天女の羽衣の切れ端を見つけた紋者博士は、伝説の天女が帰っていった天上界に命のもとがあると推定する。漁夫に羽衣を奪われてしまい、三保の松原にある小さな小屋の中で泣きながら裸でうずくまっていた天女は、アクダマンにその一分始終と、破れている羽衣では空を飛べないことを話す。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001