ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り

大河ドラマ 徳川慶喜

260年余り続いた江戸幕府、最後の将軍・徳川慶喜(よしのぶ)を通して、日本史上最大の動乱期である幕末を、幕府側から描いた作品です。平成24年9月10日 文化庁長官裁定

過去の名作が全て見放題

2012年05月04日 配信開始

各話一覧

並び順

第 1回 母の不在

216ポイント 購入する

第 1回 母の不在

216ポイント 3日間 58:26

徳川慶喜(よしのぶ)、幼名・七郎麿(しちろうまろ)は、天保8年(1837)、水戸9代藩主・斉昭(なりあき)の七男として江戸・水戸藩邸で生まれますが、生後まもなく水戸へ移されて実母の顔を知らないまま育てられます。天保15年(1844)、父・斉昭は藩政改革を進めますが幕府から隠居謹慎処分を受け、長男・慶篤(よしあつ)が10代藩主となります。知らせを聞いた実母の吉子は、七郎麿を不憫(ふびん)に思います。

詳細 お試し無料 ▶

第 2回 新しい母

216ポイント 購入する

第 2回 新しい母

216ポイント 3日間 41:50

斉昭が謹慎する水戸藩では、幕府寄りの保守派が要職を占め、藩政改革は頓挫します。一方、江戸では御三卿の一つ、一橋家の世継ぎ問題が起きていました。斉昭は12代将軍・家慶(いえよし)から、七郎麿(しちろうまろ)の一橋家への養子入りを条件に謹慎を解くと言われて、受け入れます。七郎麿は一橋家の養子となり、将軍・家慶から慶喜の名を賜りました。慶喜は、一橋家でわずか7歳違いの義母となる直子(つねこ)に会います。

詳細 お試し無料 ▶

第 3回 黒船が来た

216ポイント 購入する

第 3回 黒船が来た

216ポイント 3日間 41:55

嘉永5年(1852)、慶喜は元服の儀式を無事に終えました。立派に成人した姿に義母の直子(つねこ)は心から喜びますが、慶喜の世話係・松島が母親のように世話を焼く様子を見て、はがゆい思いでした。翌年、ペリーが艦隊で浦賀沖に現れます。老中から警備用の火事装束で待機を命じられた慶喜は外国が攻めてきたとして甲冑で武装します。ある日、慶喜が家臣から黒船の報告を受けていると、将軍・家慶急死の知らせが届きます。

詳細 お試し無料 ▶

第 4回 将軍候補

216ポイント 購入する

第 4回 将軍候補

216ポイント 3日間 42:06

嘉永6年(1853)6月、12代将軍・家慶の死は公表されませんでした。世継ぎの家定は病弱で、この難局を乗り切れそうになく、幕府内には慶喜を次期将軍に推す動きもあります。ある日、隠れて江戸の町に出た慶喜は、町火消しの女房・れんに出会います。一方、父・斉昭は懐刀の藤田東湖らを一橋家に向かわせ将軍継嗣を説得しますが慶喜は拒み続けます。秋、13代将軍に家定が就き、翌年、ペリーが再び浦賀に現われました。

詳細 お試し無料 ▶

第 5回 日米和親条約

216ポイント 購入する

第 5回 日米和親条約

216ポイント 3日間 42:13

嘉永7年(1854)、ペリーは再び艦隊で浦賀沖に現れ、幕府の制止を聞かず江戸湾に入ります。幕府の弱腰外交に憤る慶喜は甲冑で身を固めますが、幕府はペリーに押し切られ日米和親条約に合意します。ある日、慶喜は町火消しの新門辰五郎(たつごろう)とその女房・れんの家を訪れます。父・斉昭が慶喜の人生勉強のため、辰五郎に指導を頼んでいました。慶喜と側近の新三郎は辰五郎の家で、一人の女性と運命的な出会いをします。

詳細 お試し無料 ▶

第 6回 安政の大地震

216ポイント 購入する

第 6回 安政の大地震

216ポイント 3日間 42:26

慶喜は、町火消しの辰五郎(たつごろう)の娘・およし、新門一家の纏(まとい)持ちのガンツムをはじめ町民や浪人と親交を深めますが、側近の新三郎は旗本に囲われているみよに心を奪われます。ある日、慶喜は辰五郎に案内された料亭で、実母・吉子の側用人の永原帯刀(たてわき)を見かけます。普段からは想像もできない世慣れた遊び人風で、別人のようでした。安政2年(1855)10月2日、大地震が江戸を襲いました。

