鉢かぶり姫の被っている鉢がドクロストーンらしいことから、ドロンボーは彼女のいるカワッチ村へ。鉢かぶり姫はその地方をおさめる中条の家で働いていた。中条の息子・末津庫は姫に求婚するも、彼の母親は猛反対。このままではお世話になった中条に迷惑がかかると判断した姫は、この家を出る決心をする。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001