ひろみの友人、ユリ子が一年ぶりに地球に帰還してきた。ユリ子の父親である津村博士は土星の衛星チタンに宇宙燈台を建設するプロジェクトに参加しており、一家で現地に滞在していたのだ。しかし、ユリ子の体内にはミクロ・アリ星人が侵入していた。ワルダスターに属するミクロ・アリ星人は体液によって、生物の脳を操ることできる。しかも、ユリ子の体内のミクロ・アリ星人は次々と周囲の人間を体液でコントロールし始めた。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001