詳細 お試し無料 ▶

第 7回 公家の花嫁

216ポイント 購入する

第 7回 公家の花嫁

216ポイント 3日間 42:22

安政2年(1855)10月2日の江戸大地震で、慶喜の一橋家では大きな被害はありませんでしたが、水戸藩上屋敷では側近の藤田東湖と戸田忠敞(ただあきら)が死に、斉昭は深い悲しみに包まれます。さらに、親斉昭派の阿部正弘が開国派の堀田正睦(まさよし)に主席老中の座を譲ったため、斉昭は試練に立たされます。安政2年(1855)12月、慶喜と京の公家、一条家の娘・美賀(みか)との婚礼の儀が行われました。

詳細 お試し無料 ▶

第 8回 新婚生活

216ポイント 購入する

第 8回 新婚生活

216ポイント 3日間 42:20

婚礼の後、参議になった慶喜は城内の控え室で、福井藩主・松平慶永(よしなが)から期待の言葉をかけられます。一方、義母の直子(つねこ)と正室の美賀(みか)はともに京の公家出身のため、御所言葉で親しく語っていました。そのころ、新三郎と、旗本に囲われているみよとのうわさが広まったため、慶喜は新三郎と水戸藩士の娘・たみを結婚させて事の収拾を計ります。慶喜と新三郎はそれぞれ新婚生活を送りながら新年を迎えます。

詳細 お試し無料 ▶

第 9回 恋の闇路

216ポイント 購入する

第 9回 恋の闇路

216ポイント 3日間 42:16

新三郎は、みよを囲う旗本・早川と争い、斬り殺してしまいます。切腹しようとする新三郎を、新門一家のガンツムが止めて、2人を連れ帰ります。辰五郎(たつごうろう)とれんは、新三郎とみよを生麦村の旅籠(はたご)にかくまいます。そのころ、美賀(みか)の懐妊を喜ぶ慶喜に、新三郎が起こした事件の一報が届きます。また、慶喜は兄・慶篤(よしあつ)から、父・斉昭が幕政へ口を出すことについて意見するように言われます。

詳細 お試し無料 ▶

第10回 抗争のはじまり

216ポイント 購入する

第10回 抗争のはじまり

216ポイント 3日間 42:15

水戸藩の内部争いが続く中、斉昭と慶篤の毒殺未遂が起きます。知らせを聞いた慶喜は父と兄を見舞いますが、2人の確執は深まっていました。また、この件は斉昭の姉・清子の嫁ぎ先である、京の関白・鷹司(たかつかさ)政通にも伝わります。斉昭は政通に将軍継嗣の件で、慶喜推挙についての朝廷の口添えを頼んでいました。ある日、慶喜の側近・倉石左衛門は、新三郎が斬り殺した旗本・早川の弟らに同行を強要されます。

詳細 お試し無料 ▶

第11回 台風の目

216ポイント 購入する

第11回 台風の目

216ポイント 3日間 42:24

新門辰五郎(たつごろう)が慶喜を訪れ、新三郎とみよを逃がしたことを告げ、腹を切ってわびようとします。一方、下田では、米・日本領事のハリスとの日米交渉が進む中、鎖国令を破ることを恐れた幕府は決断できずにいました。慶喜は、新三郎の探索を命じた側近・倉石左衛門が大川に浮いていたとの知らせを聞き、涙を流します。時代が動く中、13代将軍・家定のもとに、薩摩・島津家から篤(あつ)君が輿(こし)入れします。

詳細 お試し無料 ▶

第12回 日米通商条約

216ポイント 購入する

第12回 日米通商条約

216ポイント 3日間 42:20

安政4年(1857)7月、米軍艦が下田に来航しました。江戸湾への進入を恐れた幕府は日本領事・ハリスの江戸出府を許します。斉昭は朝廷を通じて日米交渉をけん制しますが、ハリスは将軍・家定へ拝謁し、日米修好通商条約の交渉が始まりました。ある日、慶喜は老中・堀田正睦(まさよし)から、斉昭が幕府へ提出した過激な内容の建白書を見せられます。翌年、彦根藩主・井伊直弼(なおすけ)が大老に就任しました。

