ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り

Nスペ 災害

「NHK特集」を引き継いで登場した「NHKスペシャル」は、シリーズ企画のスケール感と単発の切れ味を効果的にアレンジしています。ここでは特に災害を扱った番組を集めました。

過去の名作が全て見放題

2011年03月25日 配信開始

各話一覧

並び順

首都水没

216ポイント 購入する

首都水没

216ポイント 3日間

平成22年(2010)4月、国は報告書「首都圏水没」を公表しました。首都圏を集中豪雨が襲い、荒川や利根川の堤防が決壊。濁流が住宅街や地下空間を襲うような大規模水害の発生を想定し、その被害などをまとめたものです。この報告書を作成した専門家は「絵空事ではない、早急に対策に動くべきだ」と語ります。報告書から首都圏水没のリスクを検証し、最悪のシナリオから人々を守るためにどうすればいいのかを探っていきます。

詳細 お試し無料 ▶

東日本大震災 巨大津波 “いのち”をどう守るのか

216ポイント 購入する

東日本大震災 巨大津波 “いのち”をどう守るのか

216ポイント 3日間

2011年3月11日、甚大な被害をもたらした東日本大震災。三陸沖の海底で何が起きたのでしょうか。NHKや各地の人々がリアルタイムでとらえた映像や被災者の証言、専門家の分析から巨大津波の全ぼうを明らかにします。巨大津波はどのように発生し、海岸の町や集落をどのように襲ったのでしょうか。そして、地震発生から津波が来るまで、人は何を考え、どう行動をしたのでしょうか。命を守るために何が必要なのかを考えます。

詳細 お試し無料 ▶

東日本大震災 “世界最大”の液状化

216ポイント 購入する

東日本大震災 “世界最大”の液状化

216ポイント 3日間

東日本大震災では「液状化現象」も起きて、大きな被害を出しました。その規模は、世界最大と言われます。震災から4か月が過ぎ、これまで分からなかった被害や危険性、対策の難しさが明らかになりました。これは、被災地の復興計画策定に関わるだけでなく、大きな余震があれば、液状化による2次災害につながることも考えられます。液状化に対してどんな備えが必要なのかを探ります。2011年7月放送。

詳細 お試し無料 ▶

巨大津波が都市を襲う ~東海・東南海・南海地震~

216ポイント 購入する

巨大津波が都市を襲う ~東海・東南海・南海地震~

216ポイント 3日間

東日本大震災をきっかけに、これまでの、東海・東南海・南海地震が同時に起きる「3連動地震」の被害と対策案が見直されています。新たな研究から、津波を巨大化するメカニズムが判明。専門家は予測の2倍近くの津波が沿岸を襲うことや、これまで被害を想定していなかった都市にも津波が到達する可能性を指摘します。命を守るために、何をすべきなのか。最新の研究と日本各地の取り組みを伝えます。

詳細 お試し無料 ▶

巨大津波 知られざる脅威

216ポイント 購入する

巨大津波 知られざる脅威

216ポイント 3日間

宮城・気仙沼では、津波が重油タンクや建物を次々と破壊し、大量のガレキと真っ黒な油が港を埋め尽くしました。やがて火災が発生し、大規模な「津波火災」となって、逃げ遅れた人々を襲いました。世界最大の防潮堤を備えていた岩手・宮古市田老(たろう)地区では、津波から住民を守るための備えが思わぬ形で被害を拡大させました。映像と被災者の証言から巨大津波の「知られざる脅威」に迫ります。

詳細 お試し無料 ▶

巨大津波 その時ひとはどう動いたか

216ポイント 購入する

巨大津波 その時ひとはどう動いたか

216ポイント 3日間

宮城県名取市閖上(ゆりあげ)地区では、津波で700人が犠牲になりました。地震発生から津波到達までの1時間10分の間に、人々はどう行動したのでしょうか。住民5600人の安否情報を色分けした「被災マップ」と、津波が来るまでの間に何を考え、どう行動したのかを聞き取りした「行動心理マップ」を作成しました。そこから、防災対策からも抜け落ちていた、災害時に陥ってしまう人々の心理と行動に迫ります。

詳細

東日本大震災 “帰宅困難 1400万人”の警告

216ポイント 購入する

東日本大震災 “帰宅困難 1400万人”の警告

216ポイント 3日間

3月11日、震度5強の東京では鉄道が止まり、1400万人が「帰宅困難」になりました。一斉に帰宅する人々の行動には、多くの危険が潜んでいます。震度6強の地震で東京では、火災や倒壊した建物が道路をふさぎ、そこへ大勢の人や車が押し寄せると、緊急車両は立ち往生し、帰宅する人々も被災する危険が高まります。「帰宅困難」の映像と新たな証言から、地震後すぐに帰宅する危険を洗い出します。2011年10月放送。

