状星団のミステリー」

216ポイント 購入する

「宇宙の古代都市 球状星団のミステリー」

216ポイント 3日間 58:59

多くの星々が密集し、美しい天体として人気がある球状星団。中の星々は、生まれてから100億年以上たっており、古いものばかりだ。一体なぜ古い星々がこれほど密集しているのか? 今、球状星団の誕生と進化の謎に、世界中の研究者が挑戦している。見えてきたのは、球状星団が誕生した100億年以上前、宇宙初期のダイナミックな姿だ。球状星団のミステリーに迫る。

詳細 お試し無料 ▶

「沈黙の宇宙飛行士 ニール・アームストロング」

216ポイント 購入する

「沈黙の宇宙飛行士 ニール・アームストロング」

216ポイント 3日間 58:59

1969年、人類で初めて月面に降り立ったニール・アームストロング。彼は宇宙開発史に残る偉業を達成しながら、自らについて多くを語らず2012年にこの世を去った。そのため、なぜ宇宙飛行士を志したのか?なぜ最初の人間に選ばれたのか?など多くの謎に包まれていた。今回、新たな資料を発掘。さらに2人の息子が初めて日本のメディアの取材に応じてくれたため、伝説の宇宙飛行士の素顔に迫ることができた。

詳細 お試し無料 ▶

「太陽系の支配者 荒ぶる木星」

216ポイント 購入する

「太陽系の支配者 荒ぶる木星」

216ポイント 3日間 59:00

私たちの太陽系はどのようにしてできたのか? その答えをめぐって今、常識をくつがえす斬新なシナリオが、次々に生まれている。その主役として注目されているのが木星。地球の300倍もの質量を持つ、太陽系最大の惑星だ。最新研究によると、圧倒的な重力で太陽系の創世記に大混乱を引き起こした末に太陽系は誕生したのではないかとされている。過去に一体何があったのか? 木星と太陽系誕生のミステリーに迫る。

詳細 お試し無料 ▶

「隠された真実に迫る 人類初の宇宙ステーション」

216ポイント 購入する

「隠された真実に迫る 人類初の宇宙ステーション」

216ポイント 3日間 58:59

人類が地球圏外に進出する足がかりとなった「宇宙ステーション」。初めて実現したのは今からおよそ半世紀も前にソ連が開発したものだった。しかし、開発は国家機密とされ、詳細は謎に包まれていた。今回、当時の関係者を徹底取材。証言から浮かび上がったのは、成功報道の裏に隠されたたび重なる失敗や、宇宙ステーションの失踪事件だった。さらに恐るべき計画も企てられていたことも。人類初の宇宙ステーション開発の真相に迫る。

詳細 お試し無料 ▶

「ミステリー 宇宙で最も寒い場所」

216ポイント 購入する

「ミステリー 宇宙で最も寒い場所」

216ポイント 3日間 59:00

テーマは、宇宙で温度が低い場所。低温の場所は、単純に冷たく、暗いだけではない。星の誕生や死などダイナミックな現象をつかさどっていることがわかってきた。そして、究極の低温環境の場所も理論から特定できた。そこは、光でさえ動きが鈍くなり、物質も常温とは異なる、不思議なふるまいをするようになるという。宇宙の低温の場所を実写と高精細CGで表現。温度の神秘を描く。

詳細 お試し無料 ▶

「ダイエット中?ブラックホールの意外な素顔」

216ポイント 購入する

「ダイエット中?ブラックホールの意外な素顔」

216ポイント 3日間 58:59

ブラックホールというと何でも吸い込んでしまう怖いイメージがあるが、実はさまざまな個性を持つことが分かってきた。中でも私たちの地球がある、天の川銀河の中心にあるブラックホールは、これまで一度も物を吸い込むところを観測されていない。ところが2013年、このブラックホールに巨大なガスの固まりが近づくことが判明した。初めて物を吸い込むところを観測できると期待する天文学者たち。その結果は…?

詳細 お試し無料 ▶

「太陽に謎のリング その正体は?」

216ポイント 購入する

「太陽に謎のリング その正体は?」

216ポイント 3日間 58:59

太陽には土星のような形をしたリングがある!この驚きの事実は、50年前の皆既日食の時に見つかった。ところが1983年の皆既日食で観測されたのを最後に、リングは完全に消えてしまった。一体、なぜ、現れたり消えたりするのか?証拠を積み上げていくと、太陽のリングの正体が見えてきた。2016年3月、日本の研究者が、インドネシアで太陽のリングの謎に挑んだ。その結果から見えてきたものとは?

