百鬼丸の巻 その二
百鬼丸はどろろに、己の呪われた身の上を語った。医師・寿光に拾われて育てられたこと。旅立ち。そして少女みおとの悲しい別離を。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001