ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り

昭和の選択

「外交」を巡る問題はどの時代でも極めて重要なテーマ。戦前、国際社会の枠組みから離脱し、戦後に復帰を果たすことになった日本の、二つの選択を見つめていく。

過去の名作が全て見放題

2014年08月22日 配信開始

各話一覧

並び順

第1回 国際連盟脱退 松岡洋右 望まなかった決断

216ポイント 購入する

第1回 国際連盟脱退 松岡洋右 望まなかった決断

216ポイント 3日間 58:59

昭和史の重要な選択に迫るシリーズの第1回。昭和8年、日本は国際連盟を脱退、世界からの孤立の道を選んだ。これまで連盟脱退といえば、旧満州をめぐる日本の主張が受け入れられなかったため、自ら進んで脱退したというイメージが一般的だった。しかし近年の研究によると、当初、政府は脱退回避を意図していたという。なぜ日本は正反対の結論へと突き進んでしまったのか?日本全権・松岡洋右を軸に、国際連盟脱退の舞台裏に迫る。

詳細 お試し無料 ▶

第2回 サンフランシスコ講和 吉田茂 独立への苦闘

216ポイント 購入する

第2回 サンフランシスコ講和 吉田茂 独立への苦闘

216ポイント 3日間 58:59

戦後、GHQに占領された日本は、早急に講和を結び、独立を回復する必要に迫られた。しかし、冷戦が激化する中、対日講和問題は日本の安全保障問題と密接にリンクするようになる。アメリカは講和の条件として西側陣営への積極的な軍事貢献を求めてきたのだ。軍備を放棄した日本は、アメリカの要求にどう応えるべきか。時の総理大臣・吉田茂の葛藤を追いながら、日本がサンフランシスコ講和で国際社会に復帰した道のりをたどる。

詳細

キャスト

これもチェック

 昭和の選択を見た人は、こんな作品も見てます!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001