詳細 お試し無料 ▶

「知られざる月探査“ルナ計画”」

216ポイント 購入する

「知られざる月探査“ルナ計画”」

216ポイント 3日間 58:59

1960年代、どちらが先に月に到達するかをめぐり競争を繰り広げていたアメリカとソビエト。当初はソビエトが「ルナ計画」で圧倒的にリードする。しかし、その後なぜか「ルナ計画」は失速し、アメリカのアポロ11号打ち上げのとき、ソビエトは一発逆転を狙って思いがけない行動に出ていた。リードしていたソビエトはなぜ敗れたのか? そして今も続くロシアの「ルナ計画」とは? もう一つの月探査計画の知られざる全貌に迫る。

詳細 お試し無料 ▶

「恐竜絶滅 隕(いん)石説の真相」

216ポイント 購入する

「恐竜絶滅 隕(いん)石説の真相」

216ポイント 3日間 58:59

太古の昔、繁栄をきわめていた恐竜。その絶滅の原因として知られているのが「巨大隕石(いんせき)衝突説」。しかし、生命の絶滅は気候変動による地球環境の変化や自然とう汰によって起こると信じられており、当時は支持されなかった。そんな中、無名の地質学者たちが生命進化に大きな影響を与えた隕石衝突説の真相を解明した。6600万年前、地球に一体何が起こったのか、学者たちはいかにして証拠をつかんだのか、歴史に迫る。

詳細 お試し無料 ▶

「恒星間飛行 人類は隣の星へ行けるか?」

216ポイント 購入する

「恒星間飛行 人類は隣の星へ行けるか?」

216ポイント 3日間 57:45

人類は隣の星へたどり着けるのか。今、SF映画に出てくる推進技術が真剣に検討されている。レーザーからワープまで、常識を越えたアイデアの数々で夢の恒星間飛行に挑む。 放送以外の配信の許諾が得られなかったため、一部映像を変更してお伝えします。

詳細 お試し無料 ▶

「天文学史上最大のスキャンダル?“知の怪人”ケプラーの真実」

216ポイント 購入する

「天文学史上最大のスキャンダル?“知の怪人”ケプラーの真実」

216ポイント 3日間 59:04

天才天文学者、ヨハネス・ケプラーに師を殺害した疑惑が浮上。真実に迫る。ケプラーによる大発見「惑星の軌道は楕(だ)円」。いかにして成し遂げられたか、裏側を大公開。 放送以外の配信の許諾が得られなかったため、一部映像を編集してお伝えします。

詳細 お試し無料 ▶

「謎の巨大惑星 プラネット9」

216ポイント 購入する

「謎の巨大惑星 プラネット9」

216ポイント 3日間 58:59

「太陽系のかなたに謎の巨大惑星・プラネット9が存在する」2016年1月に発表された驚きの論文をきっかけに、世界各地の天文学者がプラネット9発見を目指して調査に乗り出した。果たして太陽系には一体いくつの惑星が存在するのか。惑星の定義とは何か。冥王星が惑星から外された背景など、知られざるエピソードが満載。新惑星を15年にわたって探し続けたひとりの研究者の執念に迫る。

詳細 お試し無料 ▶

「抱き続けた宇宙への野望 フォン・ブラウンの人心掌握術」

216ポイント 購入する

「抱き続けた宇宙への野望 フォン・ブラウンの人心掌握術」

216ポイント 3日間 58:59

人類初の有人月面着陸に成功したアポロ計画の立て役者の一人、ヴェルナー・フォン・ブラウン。ドイツの科学者だった彼は、敗戦後アメリカへ渡り、月を目指す大型ロケットを開発する。そこには、是が非でも宇宙をめざしたいという野望と、したたかな人心掌握術があった。いま注目を集める火星探査計画にも、彼のアイデアが生かされている。新たな証言や資料から、これまで明かされることのなかったフォン・ブラウンの素顔に迫る。

詳細 お試し無料 ▶

「宇宙に満ちる謎 ダークエネルギー」

216ポイント 購入する

「宇宙に満ちる謎 ダークエネルギー」

216ポイント 3日間 59:04

宇宙最大の謎「ダークエネルギー」。重力と反対の方向に働き、無限に増え続ける不思議な存在だ。宇宙の始まりと未来に深く関わるダークエネルギー、その正体に迫る。 放送以外の配信の許諾が得られなかったため、一部映像を編集してお伝えします。

