ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り

大岡越前 

大岡越前守忠相と徳川吉宗、医師・榊原伊織という3人の男たちの友情、そして大岡家の人々、奉行所や江戸の町の仲間たちとの温もりあふれる交流を描く時代劇。

過去の名作が全て見放題

2013年03月31日 配信開始

各話一覧

並び順

1回 町火消誕生

216ポイント 購入する

1回 町火消誕生

216ポイント 3日間 42:59

木造家屋が密集する江戸の町では火事が大きな問題となっていた。大岡忠相(東山紀之)は将軍・吉宗(平岳大)に命じられ「町火消」の編成を模索する。それまでは旗本が管轄する「定火消」が火消しを受け持っていたが、旗本の威を借り傍若無人に振る舞う定火消は問題を抱えていた。それまで火消しの手伝いをしていたとび職人たちを中心に、より組織化され訓練された町火消を作り上げようとした忠相だったが定火消たちの妨害が入る。

詳細

2回 狙われた越前

216ポイント 購入する

2回 狙われた越前

216ポイント 3日間 42:59

このところ急に評判を上げた一膳飯屋「ふたば」は、実は「山背の伊佐治」(高知東生)率いる盗人集団の隠れ家だった。伊佐治の一味・お鈴(宮本真希)は、忠相(東山紀之)を敵と狙っていた。忠相が伊勢山田奉行だった頃、弟の太一を忠相に殺されたと伊佐治に聞かされていたのだ。「ふたば」を怪しいとにらんだ忠相は捜索に乗り出すが、途中、お鈴に斬りかかられる。…実は太一は伊佐治に殺されていて、お鈴はだまされていたのだ。

詳細

3回 父、白洲に座す

216ポイント 購入する

3回 父、白洲に座す

216ポイント 3日間 42:59

大工の留吉(松崎悠希)が、忠高(津川雅彦)邸の屋根の修理にやってきた。が、屋根に穴を開けたまま2~3日たってもやってこない。忠高が留吉を訪ねると、留吉は家賃を滞納し大家(寺田農)に道具箱を取り上げられていた。忠高が立て替えたが、800文足りないと、大家は道具箱を返さない。怒った忠高は大家を殴ってしまう。それが訴えられ、白洲に引きずり出される忠高。息子・忠相(東山紀之)の裁きを受けることになるが…。

詳細

4回 しじみ売りの少年

216ポイント 購入する

4回 しじみ売りの少年

216ポイント 3日間 42:59

雪絵(国仲涼子)や三次(近藤芳正)も懇意にしているしじみ売りの八神郁太郎(鈴木福)。その父・直介(中村靖日)が人殺しの疑いで捕まった。父の無罪を信じ、けなげに待つ郁太郎は、やがて自分で父の潔白を証明しようと動き始める。その途中、事件の黒幕で直介の友人・松田金吾(石橋保)に捕らわれてしまう。郁太郎を助け出し、真相に迫った忠相(東山紀之)はお白洲で金吾を裁き、八神親子の絆を今一度確かめさせるのだった。

詳細

5回 名裁き餅騒動

216ポイント 購入する

5回 名裁き餅騒動

216ポイント 3日間 42:59

江戸で評判の「幾代餅」。その販売権をめぐって、新規の椿屋と元祖の三好屋がしのぎを削っている。その争いは瓦版屋の扱うところとなり、江戸の風紀を乱すまでに発展してしまう。椿屋夫婦に幾代餅の販売を進めたのは、お忍びで町に出ていた吉宗(平岳大)であった。それも関係して、吉宗は忠相(東山紀之)に事態の収束を促す。自分が元祖と訴え出た三好屋と訴えられた椿屋。どちらも平等に裁くために忠相が考え出した秘策とは…。

詳細

6回 手鎖(てぐさり)御用旅

216ポイント 購入する

6回 手鎖(てぐさり)御用旅

216ポイント 3日間 42:59

若手同心・片瀬賢太郎(加藤頼)は、大岡忠相(東山紀之)の命を受け、甲州石和から江戸まで文吉という罪人を護送することになった。ある金貸しに傷を負わせ、金子十両を盗んだ罪であったが、この罪には裏があると忠相はにらんでいた。文吉は無宿者であったが、性根の悪い人間ではないことを道中に知ることとなる賢太郎。実は文吉は、昔世話になった奉公先のお嬢様が苦界に身をやつしているのを助けるために罪を犯したのだった。

