命のもとの在り処を示す紙切れを発見した紋者博士は、それを解読機にかけた結果、日本の江戸末期に存在した英雄、坂本リョーマがもっていた辞書の一部であることが判明。博士の行動を先回りして、リョーマに会うため、幕末の京の都へ旅立つアクダマン。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001