詳細 お試し無料 ▶

第13回 幕府の権威

216ポイント 購入する

第13回 幕府の権威

216ポイント 3日間 42:14

江戸を逃れて2年、新三郎と出産が近いみよは生麦村で暮らしていました。江戸城では、大老に就いた井伊直弼(なおすけ)が老中たちに徳川宗家の威信を守り、幕府の権威を示すと所信を述べ、事態を収拾するため強引な手段に出ます。将軍継嗣では紀州家の慶福(よしとみ)を推し、さらに、清国を屈服させた英・仏の次の狙いが日本だと言うハリス情報から、米との条約が有利と判断し、勅許を得ずに日米修好通商条約に調印します。

詳細 お試し無料 ▶

第14回 押しかけ登城

216ポイント 購入する

第14回 押しかけ登城

216ポイント 3日間 42:10

安政5年(1858)6月、日米修好通商条約が締結されます。慶喜は勅許のない条約調印を責めますが、井伊は自分の責任を認めながらも動じずに、慶喜に紀伊・慶福(よしとみ)の将軍継嗣を認めさせます。さらに、斉昭、慶篤(よしあつ)、松平春嶽(しゅんがく)らも登城日でないにも関わらず押しかけて井伊を糾弾します。この状況で、将軍・家定が急死。井伊は、この機を逃さず、規程外の登城を口実に斉昭らに処分を下します。

詳細 お試し無料 ▶

第15回 密勅

216ポイント 購入する

第15回 密勅

216ポイント 3日間 42:11

安政5年(1858)夏、慶喜は登城停止の処分を受けますが、正室の美賀(みか)が身ごもり平穏な日々を過ごします。一方、大老・井伊直弼は朝廷や水戸の斉昭、薩摩の島津斉彬(なりあきら)ら条約反対派の動きを警戒します。京では、井伊への不満を募らせる孝明天皇は斉昭や斉彬を頼りにしていましたが、斉彬が急死します。知らせを聞いた朝廷は、水戸藩に勅命を下しますが、それは幕府の正式な手続きを経ていませんでした。

詳細 お試し無料 ▶

第16回 大獄のはじまり

216ポイント 購入する

第16回 大獄のはじまり

216ポイント 3日間 42:02

慶喜は謹慎中で身を持て余して、新門辰五郎(たつごろう)を訪ねます。みんなで酒を楽しむうち、実母・吉子の側(そば)用人・永原帯刀(たてわき)が、江戸で一番人気の戯作(げさく)者・恋思川(こいしかわ)永春であることを告白し、全員を驚かせます。一方、井伊直弼は幕府にも届いた密勅に関白の署名が無いことから、攘夷(じょうい)派や斉昭らの謀略と判断して、反幕府派を弾圧します。「安政の大獄」の始まりです。

詳細 お試し無料 ▶

第17回 安政の大獄

216ポイント 購入する

第17回 安政の大獄

216ポイント 3日間 42:11

慶喜は駆け落ちした新三郎とみよの所在を知ると、側近の平岡を生麦に向わせ、江戸へ戻るよう説得させますが、新三郎とみよは再び姿を消してしまいます。一方、大老・井伊直弼は反幕府派に対する弾圧を強めます。京都で攘夷(じょうい)派の捕縛を始め、江戸では水戸の斉昭に加担する条約反対派を捕らえます。そして、井伊が推す紀州の徳川慶福(よしとみ)が14代将軍となり、家茂(いえもち)と名を改めます。

詳細 お試し無料 ▶

第18回 桜田門外の変

216ポイント 購入する

第18回 桜田門外の変

216ポイント 3日間 41:56

安政6年(1859)、大老・井伊直弼は、弾圧の激しさを増します。水戸では斉昭派の藩士を捕縛し、京でも太閤(たいこう)や左大臣をはじめとする公家らを辞めさせたり、謹慎処分にします。夏になると、斉昭を水戸に生涯幽閉して、慶喜を隠居謹慎にします。さらに、水戸藩に密勅を返還させるよう朝廷に圧力をかけます。安政7年(1860)3月、江戸城桜田門外で水戸の脱藩浪士たちが、登城する井伊の行列を襲います。

