「アクビアツアツの話」
金田君がキザなセリフでアクビを屋敷に誘う。大豪邸にまんざらでもないアクビだが、もっとお金持ちに変身したカンちゃんと魔王にあっさりと寝返ってしまうのだった。
「アラビン子守歌の話」
カンちゃんと魔王が捨て子の面倒をみることになる。二人を見守る怪しい男が現れるが、その男がカンちゃんの家を訪れて、自分の子供を返してくれと言うのだが、男の人相の悪さを疑ったカンちゃんと魔王は、ひとつのアイディアを思いついて・・・。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001