詳細 お試し無料 ▶

安全神話 ~当事者が語る事故の深層~

216ポイント 購入する

安全神話 ~当事者が語る事故の深層~

216ポイント 3日間

東日本大震災による東京電力・福島第一原子力発電所の事故は、未曽有の大災害を発生させ、日本の原発の「安全神話」を崩壊させました。これまで、安全性の根拠とされてきたのは、原子力安全委員会が定めた「安全審査指針」です。当事者は、この指針の策定や改訂をめぐって、何を議論して安全を確保しようとしたのか。膨大な議事録とインタビューから、事故原因を検証し、今後の原発のリスクと、どう向き合うのかを探ります。

詳細 お試し無料 ▶

メルトダウン ~福島第一原発 あのとき何が~

216ポイント 購入する

メルトダウン ~福島第一原発 あのとき何が~

216ポイント 3日間

東京電力・福島第一原発事故は、世界最悪規模の放射能汚染を引き起こしました。事故の全容が解明されていない中、取材で集めた証言から中央制御室を再現して、地震と津波が発電所の命綱である電源を喪失させた経緯と、核燃料のメルトダウンが水素爆発に至るまでの状況や、メルトスルーが進行する所内での所員らの事故への対応など、データ分析と証言をもとに事故当日に迫り、今後の原子力との向き合い方を問います。

詳細 お試し無料 ▶

知られざる放射能汚染 ~海からの緊急報告~

216ポイント 購入する

知られざる放射能汚染 ~海からの緊急報告~

216ポイント 3日間

国は東京電力・福島第一原発事故の収束を宣言しましたが、魚からは基準値を大幅に超えた放射性セシウムが検出されています。汚染はどこまで広がり、いつまで続くのでしょうか。NHKは専門家とともに、原発から20キロ圏内の本格的な海の汚染調査と、関東地方の陸から海にかけての広域調査を行いました。その結果、汚染の新たな実態が浮かんできました。「水」を媒介にして魚介類に影響を及ぼす放射能汚染の実態に迫ります。

詳細

原発事故 100時間の記録

216ポイント 購入する

原発事故 100時間の記録

216ポイント 3日間

3・11の東京電力・福島第一原発の事故は、地震と津波の被害への対応を行っていた福島の人々を直撃しました。パニックを恐れた政府は地元の人々に不十分な情報しか与えられず、混乱が続くなか人々は翻弄されて、15万の人々が避難を余儀なくされ、さらに、多くの命を失いました。原発事故が発生してからの100時間に何が起きていたのか。住民、消防団員、東電や政治家ほか、多くの関係者の証言から事故直後の全貌に迫ります。

詳細

映像記録 3.11 ~あの日を忘れない~

216ポイント 購入する

映像記録 3.11 ~あの日を忘れない~

216ポイント 3日間

平成23年(2011)3月11日14時46分に起きたM9の巨大地震は、日本各地をどのように揺らして被害を拡大させたのでしょうか。大津波が襲来するまでの間、人々は何を考えて行動し、そして、目の前に襲いかった大津波からどう避難したのでしょうか。「被災者一人一人の行動と心理が刻まれた記録」として、各地に残された膨大な映像を見直し、その実相と教訓を学びます。

詳細 お試し無料 ▶

38分間 ~巨大津波 いのちの記録~

216ポイント 購入する

38分間 ~巨大津波 いのちの記録~

216ポイント 3日間

岩手県釜石市を襲う巨大津波の一部始終を撮影した「38分間」の映像があります。NHK釜石報道室の記者が撮影しました。そこには建物の屋根に逃れて九死に一生を得た人、家族を助けに戻り命を落とした人など、289人の姿が映っています。撮影した記者と取材チームは289人の、その後の1年の足跡をたどりました。巨大津波の「あの日」と「その後」の記録です。放送文化基金賞、テレビドキュメンタリー部門本賞受賞作品です。

詳細 お試し無料 ▶

調査報告 原発マネー ~“3兆円”は地域をどう変えたのか~

216ポイント 購入する

調査報告 原発マネー ~“3兆円”は地域をどう変えたのか~

216ポイント 3日間

東電福島第一原発事故から1年が経ち、全国の原発立地自治体は原発とどう向き合うかで揺れています。原発を稼働しなければ、国の「交付金」や電力会社の「寄付金」が入らなくなり、財政難に陥る恐れがあります。44の立地自治体へのアンケート調査から、総額3兆円の原発マネーが自治体に支払われてきたことが分かり、原発に依存する立地自治体の姿が明らかになりました。税金と電気料金で賄われる原発マネーの実態に迫ります。

詳細 お試し無料 ▶

東日本大震災 追跡 復興予算19兆円

216ポイント 購入する

東日本大震災 追跡 復興予算19兆円

216ポイント 3日間

東日本大震災の被災地から「復興は進んでいない。お金は一体どこに使われているのか。」という切実な悲鳴が上がっています。被災地復興のためにつぎ込まれる復興予算は平成24年度までに19兆円が計上されていますが、増税を前提につぎ込まれることになった復興予算は一体どのように流れ、どう使われているのでしょうか。「巨額のマネー」の行方を追い、その実態を徹底検証します。

