ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り

金曜時代劇 蝉しぐれ

藤沢周平の小説世界を見事にドラマ化。結ばれることはなくても人を純粋に愛し、どんな逆境にあっても人が人らしく生きることをひたむきに問いかけてきます。

過去の名作が全て見放題

1999年01月01日 配信開始

各話一覧

並び順

第1回 嵐

216ポイント 購入する

第1回 嵐

216ポイント 3日間 43:05

東北の小藩の夏。郡奉行の牧文四郎は、前藩主の側室で初恋の女性・ふくと20年ぶりに再会し、波乱の青春を振り返ります。下級武士の子・文四郎は、隣家の娘・ふくと淡い恋を育てていました。文四郎が18歳の秋、城下を洪水が襲いました。義父の牧助左衛門が農民のために懸命に働く姿を見て、文四郎は父のようになりたいと心に誓います。しかし、助左衛門は世継ぎ争いに加担した罪で捕らえられてしまいます。

詳細 お試し無料 ▶

第2回 蟻のごとく

216ポイント 購入する

第2回 蟻のごとく

216ポイント 3日間 43:05

父の助左衛門が切腹と決まりました。文四郎は最後の別れに臨み、「わしを恥じてはならん」という父の言葉を胸に刻みます。翌日、父の遺体を荷車で引き取りに行くと、ふくが駆けつけてくれ、二人で蟻(あり)のように黙々と荷車を引きました。家禄(かろく)は減らされ、文四郎は母の登世と長屋に転居します。ある日、ふくが江戸に奉公に出る前にあいさつに訪ねて来ますが、折あしく文四郎は不在で、会えぬまま旅立ってしまいます。

詳細 お試し無料 ▶

第3回 ふくと文四郎

216ポイント 購入する

第3回 ふくと文四郎

216ポイント 3日間 43:05

1年半後、父に切腹を命じた主席家老の里村が、文四郎の処分を解きました。家禄(かろく)が元に戻され、出仕はまだでしたが郡奉行支配・山村見回りとなります。文四郎は母・登世と喜びに浸ります。一方、江戸の藩邸に奉公に出ていたふくは、藩主の手が付いて身ごもりますが、世継ぎ争いの陰謀で流産します。文四郎は道場主の石栗弥左衛門から、秋の奉納試合に勝てば、秘剣村雨の技を授けると伝えられます。

詳細 お試し無料 ▶

第4回 秘剣村雨

216ポイント 購入する

第4回 秘剣村雨

216ポイント 3日間 43:05

奉納試合に見事に勝ち、文四郎は秘剣村雨の技を伝授されます。父の非業の死から4年、ようやく山村見回りとして働き始めた文四郎は、そこで父の事件の真相を知ります。父は代官の不正を糾(ただ)そうとして、切腹させられたのです。一方、再び藩主の御子を身ごもったふくは国元へ帰り、欅(けやき)御殿でひそかに出産します。しかし、主席家老の里村一派が母子の命を狙っていました。その里村から文四郎は呼び出されて…。

詳細 お試し無料 ▶

第5回 罠

216ポイント 購入する

第5回 罠

216ポイント 3日間 43:05

文四郎は主席家老の里村から、横山派の陰謀から守るために、欅(けやき)御殿から藩主の御子をさらって来いと命じられます。それは明らかに罠(わな)だと考えた文四郎は、ふくと御子の命を救うために、生涯の友・小和田逸平らとともに欅御殿に向かいました。文四郎らは、ふくと御子を村役人・藤次郎の家に逃がして、ふくの警護役・磯貝主計とともに、乱入する里村派の賊に立ち向かいます…。

詳細 お試し無料 ▶

第6回 逆転

216ポイント 購入する

第6回 逆転

216ポイント 3日間 43:05

文四郎は最強の敵・犬飼兵馬を「秘剣村雨」の技で倒しました。村役人の家でふくと合流した後、文四郎一人がふくと御子に付き添い、舟で城下に逃れます。そして、里村派と対抗する家老の横山のもとに身を寄せ、文四郎は里村派の陰謀のすべてを語りました。ふくと別れた文四郎は、家老・里村の屋敷に向かっていました。死者に代わって、里村を諫(いさ)めるためでした。

詳細 お試し無料 ▶

第7回 歳月(最終回)

216ポイント 購入する

第7回 歳月(最終回)

216ポイント 3日間 42:35

主席家老の里村一派の陰謀を退けた文四郎は、家老の横山から論功行賞の知らせを受けます。30石の加増でした。それから、20年近くの歳月が流れました。郡奉行となった文四郎と、殿様の没後1年、出家を控えたふくは、ひなびた宿で再会します。二人は思い出を語り合い、打ち解けたひとときを過ごしますが、それは生涯でただ一度きりの逢瀬(おうせ)でした。「今生の未練を残したくない」というふくの愛に応えて、文四郎は…。

詳細 お試し無料 ▶

キャスト

これもチェック

 金曜時代劇 蝉しぐれを見た人は、こんな作品も見てます!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001