ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り

Nスペ 戦後70年ニッポンの肖像

NHKスペシャル シリーズ「戦後70年 ニッポンの肖像」では、これからの日本や日本人に何が必要なのかを考えるために、戦後日本人の70年間の歩みを振り返る。

過去の名作が全て見放題

2015年04月19日 配信開始

各話一覧

並び順

戦後70年 ニッポンの肖像 -日本人と象徴天皇- 「第1回 “戦後”はこうして誕生した」

216ポイント 購入する

戦後70年 ニッポンの肖像 -日本人と象徴天皇- 「第1回 “戦後”はこうして誕生した」

216ポイント 3日間 49:00

日本の“戦後”がどう始まったのか。新資料や証言を織り交ぜ、象徴天皇の誕生と国民の歩みを描く。連合国軍による占領後、民主化され、言論の自由や人権の大切さが唱えられた。新憲法によって天皇は法的に「象徴」と位置づけられた。この“象徴天皇”の概念をどう解釈し、どう実践していくのか、戦後70年の出発点は、まさに天皇、国民ともに、戦後体制が始まった時でもあった。その誕生から、国民に広く浸透するまでを描く。

詳細

戦後70年 ニッポンの肖像 -日本人と象徴天皇- 「第2回 平和を願い続けて」

216ポイント 購入する

戦後70年 ニッポンの肖像 -日本人と象徴天皇- 「第2回 平和を願い続けて」

216ポイント 3日間 49:05

日本は過去の戦争の記憶と向き合いながら、紛争が続く世界の中で、平和を願い続ける戦後を過ごしてきた。しかし、そこには数々の葛藤があり、それを乗り越える道程だった。 放送以外の配信の許諾が得られなかったため、一部映像を編集してお伝えします。

詳細

戦後70年 ニッポンの肖像 豊かさを求めて 「第1回 “高度成長” 何が奇跡だったのか」

216ポイント 購入する

戦後70年 ニッポンの肖像 豊かさを求めて 「第1回 “高度成長” 何が奇跡だったのか」

216ポイント 3日間 49:04

敗戦からわずか20年余りで世界2位の経済大国に上り詰めた日本。奇跡と称賛された復活劇は時代の産物なのか、真の実力なのか。高度成長の実像と今に生かせる教訓を探る。 放送以外の配信の許諾が得られなかったため、一部映像を編集してお伝えします。

詳細

戦後70年 ニッポンの肖像 豊かさを求めて 「第2回 “バブル”と“失われた20年”何が起きていたのか」

216ポイント 購入する

戦後70年 ニッポンの肖像 豊かさを求めて 「第2回 “バブル”と“失われた20年”何が起きていたのか」

216ポイント 3日間 01:24:59

80年代、地価、株価が急上昇、日本人が熱狂した“バブル”。株価は史上最高値の3万8千円を超え、当時、それは長く続くかに思えた。しかし突如、バブルは崩壊、その後、日本経済は“失われた20年”と言われる長期の経済停滞に見舞われ、今もそこから抜け出せずにいる。バブルはなぜ起きたのか、長い経済停滞からなぜ抜け出せないのか。徹底取材によって真相を探ると同時に、ゲストとともにこれからの日本を考える教訓を探る。

詳細

戦後70年 ニッポンの肖像 -世界の中で- 「第1回 信頼回復への道」

216ポイント 購入する

戦後70年 ニッポンの肖像 -世界の中で- 「第1回 信頼回復への道」

216ポイント 3日間 49:00

サンフランシスコ講和会議で国際社会に復帰した日本。信頼回復をどのように進めてきたのか。インドネシアなど東南アジア諸国には賠償を支払い、経済進出が始まる。植民地支配についての請求権で難航した日韓会談。岸信介とパク・チョンヒ大統領が会談、1965年日韓基本条約に調印。さらに90年代に個人の補償要求が高まると、河野談話、村山談話、アジア女性基金、そして平和友好交流計画を進めた。日本外交の軌跡を見つめる。

詳細 お試し無料 ▶

戦後70年 ニッポンの肖像 -世界の中で- 「第2回 冷戦 日本の選択」

216ポイント 購入する

戦後70年 ニッポンの肖像 -世界の中で- 「第2回 冷戦 日本の選択」

216ポイント 3日間 49:05

冷戦の時代、日本は沖縄返還と日中国交正常化という外交成果を上げた。米中接近の中進められた尖閣諸島をめぐる秘密外交にも光を当て、アジア太平洋の時代の出発点を描く。 放送以外の配信の許諾が得られなかったため、一部映像を編集してお伝えします。

詳細

戦後70年 ニッポンの肖像 -世界の中で- 「第3回 “平和国家”の試練と模索」

216ポイント 購入する

戦後70年 ニッポンの肖像 -世界の中で- 「第3回 “平和国家”の試練と模索」

216ポイント 3日間 49:04

冷戦後、世界各地で頻発する紛争、そしてテロとの戦い。激動の中で、日本は国際社会の一員としての役割を果たすことを求められた。揺れ動いてきた日本外交の姿を振り返る。 放送以外の配信の許諾が得られなかったため、一部映像を編集してお伝えします。

詳細

戦後70年 ニッポンの肖像 -政治の模索- 「第1回 保守・二大潮流の系譜」

216ポイント 購入する

戦後70年 ニッポンの肖像 -政治の模索- 「第1回 保守・二大潮流の系譜」

216ポイント 3日間 48:59

国土が焦土と化し、人々の生活が困窮する中でスタートした戦後政治。1955年に結党された自民党は、“豊かさ”の実現を優先するのか、それとも国家としての“自立”を優先するのか、吉田茂・岸信介という二人の首相に代表される二大潮流がせめぎ合いを続けてきた。新たに発掘した史料や関係者へのインタビューなどを通して、終戦直後から1960年代にかけての時代を中心に、政治のあゆみを見つめ直す。

詳細 お試し無料 ▶

戦後70年 ニッポンの肖像 -政治の模索- 「第2回 “豊かさの分配” その先に」

216ポイント 購入する

戦後70年 ニッポンの肖像 -政治の模索- 「第2回 “豊かさの分配” その先に」

216ポイント 3日間 48:59

1970年代「日本列島改造論」を掲げ、政治の表舞台に現れた田中角栄。道路や鉄道網などの公共事業によって、全国に富を分配するシステムを確立し、権力を手にしていく。しかしその後、日本は低成長時代へ。政治は田中が生みだしたシステムからの変革を模索していく。NHKのアンケート調査で「戦後を最も象徴する人物」第1位となった田中角栄。当時の映像や録音をひもときながら、高度経済成長期以降の政治の潮流を見つめる。

詳細 お試し無料 ▶

戦後70年 ニッポンの肖像 -戦後70年を越えて- 「日本人は何ができるのか」

216ポイント 購入する

戦後70年 ニッポンの肖像 -戦後70年を越えて- 「日本人は何ができるのか」

216ポイント 3日間 01:29:04

シリーズ「戦後70年ニッポンの肖像」。終戦の日に伝える今回は、女優の石原さとみさんや寺島しのぶさんが激動の世界を訪ね、未来の平和のために何ができるのか見つめる。 放送以外の配信の許諾が得られなかったため、一部映像を編集してお伝えします。

詳細

キャスト


このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001