詳細 お試し無料 ▶

東日本大震災 動き出した時間~“旧警戒区域”はいま~

216ポイント 購入する

東日本大震災 動き出した時間~“旧警戒区域”はいま~

216ポイント 3日間 48:59

福島第一原発事故により警戒区域として立ち入り禁止だったエリアの「再編」が2013年5月に完了。放射線量により、地域は、帰る準備を進める所と帰るのが困難な所に分かれた。いま、住民は故郷をどうするのかという選択を、明確に迫られている。2年余り止まっていた工場を再開させようと、社員と共に町に戻った経営者。そして、故郷を離れ、新しい土地で暮らしを再建しようとする人。それぞれの困難と向き合う日々を追った。

詳細 お試し無料 ▶

最期の笑顔~納棺師が描いた東日本大震災~

216ポイント 購入する

最期の笑顔~納棺師が描いた東日本大震災~

216ポイント 3日間 48:59

岩手県の納棺師・笹原留似子さん(39)。東日本大震災による巨大津波に流され、損傷した300人を超える遺体の傷をボランティアで修復、家族に最後の対面をさせてきた。修復された遺体は皆、安らかなほほ笑みを浮かべた表情になり、家族と最後の対面を果たした。家族の対面場面を描いた絵を通じて、悲劇の中に見いだされた家族の愛情の深さと慈しみ、そして人の優しさを見つめ直す。2012年8月に放送した番組のアンコール。

詳細

“災害ヘリ”映像は語る~知られざる大震災の記録~

216ポイント 購入する

“災害ヘリ”映像は語る~知られざる大震災の記録~

216ポイント 3日間 48:59

東日本大震災を空から記録した膨大な映像がある。自衛隊や自治体などのヘリコプターが撮影した被災直後の動画だ。上空から見た映像は、人類が巨大津波を初めて空から捉えた貴重な記録だ。研究者が体系的に解析したところ、震災の知られざる姿が浮かび上がってきた。津波が見せた予想外の挙動。従来の防火の常識が通用しない津波火災の実像。救助にあたった乗組員たちの証言も交えながら、あの日の真実に迫り、減災の教訓を探る。

詳細 お試し無料 ▶

震災BIG DATA(ビッグデータ) File.3 “首都パニック”を回避せよ

216ポイント 購入する

震災BIG DATA(ビッグデータ) File.3 “首都パニック”を回避せよ

216ポイント 3日間 57:59

東日本大震災の際、首都圏の大混乱を克明にとらえたビッグデータが残された。携帯電話の位置情報を解析し、浮かび上がる「異常密集」。毎時4万kmの走行記録から読み解く「大渋滞の謎」。最悪の場合2万3000人の死者が想定される首都直下地震に、東日本大震災の教訓を生かそうという動きが、今、広がっている。私たちはその時までに、そしてその時、何が出来るのか。「震災ビッグデータ」から「新たな防災」の形を導き出す。

詳細 お試し無料 ▶

無人の町の“じじい部隊”

216ポイント 購入する

無人の町の“じじい部隊”

216ポイント 3日間 48:59

福島原発事故後、帰還困難区域でテレビカメラが初めて長期にわたって継続取材したドキュメント。いま福島県大熊町では、退職したばかりの町の元最高幹部6人からなる、自称“じじい部隊”が、将来の住民帰還が不可能にならないように「無人の町」の留守を守り、町の復興・帰還計画をけん引する活動を続けている。四季を通じてこの“じじい部隊”の活動を追い、断片的にしか伝えられてこなかった帰還困難区域の全貌と現状に迫る。

詳細 お試し無料 ▶

被災地 こころの軌跡~遺族たちの歳月~

216ポイント 購入する

被災地 こころの軌跡~遺族たちの歳月~

216ポイント 3日間 48:59

2万人ものかけがえのない命が奪われた東日本大震災から3年。NHKは、これまで1000人を超える遺族を継続的にたずね、一人一人の暮らしを記録し続けてきた。妻と息子夫婦、孫を失った消防団の男性。6歳の娘を亡くした女性。母親を亡くした高校生。夫と父、一人息子を失った女性…。そこには、それぞれに異なる3年の歩みがあった。被災者1200人へのアンケートも交え、遺族たちの歳月を見つめる。

詳細

あの日 生まれた命

216ポイント 購入する

あの日 生まれた命

216ポイント 3日間 44:29

東日本大震災で多くの命が失われた3年前のあの日、被災地で110を超える新しい命が誕生していた。家族や故郷が一瞬にして奪われたあの日。不安に押しつぶされそうになりながら産んだ母親。大切な人を亡くした悲しみの中で、自分だけが喜べないという母親。それでも「我が子の笑顔を守りたい」という思いで、家族はさまざまな困難を乗りこえてきた。被災地で生まれた命を守り抜いてきた家族たちの3年と未来への希望を見つめる。

