果てしなく広がるタイムトンネルの中。そこを走るタイム鉄道赤字線終着駅の車庫の中には、世にも不思議な秘密のものが隠されているという。その車庫の鍵を手にした紋者博士は、その秘められた物こそ命のもとではないかと考える。タイムトンネルの中にはタイムスリップした様々な時代の人達を乗せている幽霊列車が存在する。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001