詳細

7回 つきまとい

216ポイント 購入する

7回 つきまとい

216ポイント 3日間 42:59

雪絵(国仲涼子)の独身時代の友人・香織(大路恵美)は、商家に嫁いでいる。二人は久しぶりに再会するが、雪絵は香織の様子がおかしいことに気づく。実は、香織は昔一度だけ関係を持った男に付きまとわれていた。男は大店(おおだな)の息子で、母親から極端に甘やかされて育っており、香織の弱みにつけ込んで無理やり関係を持ったことで香織を苦しめていた。雪絵は忠相(東山紀之)に相談できないまま、香織を救おうとするが…。

詳細

8回 雨の夜の辻斬り

216ポイント 購入する

8回 雨の夜の辻斬り

216ポイント 3日間 42:59

南町奉行所の面々は、ここのところ連続して発生している辻斬(つじぎ)りの下手人を追っていた。ある夜、同心たちは探索中に辻斬りに出くわすが、取り逃がしてしまう。そのときの目撃者、浪人の宮野辺誠四郎(野久保直樹)とともに、さらに見回りを続ける一同。やがて忠相(東山紀之)は、辻斬りが必ず雨の夜に起きていることに気づく。宮野辺との縁から忠高(津川雅彦)も辻斬りに巻き込まれそうになったとき…忠相の剣がうなる。

詳細

9回 嘘つき婆さんの涙

216ポイント 購入する

9回 嘘つき婆さんの涙

216ポイント 3日間 42:59

おはま(中村玉緒)は、ケチなスリで生計を立てているが、不思議と憎めない人物で、とりわけ養生所の医師・榊原伊織(勝村政信)は、何かと面倒を見ていた。ある日、遠い昔におはまが大阪に置いてきた息子(星田英利)が出世して、江戸にやってくるという。おはまは、息子への手紙で、自分は現在大だなのご隠居となっているとうそを言っていた。うそを隠そうと焦るおはまは、期せずしてヤクザ者の片棒を担ぐことになってしまう。

詳細

10回 天下の大喧嘩(最終回)

216ポイント 購入する

10回 天下の大喧嘩(最終回)

216ポイント 3日間 42:59

尾張の大名・徳川宗春(渡辺大)は、吉宗(平岳大)に対抗しようと、江戸の町でろうぜきを働いていた。そんな中、宗春は、大岡忠相(東山紀之)の失脚を狙って、父の忠高(津川雅彦)にちょっかいを出し、刀を抜かせようとするが、反対に自分の刀で自らを傷つけてしまう。そのことが江戸城内でも大問題となり、将軍家と尾張家は一触即発という事態にまで発展する。解決のために、忠相は、命をかけて尾張家屋敷へと乗り込んでゆく。

詳細

(1)「縛られたお地蔵様」

216ポイント 購入する

(1)「縛られたお地蔵様」

216ポイント 3日間 42:59

正月、鯖江家に白絹を納めることになった絹物問屋の主人・松屋四郎兵ヱ。侍に因縁をつけられけがをする。そこで代わりに、手代の新助が白絹を運ぶことに。当日、新助が荷を運ぶ途中で休憩した隙に、白絹が盗まれる。事情を聞いた大岡忠相(東山紀之)は、荷がなくなった現場にいた地蔵を白州で裁くと言う。同心の筧(金山一彦)はじめ捕り方が地蔵を捕まえに行くと、大勢の見物人たちが。果たして地蔵相手に越前は何を裁くのか?