詳細 お試し無料 ▶

メルトダウン meltdown File.4 放射能“大量放出”の真相

216ポイント 購入する

メルトダウン meltdown File.4 放射能“大量放出”の真相

216ポイント 3日間 49:04

シリーズ第4弾。“最大の謎”放射性物質大量放出の原因に迫る。福島第一原発事故でまき散らされた放射性物質は、チェルノブイリに次ぐ量に上り、いまだに14万人近くが避難を余儀なくされている。しかし今も、大量の放射性物質が、なぜ、どのようにして放出されたのか、明らかになっていない。科学的な検証と関係者の証言から真相に迫る。 放送以外の配信の許諾が得られなかったため、一部映像を編集してお伝えします。

詳細 お試し無料 ▶

シリーズ 廃炉への道 第1回 放射能“封じ込め”果てしなき闘い

216ポイント 購入する

シリーズ 廃炉への道 第1回 放射能“封じ込め”果てしなき闘い

216ポイント 3日間 01:12:59

史上最悪規模の事故を起こした東京電力福島第一原子力発電所。溶け落ちた核燃料を取り出し、処分する「廃炉」が始まろうとしている。40年ともいわれる長い時間をかけて、3つの原子炉を「廃炉」する人類史上例を見ない試みはどのような経過をたどるのか。大型シリーズ「廃炉への道」では、原発のみならず、「廃炉」の行方を固ずをのんで見守る福島の人びとなど、放射能との長きにわたる闘いを長期にわたり多角的に記録していく。

詳細

シリーズ 廃炉への道 第2回 誰が作業を担うのか

216ポイント 購入する

シリーズ 廃炉への道 第2回 誰が作業を担うのか

216ポイント 3日間 49:04

40年かかるという福島第一原発の廃炉計画。長い戦いの成否は原発作業員に委ねられている。開始から3年目、すでに現場では作業員の不足が危ぶまれている。NHKが独自に長期シミュレーションを行ったところ、溶けた核燃料の取り出しが本格化するころには、作業員が急激に減るという結果が出た。作業員の確保という視点から廃炉現場の実態を描く。放送以外の配信の許諾が得られなかったため、一部映像を編集してお伝えします。

詳細

シリーズ東日本大震災 「防潮堤 400キロ~命と暮らしを守れるか~」

216ポイント 購入する

シリーズ東日本大震災 「防潮堤 400キロ~命と暮らしを守れるか~」

216ポイント 3日間 48:59

津波に破壊された防潮堤。災害を構造物で防ぐことの限界が明らかになった。あれから3年。東北の被災地では防潮堤の再建をめぐって議論が続いている。高さ最大15m、総事業費1兆円の巨大公共事業。漁場や景観を壊すことなく漁業や観光などの生業も守るにはどうすればいいか。防潮堤の過信による避難の遅れを避けるには何が必要なのか。東北の人々の選択を見つめながら、次に日本列島を襲う津波にどう備えるか、考えていく。

詳細 お試し無料 ▶

シリーズ東日本大震災 「救えたかもしれない命~災害死・4年目の検証~」

216ポイント 購入する

シリーズ東日本大震災 「救えたかもしれない命~災害死・4年目の検証~」

216ポイント 3日間 48:59

東日本大震災で亡くなった人々の中に、救えた命はどれくらいあったのか?震災から3年あまり、当時被災地で救命に携わった医師たちによって「防ぎ得た災害死」の検証作業が始まっている。岩手・宮城の40の病院を訪ね、震災があった3月に亡くなった全ての患者について、死亡した原因や経緯を調査、災害医療の課題をあぶりだそうとしている。将来の大規模災害で、一人でも多くの命を救うにはどすればよいのか?そのヒントを探る。

詳細

シリーズ東日本大震災 「復興 正念場の夏~“建設バブル”と被災地~」

216ポイント 購入する

シリーズ東日本大震災 「復興 正念場の夏~“建設バブル”と被災地~」

216ポイント 3日間 49:04

景気回復と増える公共事業、そして2020年の東京五輪…全国で「建設バブル」といえる状況が生まれている。その結果、被災地では人手が足りず資材や人件費が高騰するなど大きな影響が出ている。そうした中、復興を進めようと走り回る被災地の建設会社、宮城県、そして被災者の動きに密着。苦闘する男たちを追いながら、復興の進め方を考える。 放送以外の配信の許諾が得られなかったため、一部映像を編集してお伝えします。

詳細 お試し無料 ▶

シリーズ東日本大震災 「私たちの町が生まれた~集団移転・3年半の記録~」

216ポイント 購入する

シリーズ東日本大震災 「私たちの町が生まれた~集団移転・3年半の記録~」

216ポイント 3日間 48:59

被災地での大規模集団移転事業のトップを切って引っ越しが始まった宮城県岩沼市。津波で壊滅した沿岸部から3km内陸に入った農地を造成、人口千人の新しい町が誕生する。背景には、震災前からのコミュニティーを大切にした行政の方針と、新しい町について3年間で120回以上にわたって徹底的に話し合った住民たちの努力があった。「自分たちの町は自分たちで作る」と住民がさまざまな困難を乗り越えた3年にわたる奮闘を追う。

