ジュジャクは1815年、越後国の国上山の五合庵にいる良寛和尚が待っている手まりに変化しているという。この良寛がとても大切にしている手まりを、無情にもミレンジョたちは力ずくで奪ってしまう。その後、ワタルたちとラグビーさながらの手まり争奪戦を繰り広げるも、ジュジャクにはあえなく逃げられてしまう。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001