ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り

ママゴト

秘めた悲しい過去にとらわれるスナックのママ・映子と、彼女のもとに無理やり預けられた純真むくな幼児・タイジ。寄る辺ない2人が“新たな家族”を夢見て探す、おかしくもせつない物語。

過去の名作が全て見放題

2016年08月31日 配信開始

各話一覧

並び順

(1)「ママゴトのはじまり」

108ポイント 購入する

(1)「ママゴトのはじまり」

108ポイント 3日間 28:59

場末のスナックのママ・恩地映子(安藤サクラ)はこよいも常連客と酒を飲み酔っていた。そこへ旧友・滋子(臼田あさ美)が大滋(小山春朋)という5歳の子を連れて姿を現す。滋子は大滋を映子に預け行方をくらます。大滋と暮らすうち、映子は赤ちゃんを産んだ自らの過去を思い出す。映子と大滋のママゴトのような奇妙な共同生活が始まる。アペンタエ(栗原巴央)との遊びに夢中な大滋が川に靴を落とす。映子に不吉な予感がよぎる。

詳細 お試し無料 ▶

(2)「おまえはオニじゃ!」

108ポイント 購入する

(2)「おまえはオニじゃ!」

108ポイント 3日間 28:59

映子(安藤サクラ)は滋子(臼田あさ美)の息子・大滋(小山春朋)とママゴトのような共同生活を始める。慣れない子育てに苦労は絶えず、滋子の借金を取り立てに高利貸しの橘(杉本哲太)まで現れ、散々な目にあう。ある日、大滋がカラスのヒナを拾って帰ってくる。映子は仕事ばかり増やす大滋を叱るが、大滋の親友・アペンタエ(栗原巴央)はかわいそうに思い、映子に口汚く言い返す。その言葉に映子はつらい過去を思い起こす。

詳細 お試し無料 ▶

(3)「人生は待ったナシなんよ」

108ポイント 購入する

(3)「人生は待ったナシなんよ」

108ポイント 3日間 28:59

映子(安藤サクラ)は滋子(臼田あさ美)の息子・大滋(小山春朋)の不始末で火事を出し「アムール」は閉店となる。映子は大滋に別れを告げようとするが、結局母親代わりを続ける。映子はアペンタエ(栗原巴央)の家に居候しスナック「高城」のママ(根岸季衣)に頭を下げアルバイトをしながら大滋の面倒をみるが、次第に愛情を深めてゆく。そんな映子に高利貸しの橘(杉本哲太)は、世間は大滋を放っておかないと忠告する。

詳細 お試し無料 ▶

(4)「だいすきなひとをだいじにしよう」

108ポイント 購入する

(4)「だいすきなひとをだいじにしよう」

108ポイント 3日間 28:59

映子(安藤サクラ)は火事で「アムール」を失い大滋(小山春朋)と別れようとするが、大滋の母親代わりを続ける決意をする。映子はスナック「高城」のママ(根岸季衣)に頼んでアルバイトし大滋の親友アペンタエ(栗原巴央)の家に居候する。常連客からもらったチケットで、映子は大滋を遊園地へ連れて行く。本当の親子のように遊園地で楽しい時間を過ごす映子と大滋。しかし、帰ってきた二人を児童福祉局の人間が待ち受けていた。

詳細 お試し無料 ▶

(5)「はなればなれのふたり」

108ポイント 購入する

(5)「はなればなれのふたり」

108ポイント 3日間 28:59

大滋(小山春朋)と別れた映子(安藤サクラ)は「これでよかったんじゃ」と思い、元の生活に戻る。母親・滋子(臼田あさ美)が大滋を連れて行ったのは山奥で共同生活をしオーガニックな食物を栽培する農場「チャントメイト研究所」だった。所長で滋子の新恋人・舞善(古舘寛治)の監視のもと、大滋は厳格な生活を強いられる。一方、大滋を心配する親友のアペンタエ(栗原巴央)は納得できないと映子に訴え、思い切った行動に出る。

詳細 お試し無料 ▶

(6)「家族のつくり方」

108ポイント 購入する

(6)「家族のつくり方」

108ポイント 3日間 28:59

映子(安藤サクラ)はスナック「アムール」を再開し、客の前で元気に振る舞うが心中はさびしかった。橘(杉本哲太)が現れ大滋(小山春朋)への意外なプレゼントを映子に渡す。隔離された大滋と母・滋子(臼田あさ美)は舞善(古舘寛治)から息子の光(高村佳偉人)が発作を起こした責任を問われ叱られる。大滋をなぐさめる滋子の言葉を聞いた光は嫉妬で大滋を責め、滋子に暴言を吐く。が、光は大滋と仲直りしようと一計を案じる。

詳細

(7)「帰ってきた疫病神」

108ポイント 購入する

(7)「帰ってきた疫病神」

108ポイント 3日間 28:59

映子(安藤サクラ)のもとに大滋(小山春朋)が帰ってきた。映子は久しぶりに大滋と過ごし、アペンタエ(栗原把央)の家に泊まった光(高村佳偉人)は家族の温かみを知る。翌朝、スナック「アムール」の戸を乱暴にたたき舞善(古舘寛治)が現れる。舞善は映子の話も聞かず、滋子(臼田あさ美)を大声で呼ぶ。舞善の前から滋子はいなくなってしまったのだという。責任を感じる大滋。そんな大滋を見て映子はある決心をする。

詳細

(8)「正しいママゴトの終わり方」(最終回)

108ポイント 購入する

(8)「正しいママゴトの終わり方」(最終回)

108ポイント 3日間 28:59

映子(安藤サクラ)は行方をくらました親友・滋子(臼田あさ美)を捜しに滋子の恋人・舞善(古舘寛治)とともに出かける。映子には確信している場所があった。舞善の運転する車の中で映子は滋子と過ごした日々を思い出す。ついに映子は滋子と再会する。しかし滋子は帰る場所が無いと言い張る。そこへ舞善が来る。映子は滋子を連れ戻せるのか。映子と大滋(小山春朋)の「ママゴト」はどんな終わりを迎えるのか。泣き笑いの最終回。

詳細 お試し無料 ▶

キャスト

これもチェック

 ママゴトを見た人は、こんな作品も見てます!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001