詳細 お試し無料 ▶

メルトダウン meltdown File.5 知られざる大量放出

216ポイント 購入する

メルトダウン meltdown File.5 知られざる大量放出

216ポイント 3日間 58:04

独自の取材と科学的検証を重ね、福島第一原発の事故の真相に迫るシリーズ「メルトダウン」。 事故から4年近くたって浮かび上がった「知られざる大量放出」に迫る。 公的な事故調査は、事故から最初の4日間を対象としてきたが、新たに入手した放射線量のデータなどを解析すると、これまでの「常識」を覆す放出と汚染の実態が分かってきた…。 放送以外の配信の許諾が得られなかったため、一部映像を編集してお伝えします。

詳細 お試し無料 ▶

シリーズ東日本大震災 「38万人の甲状腺検査~被ばくの不安とどう向き合うか~」

216ポイント 購入する

シリーズ東日本大震災 「38万人の甲状腺検査~被ばくの不安とどう向き合うか~」

216ポイント 3日間 48:59

福島県で18歳以下のすべての子どもを対象に、30年かけて行う大規模な甲状腺検査が行われている。原発事故によって放出された放射性ヨウ素をどれだけ一人一人が取り込んだのかわかっていないことが背景にあるが、今、検査について住民の不安や不信が出るなど、先行きが不透明だ。原発事故以来、住民たちが抱えている“不安”にどう向き合い、どう継続して健康を見守っていけばいいのか、住民側、医療側を取材しながら考える。

詳細 お試し無料 ▶

シリーズ阪神・淡路大震災20年 大都市再生 20年の模索

216ポイント 購入する

シリーズ阪神・淡路大震災20年 大都市再生 20年の模索

216ポイント 3日間 48:59

都市が一瞬にして崩壊した阪神・淡路大震災。住まいをどう確保するのか、いかに都市を再生させるのか、闘いの最前線に立ったのが、神戸の行政担当者たちだった。そして“奇跡の復興”を果たしたとされる神戸。しかし、にぎわいが戻らない商店街もあり、空き地も点在。今も復興事業は終わっていない。行政担当者の模索から、何を学び、次の災害にどう生かすのか。被災地復興の20年を見つめる。

詳細 お試し無料 ▶

シリーズ阪神・淡路大震災20年 都市直下地震 20年目の警告

216ポイント 購入する

シリーズ阪神・淡路大震災20年 都市直下地震 20年目の警告

216ポイント 3日間 48:59

阪神・淡路大震災をきっかけに、大地震のリスクを予測しようとしてきた科学者たち。各地の危険性の高い活断層を調査し、注意を呼びかけてきた。しかし想定外の地震が相次ぎ、次の大地震がいつ、どこでおきてもおかしくない状況だ。さらに、最新の研究からは、都市に急増する超高層ビルにもリスクがあることがわかってきた。都市が一瞬で崩壊したあの日から20年、私たちはどう備えていけばいいのか? 20年目の警告とは?

詳細

シリーズ東日本大震災 「傷ついた人に寄り添って~黒田裕子・被災者支援の20年~」

216ポイント 購入する

シリーズ東日本大震災 「傷ついた人に寄り添って~黒田裕子・被災者支援の20年~」

216ポイント 3日間 48:59

阪神淡路大震災からまもなく20年という2014年9月、元看護師でボランティアの黒田裕子さんが亡くなった。20年前から、黒田さんは災害支援の道を切り開いてきた。阪神以後も、能登、中越、東日本、四川やハイチまで被災地に飛び、今、被災地で当たり前のように行われる取り組みは、黒田さんがゼロから立ち上げたものが多い。カメラは黒田さんの病床での3日間を記録、最期のメッセージに耳を傾けた。

詳細 お試し無料 ▶

史上最大の救出~震災・緊急消防援助隊の記録~

216ポイント 購入する

史上最大の救出~震災・緊急消防援助隊の記録~

216ポイント 3日間 48:59

震災直後、津波で1万人以上が孤立し最大の救助現場となった宮城県。自衛隊などと救助にあたったのが全国の消防に属する緊急消防援助隊だった。阪神・淡路大震災後に発足したこの隊が全国規模で動くのは史上初。見事な救出劇の一方で、津波による溺死を免れながら低体温症で亡くなった人など、救えなかった命もあったことを隊員たちは胸に刻んでいる。最前線を記録した未公開映像と隊員たちの証言から命を救うための教訓を探る。

