スーパーボルボックを操っていたのは三つ目族の少女モエギだった。彼女の本当の目的は、地球の自然を守るために全ての人間を滅ぼすことだった。写楽と和登は、人間の未来と価値を信じて、最後の戦いを挑む。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001