詳細

「生命の新天地!?アイボール・アース」

216ポイント 購入する

「生命の新天地!?アイボール・アース」

216ポイント 3日間 58:59

人の目に似ていることから「アイボール・アース」と名づけられた岩石惑星。地球外生命が存在する可能性が高いと見られ、近年、科学者たちの間で大きな話題となっている。アイボール・アースは「赤色わい星」という恒星の周りで多く見つかっている。一見、生命にとって過酷にも思えるこのアイボール・アースが、逆に生命にとっては快適な環境であるというのはなぜなのか、研究の最前線を紹介する。

詳細 お試し無料 ▶

「銀河鉄道からのメッセージ 宮沢賢治の宇宙論」

216ポイント 購入する

「銀河鉄道からのメッセージ 宮沢賢治の宇宙論」

216ポイント 3日間 58:59

宮沢賢治、不朽の名作『銀河鉄道の夜』。天の川を舞台に二人の少年が列車で旅をする幻想的な物語はこれまで多くの人々を魅了してきた。実は、物語で描かれる不思議な世界は、当時の天文学や物理学の最新研究が反映されていたことが明らかに。銀河鉄道のルートはどうやって決められたのか?旅路で起こる不思議な出来事にはアインシュタインの影響が。そして賢治が投げかけた最大の謎に、最新の天文学が答えを見いだそうとしている。

詳細 お試し無料 ▶

「ツングースカ大爆発の謎」

216ポイント 購入する

「ツングースカ大爆発の謎」

216ポイント 3日間 58:59

およそ100年前にシベリア・ツングースカの針葉樹林で大爆発が起きた。強烈な爆風と熱で2000平方kmもの範囲の木がなぎ倒れされて大炎上。当初は誰もが爆発はいん石によるものだと信じたが、かけらもクレーターも発見されず。これを受け、科学者たちはユニークな説を次々と発表してきた。1世紀以上にわたって科学者たちをとりこにしたツングースカ爆発のミステリー。最新の調査から生まれた驚きのシナリオを紹介する。

詳細 お試し無料 ▶

「太陽系 神秘の海 水と生命のミステリー」

216ポイント 購入する

「太陽系 神秘の海 水と生命のミステリー」

216ポイント 3日間 58:59

豊かな生命を育む海。最新の調査から、海は地球特有のものではなく、太陽系のさまざまな場所にあることが分かってきた。太古に消失した火星の海では巨大津波が発生した痕跡が見つかった。土星の衛星タイタンには奇妙な液体メタンの海が存在するという。太陽系の海にはどんな秘密があるのか?それらはどのような姿なのか、具体的に検証する。

詳細 お試し無料 ▶

「金星 ビーナスの素顔に迫れ!」

216ポイント 購入する

「金星 ビーナスの素顔に迫れ!」

216ポイント 3日間 58:59

2015年12月、金星の周回軌道に日本の探査機あかつきの投入が成功、本格的な観測が始まった。金星は、女神“ビーナス”と名づけられ、大きさや内部構造が似ていることから、地球の双子星といわれてきた。しかし金星探査機から画像には、岩だらけで荒涼とした高温高圧の異世界が広がっていた。なぜ、双子星がこのように地球と全く異なる環境の惑星になってしまったのか? 最新の研究から金星のミステリーに迫る。

詳細 お試し無料 ▶

「天文学の革命児!エドウィン・ハッブル」

216ポイント 購入する

「天文学の革命児!エドウィン・ハッブル」

216ポイント 1日間 58:59

神秘的な宇宙の姿を映し出すハッブル宇宙望遠鏡。その名の由来となった天文学者エドウィン・ハッブルの知られざる生涯と研究に迫る。宇宙に無数の銀河が存在し、膨張していることを発見したハッブル。当時の人々の宇宙観を根底から覆し、20世紀最も偉大な天文学者と称賛される。しかし、その人生は波乱万丈。大学での専攻は法律、学会ではトラブルメーカー。長く非公開とされてきた資料を元にハッブルの足跡と情熱に迫る。

詳細

キャスト

これもチェック

 コズミックフロント☆NEXTを見た人は、こんな作品も見てます!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001