詳細 お試し無料 ▶

第19回 父の死

216ポイント 購入する

第19回 父の死

216ポイント 3日間 42:05

大老・井伊直弼の暗殺は幕府に大きな衝撃を与えます。慶喜は政敵の死を悼みますが、直子(つねこ)と美賀(みか)は、隠居謹慎中の慶喜が改めて当主になることに期待します。井伊を失った幕府には国の道筋を見極める人物もいないため、幕閣は井伊の政策であった皇女・和宮(かずのみや)の将軍・家茂(いえもち)への降嫁を進めます。井伊の死から約半年、病床の父・斉昭が眠るように息を引き取りました。

詳細 お試し無料 ▶

第20回 慶喜変身

216ポイント 購入する

第20回 慶喜変身

216ポイント 3日間 42:10

慶喜は父・斉昭の死で深い悲しみに襲われます。水戸では実母の吉子が斉昭の遺言に従い、側(そば)用人・水原に、藩や幕府、一橋家の情勢を調べさせます。水戸も幕閣も束ねる者がなく混乱する中、慶喜は日本が道しるべを失ったことに大きな不安を覚えます。そして、7歳上の義母・直子(つねこ)との仲を誤解した正室の美賀(みか)に日本の現況を話し、困難な時代を生き抜くため何が起きても信じてついてくるよう諭します。

詳細 お試し無料 ▶

第21回 兄と弟

216ポイント 購入する

第21回 兄と弟

216ポイント 3日間 41:58

大老・井伊直弼(なおすけ)と水戸の斉昭が世を去ったことで、薩摩の島津久光が台頭してきます。水戸では藩主・慶篤(よしあつ)が母・吉子に、藩内の対立が激化したのも財政がひっ迫したのも父・斉昭のせいだと不満をぶつけていました。一方、謹慎中の慶喜は内密に水戸へ入り、独り、父・斉昭の墓前に立ちます。その夜、慶喜は兄・慶篤と再会し、酒を酌み交わしすうちに、父・斉昭を非難する慶篤を殴り倒してしまいます。

詳細 お試し無料 ▶

第22回 母と子

216ポイント 購入する

第22回 母と子

216ポイント 3日間 42:01

慶喜は謹慎を解かれますが隠居のままでした。京では、皇女・和宮が有栖川宮熾仁(ありすがわのみやたるひと)親王との婚約を破棄されて将軍家への降嫁が決まり悲しみに暮れています。和宮の生母・観行院は命を絶ってでも、降嫁の取り消しを図ろうとします。関白・九条尚忠(ひさただ)は和宮降嫁にためらい始めますが、侍従の岩倉具視(ともみ)に説き伏せられます。新門一家では、およしとガンツムの「産みの母」騒ぎが起きます。

詳細 お試し無料 ▶

第23回 和宮下向

216ポイント 購入する

第23回 和宮下向

216ポイント 3日間 42:06

朝廷は、通商条約の破棄を約束しながら新たにプロシアと条約を結んだ幕府に怒り、和宮の下向中止を言い出しますが、幕府は京都所司代・酒井忠義を遣わして関白・九条尚忠(ひさただ)を説得し、下向中止を回避します。文久元年(1861)10月、和宮は京を発ち、江戸へ向かいます。やがて、将軍・家茂(いえもち)と和宮の婚儀が行なわれますが、公家風を通す和宮は前将軍の正室・天璋院(てんしょういん)と激しく対立します。

詳細 お試し無料 ▶

第24回 久光上洛

216ポイント 購入する

第24回 久光上洛

216ポイント 3日間 42:04

薩摩の島津久光が上洛(じょうらく)して、これまでの幕府の政策を批判した上で、慶喜を将軍後見職とし、さらに松平春嶽(しゅんがく)を大老に就任させるとした幕政改革を訴え、朝廷から勅旨を賜ります。江戸では、老中たちが久光の建白書の取り扱いに苦慮し、勅使到着の前に慶喜や安政の大獄で処分を受けた者たちの罪を免じて改革案のなし崩しを図ります。慶喜は謹慎を解かれて登城し将軍・家茂(いえもち)に初めて対面します。