詳細 お試し無料 ▶

それでも村で生きる~福島 “帰還”した人々の記録~

216ポイント 購入する

それでも村で生きる~福島 “帰還”した人々の記録~

216ポイント 3日間 48:59

原発事故で、9つの町村が自治体ごと避難を強いられた福島県。川内村はこれらの町村の中でいち早く「帰村」を宣言、住民の帰還を目指してきた。しかし、帰村後の再生の道のりは厳しい。中間貯蔵施設の整備が遅れ、除染で出た廃棄物は村内に置かれたまま。そして、放射線への不安などから、若い世代の多くは村に戻って来ない。「復興のフロントランナー」川内村のいまを見つめ、事故から4年がたつ福島が抱える問題を考える。

詳細

シリーズ東日本大震災 「震災4年 被災者1万人の声 ~復興はどこまで進んだのか~」

216ポイント 購入する

シリーズ東日本大震災 「震災4年 被災者1万人の声 ~復興はどこまで進んだのか~」

216ポイント 3日間 01:12:59

震災から4年。一人一人の暮らしの復興は進んでいるのか、1万人規模のアンケートを実施した。すると、4年たっても生活の厳しさが改善していないこと、仮設住宅での暮らしが住民を追いつめていること、心が突然折れる人が出ていることなど、深刻な悩みが見えてきた。どうしたら「暮らしの再建」を進めることができるのか。現場のルポに加え、アンケートのデータや自由記述欄を丹念に読み解きながら、具体的な方策を考える。

詳細

もう一度“ふるさと”を~岩手・陸前高田の4年間~

216ポイント 購入する

もう一度“ふるさと”を~岩手・陸前高田の4年間~

216ポイント 3日間 49:00

津波で市街地が壊滅した岩手県陸前高田市。いま総事業費1600億円という被災地最大の復興事業が進む。平地に高さ12mのかさ上げ地を造成し、新たな街をつくる計画。実は多くの住民は、津波への恐怖から内陸の高台への移転を望んでいた。しかし必要な面積を確保できず、やむなく平地をかさ上げすることになったことから、どれだけの人々が戻ってくるのか先の見えない状態が続く。震災から4年。揺れ動く人々の思いをみつめる。

詳細

震災ビッグデータ File.4 いのちの防災地図~巨大災害から生き延びるために~

216ポイント 購入する

震災ビッグデータ File.4 いのちの防災地図~巨大災害から生き延びるために~

216ポイント 3日間 42:59

巨大災害から生き残るための教訓を探るシリーズ「震災ビッグデータ」。東日本大震災のさい避難生活を強いられた人は47万人。生活に必要な物資が不足する中で命を落とした人も少なくない。NHKは避難生活にまつわるさまざまなビッグデータを入手し、その全貌の解明を試みた。物流が断絶した知られざる原因、人々が求めた意外なもの、そして次の巨大災害の時どのように避難先を確保すればよいのか、新たな知見が見えてきた。

詳細

“あの日の映像”と生きる

216ポイント 購入する

“あの日の映像”と生きる

216ポイント 3日間 48:59

震災当日、多くの住民が津波の映像を撮影した。それは貴重な教訓を未来につなぐものとなったがそれから4年、映像を撮った人や映っていた人、そして残された家族はその映像に向き合いながらどう生きるべきか葛藤を続けている。亡くなった家族のことを忘れまいと映像を見続けている人。自分が津波で流される様子が記録された映像を使って、全国で命の尊さを訴え続けている夫婦…。あの日撮影された映像にまつわる、知られざる物語。

詳細

命と向きあう教室~被災地の15歳・1年の記録~

216ポイント 購入する

命と向きあう教室~被災地の15歳・1年の記録~

216ポイント 3日間 48:59

宮城県の鳴瀬未来中学校の3年生が授業で「命」と向き合った。これまで学校で、ほとんど触れてこなかった震災の記憶。それを毎月作文につづって発表し、感想を伝え合う。親しい人を亡くした悲しみを抱えて苦しんでいた生徒を心配した先生が、児童心理や教育学の専門家と相談して始めた。つらい気持ちを吐露する友に寄り添い、涙ながらに言葉を探す同級生。前に進むために、ともに命とは何かを考え続けた15歳の1年を見つめた。

詳細 お試し無料 ▶

廃炉への道 2015 「“核燃料デブリ”未知なる闘い」

216ポイント 購入する

廃炉への道 2015 「“核燃料デブリ”未知なる闘い」

216ポイント 3日間 48:59

未曽有の原発事故を起こした福島第一原発で進む、世界でも例のない「廃炉」の取り組みを記録するシリーズ。廃炉の最大の難関“核燃料デブリ”との闘いに迫る。今なお位置さえ特定できていないデブリ。素粒子を使った“透視”や、ロボットカメラなど、最新の技術を使ってデブリの姿を捉えようという試みが急ピッチで進む。最新の研究ではデブリに潜むリスクも浮かび上がった。未知なる闘いの最前線をルポする。

