24時間テレビのためのスペシャルアニメ第9弾は再び手塚プロが製作を担当し、手塚治虫は、原作、脚本、監督の3役で積極的に関わります。 さながらブラッドベリの「火星年代記」のようにオムニバスドラマの形式で21世紀の終わり、人類が宇宙へと進出している時代を背景にした愛の物語を綴ります。物語設定は「火の鳥 望郷編」に似ています。結婚して宇宙へと旅立ったものの、夫が宇宙病で急死してしまう。ひとり宇宙に取り残される女。これは「火の鳥」にもあった設定ですね。今回のこの物語では地球時代の友人達が、このみんなの憧れのマドンナだった女性を救うため宇宙へと旅立って行きます。「愛は地球を救う」そして「愛だけが人間を救う」のだと手塚スペシャルアニメは愛の基本を再び訴え直しています。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001