死んだ母親を恋しがるトトオのため、メルモは母親の姿となってトトオを慰めた。そのメルモを見て番長の昭吾は一目惚れし、結婚して欲しいといってきた。ワレガラスに相談すると、博士は結婚とは何かを説明する。それを聞いて軽々しく結婚は出来ないと思ったメルモは、難題を吹っかけて昭吾に結婚をあきらめさせようとする。けれど、あきらめるどころか昭吾はハリキってしまう。夢中で頑張る昭吾の姿にメルモの心は揺れ、ついに昭吾との結婚を決意するのだが・・・。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001