1603年の太宰府天満宮にジュジャクがいるとの情報を得て出発したミレンジョ一行を追い、カレン姫たちも後を追う。そこでカッパの河太郎が子供たちとなかよくしていた。だがイタズラ好きの河太郎に大人たちは渋い顔。ミレンジョ一味によって天満宮の大切な梅林が荒らされるが、大人たちは河太郎のイタズラだと勘違いしてしまう。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001