一緒に旅をすることになったハッチ、アーヤ、テンテンは船で川を下っている途中で、意地悪なホタルの少女・ピカルと出会う。ピカルは偶然にも行方不明のテンテンの父親を知っていた。自分の子分になれば父親の行方を教えてやると言われ、テンテンはハッチたちと別れてピカルについて行く。2人はホタルの村へやってきた。そこではホタルの女王を選ぶ「光の祭典」の準備が進められていたが、ピカルはその会場を壊しにいくと言う。ピカルは実は光ることが出来ないホタルで、光の美しさを競う祭典が嫌いなのだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001