詳細 お試し無料 ▶

第25回 将軍後見職

216ポイント 購入する

第25回 将軍後見職

216ポイント 3日間 41:58

幕府は勅使が到着する前に慶喜と松平春嶽(しゅんがく)らの罪を免じ、さらに、春嶽に幕政への参与を要請して、朝廷の政治関与に先手を打ちます。春嶽は政務への参与を了承すると共に、慶喜を将軍後見職に迎える必要性を説きます。やがて、京都から勅使・大原重徳(しげとみ)が江戸に到着して、将軍・家茂(いえもち)に勅書を読み上げます。当初、抵抗していた幕府は島津久光の圧力に屈し、慶喜が将軍後見職に任じられます。

詳細 お試し無料 ▶

第26回 生麦事件

216ポイント 購入する

第26回 生麦事件

216ポイント 3日間 42:04

文久2年(1862)、慶喜は将軍後見職となり、松平春嶽(しゅんがく)も政治総裁職に就きます。勅使の大原が慶喜と春嶽に島津久光を同席しての会見を申し入れますが、慶喜は勅使と幕閣の会見に無官の者が同席することに反対します。しかし、大原の申し入れ通りに会見が行なわれ、幕閣人事や和宮の待遇改善を要求します。その後、久光は薩摩へ帰る途中、生麦で行列を乱した英国人を殺傷する事件を起こします。

詳細 お試し無料 ▶

第27回 幕政改革

216ポイント 購入する

第27回 幕政改革

216ポイント 3日間 41:55

生麦事件の対応に追われる江戸城では、松平春嶽(しゅんがく)が薩摩藩を厳罰に処す強硬論を唱えますが、慶喜は国内の騒ぎを防ぐために慎重論を主張します。そして、慶喜は春嶽が重用する熊本藩士・横井小楠(しょうなん)から日本を取り巻く世界情勢を聞き、欧米にならった幕政の改革を決意します。一方、江戸城・大奥では和宮(かずのみや)と天璋院(てんしょういん)の対立がますます深まっていました。

詳細 お試し無料 ▶

第28回 上洛への道

216ポイント 購入する

第28回 上洛への道

216ポイント 3日間 41:57

慶喜が生麦事件の処理に追われていると、朝廷が急速に攘夷(じょうい)に傾いているとの報告が入ります。慶喜は幕閣を前に、外国と結んだ条約はたとえ勅許を得ていなくても、外交上破棄できないと断言して、幕府の進むべき道を示します。そして、上洛(じょうらく)して上奏する決意を語ります。側近・中根長十郎は新門辰五郎(たつごろう)に、慶喜上洛の警護を依頼します。やがて、勅使が下向し、慶喜の上洛が正式に決定します。

詳細 お試し無料 ▶

第29回 将軍名代

216ポイント 購入する

第29回 将軍名代

216ポイント 3日間 41:57

文久3年(1863)、慶喜は孝明天皇から攘夷(じょうい)と公武合体を命じられます。しかし、天皇は攘夷以上に外国との戦争回避を願っていました。攘夷派・三条実美(さねとみ)と公家らが、深夜に慶喜を訪ねます。異常を感じた慶喜は京都守護職・松平容保(かたもり)を呼び、真意を探らせます。すると、実美らは攘夷派浪士の標的にされるのを恐れての「攘夷派」だと分かりました。慶喜は攘夷の決行日を決めます。

詳細 お試し無料 ▶

第30回 奇策

216ポイント 購入する

第30回 奇策

216ポイント 3日間 41:49

慶喜は朝廷から、幕府の政治一任を取り付けていましたが、将軍・家茂(いえもち)が参内(さんだい)すると、事柄により朝廷が諸藩に命令を発するとの勅書を渡されます。松平春嶽(しゅんがく)は、大政の奉還による新たな国づくりを主張しますが、慶喜は時期尚早を説きます。慶喜は朝廷に攘夷(じょうい)の期限を5月10日と約束して江戸に帰りますが、江戸に着くと攘夷は不可能であるとして、将軍後見職の辞任を発表します。

詳細 お試し無料 ▶

第31回 孝明天皇の立場

216ポイント 購入する

第31回 孝明天皇の立場

216ポイント 3日間 41:53

長州藩が下関で米国商船を砲撃したとの報告が慶喜に入ります。老中・小笠原長行は、上洛(じょうらく)している将軍・家茂(いえもち)を無事に江戸へ帰すため、英国の軍艦で千人もの兵を大坂に送ります。京では攘夷(じょうい)派・姉小路公知(きんとも)が暗殺されるなど政情が混迷。京都守護職・松平容保(かたもり)は新選組に取締りを強化させます。孝明天皇は、偽の勅命を発した三条実美(さねとみ)ら長州派を追放します。