詳細 お試し無料 ▶

シリーズ東日本大震災 「故郷(ふるさと)つなぐ相馬野馬追~原発事故5年目の夏~」

216ポイント 購入する

シリーズ東日本大震災 「故郷(ふるさと)つなぐ相馬野馬追~原発事故5年目の夏~」

216ポイント 3日間 48:59

福島県相馬地方で7月下旬に行われた「相馬野馬追」。2015年、今も原発事故による避難を続ける住民たちが、特別な思いを抱いて参加した。仕事のため、埼玉に避難する家族と離ればなれで暮らす男性。元の自宅に住めず新たな土地で住宅を探す家族…。事故から4年以上たってなお、事故の影響に翻弄される住民たちだが、野馬追のときには一斉に集まり、ふるさととつながり続ける意味を確認する。祭りにかける人々の姿を追った。

詳細 お試し無料 ▶

東日本大震災 「“津波の海”を潜る~三陸・破壊と回復の5年間~」

216ポイント 購入する

東日本大震災 「“津波の海”を潜る~三陸・破壊と回復の5年間~」

216ポイント 3日間 48:59

東日本大震災の津波で大きな被害を受けた三陸の海。あの日、海の中で何が起き、それによって生態系にどういう影響が出たのか、さまざまな分野の研究者たちが調査を続けている。それによると、思わぬ形で複雑に影響が出たことやその影響が今も出続けていること、一方で、場所によっては想像以上に回復しているところもあるなど、知られざるメカニズムが少しずつ明らかになってきた。さまざまな水中映像によって海の生命力に迫る。

詳細 お試し無料 ▶

東日本大震災 「追跡 原発事故のゴミ」

216ポイント 購入する

東日本大震災 「追跡 原発事故のゴミ」

216ポイント 3日間 48:59

東京電力福島第一原発の事故によって東日本に降り注いだ放射性物質。汚染された土や稲わらなどのかたちで発生した廃棄物(ゴミ)は全国でおよそ3千万tを超えると国は推計してきた。ところが、どこに、どのような状態で置かれているのか、これまで全体像ははっきりしてこなかった。それが今回、大規模な自治体へのアンケートで初めて明らかになった。処分の方策すら見つからないこうしたゴミとどう向き合えばよいのか、考える。

詳細 お試し無料 ▶

「震度7 何が生死を分けたのか~埋もれたデータ 21年目の真実~」

216ポイント 購入する

「震度7 何が生死を分けたのか~埋もれたデータ 21年目の真実~」

216ポイント 3日間 48:59

21年前、被災直後に集められた「生と死」に関するデータ。死の原因、家屋の倒壊状況、火災の広がり方、救助の動き…。数十万件におよぶデータはさまざまな教訓を導き出した一方で、必ずしも十分な分析を受けないまま残されてきた。これらを最新の「データビジュアライゼーション技術」で、時間経過も組み合わせて分析すると、都市直下地震がどのように命を奪うのか、その知られざる姿、そして残されたままの課題が見えてきた。

詳細

東日本大震災 「原発事故5年 ゼロからの“町再建”~福島 楢葉町の苦闘~」

216ポイント 購入する

東日本大震災 「原発事故5年 ゼロからの“町再建”~福島 楢葉町の苦闘~」

216ポイント 3日間 48:59

2015年9月、原発事故による避難指示が解除された福島県楢葉町。しかし商店や働く場、医療機関などが戻らず、4か月たっても帰還した住民はわずか5%にとどまる。町の存続をかけて商店や企業の帰還推進や誘致に奮闘する職員たち。しかしその前には、一自治体では解決できないさまざまな壁が立ちはだかる。原発事故で何年もの間、人の暮らしが消えた“空白の町”は作り直せるのか。その試金石である楢葉町の苦闘を見つめる。

詳細 お試し無料 ▶

「“原発避難”7日間の記録~福島で何が起きていたのか~」

216ポイント 購入する

「“原発避難”7日間の記録~福島で何が起きていたのか~」

216ポイント 3日間 48:59

原発の状況や放射性物質の行方など、重要な情報が住民に届かなかった福島第一原発事故。人々はいかに過酷な状況に置かれていたのか。渦中にいた人たちが重い口を開き始めている。NHKは、住民、自治体職員、国の関係者など取材。さらに膨大な証言や当時のメモ、映像記録を収集。混乱の中、迫られた重い判断や、取り残された人たちの壮絶な日々が明らかになってきた。ビッグデータも活用し、事故直後の7日間を徹底再現する。

詳細 お試し無料 ▶

「被曝(ひばく)の森~原発事故 5年目の記録~」

216ポイント 購入する

「被曝(ひばく)の森~原発事故 5年目の記録~」

216ポイント 3日間 58:00

福島第一原発事故によって7万人もの住民が強制避難して生まれた広大な無人地帯。5年の歳月で、世界に類を見ない生態系の激変が起きている。人を恐れないイノシシの群れが白昼堂々と街なかを歩き、ネズミやアライグマが住宅に侵入して荒らすなど「野生の王国」化が進む。原発事故が生んだ“被ばくの森”は今どうなっているのか? 生物への放射能の影響は? 世界中の科学者たちの調査から明らかになる避難地域の5年目の記録。