詳細

(2)「うそつき女と若様」

216ポイント 購入する

(2)「うそつき女と若様」

216ポイント 3日間 42:59

雪絵(ミムラ)が、市中で母親を捜す子供・三之助(寺田心)に出会い、家に連れ帰る。しかし目を離した隙に三之助が消える。三之助はうそをついて金をだまし取る“うそつき女”と評判のお安(浅野温子)の家に身を寄せていた。三之助の母親捜しにつきあうお安。三之助の持ち物から、良家の若様らしいとわかり、三之助をその屋敷に連れて行く。同じ頃、三次(近藤芳正)の協力で三之助を捜していた雪絵が、同じ屋敷に乗り込むと…。

詳細

(3)「夜がらすの涙」

216ポイント 購入する

(3)「夜がらすの涙」

216ポイント 3日間 42:59

人助けをした忠高(津川雅彦)。助けた娘の祖父で米問屋の主・田丸屋善右衛門(神田正輝)が、お礼に米を小石川養生所に運ぶことに。後日米を届けに来た善右衛門を、仮病を使って養生所暮らしをしている松吉が見て、昔の顔見知りとピンとくる。そして善右衛門を訪ねると言い残し養生所を去る。ところが松吉が殺されている姿で発見され、犯人を捜す越前(東山紀之)たちは、善右衛門に松吉を確認させるが善右衛門は知らないと言う。

詳細

(4)「将軍さま怒る」

216ポイント 購入する

(4)「将軍さま怒る」

216ポイント 3日間 42:59

お忍びでだんご屋に行った吉宗(平岳大)が、金貸しの金兵衛(斉藤暁)から、夫の作蔵の借金について、しつこい取り立てにあっているおしのを助けようとする。そこに岡っ引きの権吉(永澤俊矢)が現れ、十手をかさに吉宗を侮辱する。腹を立てた吉宗は、突然、南町・北町の両奉行を呼び出し、岡っ引きを廃止すると言いだす。そこで越前(東山紀之)は、悪い岡っ引きを一掃すると約束し、猶予をもらって、権吉について調査を始める。

詳細

(5)「夢で拾った革財布」

216ポイント 購入する

(5)「夢で拾った革財布」

216ポイント 3日間 42:59

海に近い芝浜で殺しの事件が起き、五十両の入った革財布が無くなる。犯人と財布を捜す南町奉行所の面々。一方、魚屋の魚勝(金児憲史)が芝浜で大金が入った財布を見つけ、近所の人と飲み食いで使ってしまう。酔いつぶれた魚勝が目を覚まし、妻のおちせ(田畑智子)に拾った金のことを聞くと、おちせは、そんな金はない、夢じゃないのかと言う。混乱する魚勝。そこに、落とした財布を返してくれという男(相島一之)が現れて…。

詳細

(6)「源さん恋をする」

216ポイント 購入する

(6)「源さん恋をする」

216ポイント 3日間 42:59

身寄りのない子供たちの面倒を見る於満紀(樫山文枝)に心ひかれる源次郎(高橋長英)。実は於満紀は、老中の水野(渋谷哲平)の養母だった。その於満紀が人を殺したと言って奉行所に現れる。どうやら誰かをかばっているらしい。手がかりを探す源次郎。一方心配した水野が於満紀に会いに行くが、縁は切ったはずとかたくなに拒まれてしまう。やがて越前(東山紀之)は、水野のライバルである老中が背後に関係していることをつかむ。

詳細

(7)「過去を失くした男」

216ポイント 購入する

(7)「過去を失くした男」

216ポイント 3日間 42:59

アヘンの抜け荷の取り締まりを行う南町奉行所。大岡越前(東山紀之)が先頭に立ち、取り引き現場を押さえようとするが失敗する。奉行所では内部に情報を流したものがいるのではとの疑いが持ち上がり、同心の田所(寺島進)が、北町奉行所の同心で親しい後輩の沢田(高岡奏輔)に会いに行く。沢田は最近素行が良くないとの評判があった。その沢田が突然何者かに襲われ、頭を強く打って記憶を失ってしまう。

詳細

(8)「天下の御前白洲」(最終回)

216ポイント 購入する

(8)「天下の御前白洲」(最終回)

216ポイント 3日間 42:59

吉祥院の住職・白善(鈴之助)が、炭問屋秋田屋の守本尊である観音様を、寄進の約束があると言って、強引に手に入れようとしていた。困った秋田屋が懇意にしている同心・筧(金山一彦)に相談、事情を探ると寺社奉行(小野武彦)が関わっている様子が。さらに寺社方の領分に町方は手出し無用と言われ、いらだちを募らせる町奉行所の面々。そこで忠相(東山紀之)が、解決のために、ある大胆な案をひねり出す。

詳細

キャスト

これもチェック

 大岡越前 を見た人は、こんな作品も見てます!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001