詳細 お試し無料 ▶

第32回 慶喜の悪酔い

216ポイント 購入する

第32回 慶喜の悪酔い

216ポイント 3日間 41:51

慶喜は、朝廷に将軍後見職辞任を許されず、逆に上洛(じょうらく)を命じられます。慶喜は再び上洛すると、松平春嶽(しゅんがく)、松平容保(かたもり)、山内容堂、島津久光らとともに参与として朝廷会議に参加して、公武合体と開国の政策変更を確認します。ところが、参与会議で慶喜は、上洛した将軍や幕閣の意を受けて開国反対の立場をとり、他の参与と激論になります。その夜、慶喜は深酒をして、悪酔いしてしまいます。

詳細 お試し無料 ▶

第33回 池田屋騒動

216ポイント 購入する

第33回 池田屋騒動

216ポイント 3日間 42:02

慶喜は攘夷(じょうい)派対策として、改めて朝廷から幕府に横浜港閉鎖を命じるよう申し出て、承諾されますが、次の日には朝廷がその決定を翻したことを知り、朝廷の優柔不断さを批判し、さらに開国派の春嶽(しゅんがく)や久光らを罵倒します。慶喜は将軍後見職を辞めて、御所を警備する禁裏御守衛(きんりごしゅえい)総督に就きます。祇園(ぎおん)祭が近い京都では、新選組が池田屋に集結する長州などの攘夷派を襲います。

詳細 お試し無料 ▶

第34回 御所突入

216ポイント 購入する

第34回 御所突入

216ポイント 3日間 42:01

新選組の池田屋襲撃で、幕府と長州の対立は決定的になります。一方、筑波山では水戸藩・尊攘(そんじょう)派中心の天狗(てんぐ)党が挙兵したため、幕府が討伐の兵を出します。京では、追放された公家らの赦免嘆願を口実に長州藩士が集結します。慶喜は、武力で京を手中に収めようとする長州の本心を見抜き、天皇に長州征伐の勅命を願い出ます。元治元年(1864)7月、長州が御所へ突入。「蛤(はまぐり)御門の変」です。

詳細 お試し無料 ▶

第35回 母の苦悩

216ポイント 購入する

第35回 母の苦悩

216ポイント 3日間 41:48

慶喜は禁裏御守衛(きんりごしゅえい)総督として指揮を執り、御所に突入した長州藩に応戦します。都の中心部は焼け野原になりますが、薩摩藩・西郷吉之助などの奮戦もあり長州を撃退します。一方、水戸藩では改革派・天狗(てんぐ)党の説得に派遣された武田耕雲斎が天狗党とともに水戸城に到着しますが、入城を拒む保守派と戦闘になります。すると、城内にいた、慶喜の母・吉子は開門を命じ、殺し合うことの愚かさを説きます。

詳細 お試し無料 ▶

第36回 仇(あだ)討ち

216ポイント 購入する

第36回 仇(あだ)討ち

216ポイント 3日間 41:59

京で撃退された長州藩に征伐の勅命が下されます。征伐軍・参謀長候補の西郷吉之助は幕府の軍艦奉行・勝海舟に征伐について意見を求めます。すると、勝は幕府の腐敗を責め、いずれ長州藩の力が必要になると発言し、西郷は衝撃を受けます。一方、筑波山の天狗(てんぐ)党は幕府軍に敗れ、慶喜を頼って、京へ向かいます。その中には、生麦から姿を消した新三郎とみよがいました。そして、新三郎に兄を殺された早川良介が現われます。

詳細 お試し無料 ▶

第37回 慶喜の頭痛

216ポイント 購入する

第37回 慶喜の頭痛

216ポイント 3日間 41:52

天狗(てんぐ)党に加わり京へ向かう新三郎とみよは、新三郎を敵と追う早川良介と出会います。新三郎は激しい斬り合いで相打ちとなり、みよの腕の中で息絶えます。慶喜は天狗党討伐の準備を進めながらも、立場上、天狗党を救済できないため、武田耕雲斎に隊を解くよう手紙で説得します。一方、長州征伐・参謀長の西郷吉之助は長州藩家老の切腹などで事を収束させたため、慶喜は西郷への警戒を強めるよう新選組・近藤勇に命じます。