詳細 お試し無料 ▶

「ゼロから町をつくる~陸前高田・空前の巨大プロジェクト~」

216ポイント 購入する

「ゼロから町をつくる~陸前高田・空前の巨大プロジェクト~」

216ポイント 3日間 48:59

津波で中心市街地の機能が全て失われた岩手県陸前高田市。被災地最大規模の造成費を投入し、町をまるごと作り直すという未曽有の復興事業が進められてきた。市街地の再生を担う市役所では、公共施設と商店街を組み合わせた最先端の町づくりを進めるなど、起死回生の戦略を打ち出し始めた。しかし、人口の流出が加速し、町づくりは大きな正念場を迎えている。ゼロからの町づくりに挑む人々に密着し、被災地再生のヒントを探る。

詳細 お試し無料 ▶

「私を襲った津波~その時 何が起きたのか~」

216ポイント 購入する

「私を襲った津波~その時 何が起きたのか~」

216ポイント 3日間 42:59

1万8000人を超える犠牲者を出した東日本大震災の巨大津波。膨大な映像が残されたが、実は映像に残されていない場所で多くの命が失われていた。津波に巻き込まれると何が起きるのか、なぜ命を奪う力を持っているのか。今回、津波に襲われた人たちの体験を最新技術で映像化。流されている最中、水中、そして建物の中などでの津波のメカニズムを明らかにする。知られざる津波の脅威を描き、改めて東日本大震災に向き合う。

詳細

東日本大震災 「“26兆円” 復興はどこまで進んだか」

216ポイント 購入する

東日本大震災 「“26兆円” 復興はどこまで進んだか」

216ポイント 3日間 58:04

全額国費で26兆円の復興予算をかけて進められてきた東日本大震災からの復興。被災地はどう変わり、どこに可能性や課題が見えてきたのか、膨大なデータを元に伝える。 放送以外の配信の許諾が得られなかったため、一部映像を編集してお伝えします。

詳細

「原発メルトダウン 危機の88時間」

216ポイント 購入する

「原発メルトダウン 危機の88時間」

216ポイント 3日間 01:29:00

2011年、世界最悪レベルの事故を起こした東京電力・福島第一原子力発電所。最前線で人々が何を考え、どう行動していたのか、関係者500人を取材し全貌に迫る。想像以上に混乱を極めていた原発内部、「東日本壊滅を覚悟した」と吉田昌郎所長が語った過酷な現場…。事態が最も深刻化した“88時間”を徹底再現、水素爆発や巨大津波なども詳細に映像化し、原発という“密室”で、人類史上初めて直面した事態をひもといていく。

詳細

緊急報告 熊本地震 「活断層の脅威」

216ポイント 購入する

緊急報告 熊本地震 「活断層の脅威」

216ポイント 3日間 49:29

震度7の激震に見舞われた熊本県。これまでに9人の死亡が確認され、けが人は1000人以上に上る。専門家はこの地域に存在する活断層の一部がずれ動いて地震が起きた可能性があるとみているが、異例なほど“余震”活動が活発で、その発生メカニズムにはまだ謎が多い。命が失われる被害はどのようにして引き起こされたのか。今なお続く“余震”活動は活断層にどのような影響を与えるのか。現地での緊急取材から報告する。

詳細

廃炉への道2016 「核燃料デブリ 迫られる決断」

216ポイント 購入する

廃炉への道2016 「核燃料デブリ 迫られる決断」

216ポイント 3日間 48:59

メルトダウンした3つの原子炉を同時に「廃炉」にする前例のない闘いが続く福島第一原発。最大の難関“核燃料デブリ”の取り出しに向け、大きな岐路に立っている。極めて強い放射線に耐え、放射性物質の飛散も防ぎながら、デブリを安全に取り出せるのか。技術開発の現場は困難に直面し続け、デブリを直接確認する調査も大幅に遅れている。デブリをどう取り出すか、大方針を決めるまであと1年、決断の時が迫る最前線をルポする。

詳細 お試し無料 ▶

廃炉への道2016 「調査報告 膨らむコスト~誰がどう負担していくか~」

216ポイント 購入する

廃炉への道2016 「調査報告 膨らむコスト~誰がどう負担していくか~」

216ポイント 3日間 53:59

廃炉など東京電力福島第一原発の事故に費やす費用はどれほどなのか。NHKが独自に取材したところ、膨らんできていることが明らかになった。これらの費用は本来、東京電力が負担することになっているが、それが難しいため国民が一部を負担することで仕組みが成り立っている。40年とされる廃炉を進めるためにコスト面で課題となっていることは何か、負担の仕組みはどうなっているか、そして今後に向けて何が必要か、考える。

詳細

キャスト

これもチェック

 Nスペ 災害を見た人は、こんな作品も見てます!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001