紋者博士の研究室に忍び込んだアクダマンは、罠によって捕えられてしまうも難なく抜け出し、命のもとと関係があると思われる名探偵エスキュール・ボケロの名刺を奪取。黄金の脳細胞というキーワードを手掛かりに、1908年のアマゾン河にやってきた。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001