詳細 お試し無料 ▶

第38回 条約勅許

216ポイント 購入する

第38回 条約勅許

216ポイント 3日間 41:56

慶喜が長州征伐を中止した上、長州を味方につけて次の将軍職を狙っていると、大奥でうわさになります。そのころ、イギリス・フランス・アメリカ・オランダの四国連合艦隊が兵庫沖に現われ、兵庫開港を要求します。京の慶喜は将軍・家茂(いえもち)に対応を命じられて大坂に向かいますが、すでに幕閣は朝廷の了承なしに承諾を決めていました。慶喜は急いで京へ戻り、通商条約の勅許を求めます。

詳細 お試し無料 ▶

第39回 将軍急死

216ポイント 購入する

第39回 将軍急死

216ポイント 3日間 41:55

慶応元年(1865)、慶喜は朝廷から日米修好通商条約の勅許を得ますが、幕府の懸案である長州征伐を、急いで処理するよう幕閣に命じます。翌年、慶喜は京都守護職・松平容保(かたもり)から、長州が英国から武器を輸入し倒幕に備えていると知らされ、長州征伐を急ぎます。そのころ、薩長同盟が成立します。7月、長州征伐のため大坂城に入っていた将軍・家茂(いえもち)が病に倒れ、息を引き取ります。

詳細 お試し無料 ▶

第40回 徳川家相続

216ポイント 購入する

第40回 徳川家相続

216ポイント 3日間 42:04

長州征伐で敗戦の知らせが届く中、将軍の急死で幕府は混乱します。慶喜は幕府から将軍職就任を頼まれますが固辞し、家臣に朝廷内での慶喜支持の動きや諸藩の反応を調べさせると共に、京都守護職・松平容保(かたもり)から長州征伐の状況や薩摩藩の情報を集めます。そして、徳川宗家を相続し長州征伐を進めます。慶喜は出陣直前に、小倉から敗走してきた老中・小笠原から幕府軍大敗の知らせを聞き、長州征伐の中止を決めます。

詳細 お試し無料 ▶

第41回 将軍慶喜

216ポイント 購入する

第41回 将軍慶喜

216ポイント 3日間 41:57

慶喜は長州征伐を中止し、反対する天皇に情勢変化を説いて停戦の勅命を得ると共に、長州との仲介に軍艦奉行・勝海舟を充てます。松平春嶽(しゅんがく)は将軍職を拒む慶喜に、将軍が不在となれば自然に大政奉還が実現すると感心しますが、慶喜は理屈として正しくても時代のすう勢を読み違えてはいけないと反論します。朝廷では薩長寄りの公家らが王政復古を画策しますが、孝明天皇は信任の厚い慶喜に15代将軍の勅命を下します。

詳細 お試し無料 ▶

第42回 孝明天皇の死

216ポイント 購入する

第42回 孝明天皇の死

216ポイント 3日間 41:54

慶応2年(1866)、慶喜は15代将軍となり、二条城に幕閣を集めて幕政改革の必要性を訴えます。そして、オランダ留学から帰った幕臣の西周(あまね)に諸外国の政治・経済・軍事などの諸事情を報告させて、幕政改革に生かそうと考えます。伏見の薩摩藩邸では、大久保利通たちが慶喜の改革に警戒心を強めます。そんな中、孝明天皇の容体が急変し、その夜のうちに世を去ってしまいます。慶喜は最大の後ろ盾を失いました。

詳細 お試し無料 ▶

第43回 議題草案

216ポイント 購入する

第43回 議題草案

216ポイント 3日間 41:55

孝明天皇の崩御により、若い明治天皇が即位しますが、朝廷内での幕府の立場は弱くなり、公武合体の基本政策は揺らぎます。長州討伐を主張する声もありましたが、慶喜は国内で争う時ではないとして、幕臣の西周(にしあまね)に徳川中心の憲法草案の作成を命じます。そんな中、慶喜は薩長の画策で兵庫開港を要求する外国と、開港を許さない朝廷との板ばさみに遭います。将軍就任の祝宴で、慶喜は兵庫港開港を宣言します。

詳細 お試し無料 ▶

第44回 倒幕

216ポイント 購入する

第44回 倒幕

216ポイント 3日間 42:00

慶喜が兵庫港開港を諸外国に約束したことで、薩摩は慶喜の政治的手腕に危機感を強め、一挙に大政奉還に持ち込もうと焦ります。二条城では、慶喜が松平春嶽(しゅんがく)や島津久光らを集め、朝廷に兵庫港開港と長州処分の2件を同時に評議してもらうことを決めます。そのため、慶喜は自ら御所に赴き、2昼夜に渡り、公家を説得して勅許を得ます。一方、薩摩の西郷吉之助は、倒幕のために挙兵することを決心します。

詳細 お試し無料 ▶

第45回 大政奉還

216ポイント 購入する

第45回 大政奉還

216ポイント 3日間 42:02

慶喜が長州に寛大な処分を決めたため幕閣は武力討伐を主張しますが、幕府軍の戦力を知る慶喜は強硬論を退けます。そんな中、慶喜は幕閣から土佐の大政奉還建白の情報を聞き、坂本龍馬の「船中八策」を渡されて、新体制作りを急ぎます。そして、西周(にしあまね)の「議題草案」が完成します。土佐は独自に大政奉還の建白書を幕府に提出する一方、薩摩は倒幕の勅命を画策します。慶喜は倒幕派の機先を制して大政奉還を表明します。

詳細 お試し無料 ▶

第46回 小御所会議

216ポイント 購入する

第46回 小御所会議

216ポイント 3日間 42:01

慶応3年(1867)10月、慶喜は大政奉還と将軍職の辞退で、幕府が朝敵として討伐されることを回避します。また、普代や旗本が薩長の挑発にのって暴走しないよう老中・板倉勝清(かつきよ)に命じます。12月、岩倉具視(ともみ)ら倒幕急進派が中心の小御所会議が新天皇の御前で開かれ、王政復古の大号令が発せられます。松平春嶽(しゅんがく)らが勅旨として決定を伝えると、慶喜は領地献上以外の条件を全て受け入れます。

詳細 お試し無料 ▶

第47回 朝敵

216ポイント 購入する

第47回 朝敵

216ポイント 3日間 41:43

王政復古の大号令により、慶喜の官位返上と徳川家領地献上が決定します。薩摩の陰謀と断じる家臣たちは薩摩討伐を直訴しますが、慶喜は応じません。江戸では、薩摩藩の挑発が原因となる庄内藩の江戸薩摩藩邸焼き討ちや、薩摩による江戸城西の丸の火事などが起き、慶喜は朝敵の汚名を覚悟で薩摩討伐令を発します。慶応4年(1868)、「鳥羽・伏見の戦い」です。しかし、幕府軍は「錦の御旗」を掲げる薩長軍に大敗します。

詳細 お試し無料 ▶

第48回 恭順謹慎

216ポイント 購入する

第48回 恭順謹慎

216ポイント 3日間 41:49

慶喜は江戸に戻り、大奥で静寛院宮(和宮)や天璋院(てんしょういん)に大政奉還から鳥羽・伏見の戦いで朝敵になった経緯を説明して、自分一人で責任を負う覚悟を決め、恭順の意を示します。また、江戸城で旗本たちに事態を説明して鎮静化を図り、勝海舟に幕府の後始末を命じて、上野寛永寺で謹慎します。勝は、腹心の山岡鉄太郎に西郷吉之助へ書状を届けさせます。慶喜は、幕府という組織が時代にあわないと感じていました。

詳細 お試し無料 ▶

第49回 無血開城(最終回)

216ポイント 購入する

第49回 無血開城(最終回)

216ポイント 3日間 38:40

慶応4年(1868)、山岡鉄太郎は勝海舟の使者として官軍参謀・西郷吉之助に会い、慶喜の処遇を巡り激しく対立しますが、後日の勝・西郷会談で、江戸城の無血開城が決まり、慶喜は死罪を免れます。慶喜は謹慎先の水戸で母・吉子に会い、朝敵の汚名を被ったことをわびますが、母は自らを犠牲にして徳川と日本を救った息子をねぎらいます。時代は明治となり、慶喜は静岡に移り、家族に囲まれて静かに暮らしました。

詳細 お試し無料 ▶

キャスト

これもチェック

 大河ドラマ 徳川慶喜を見た人は、こんな作品も見てます!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001