復活したイッパツマンにピンチを救われ、本社で豪と感動の再開を果たしたランたちは、彼からイッパツマンがサイキックロボットであることを明かされる。一方、イッパツマンの再起の報を耳にした球四郎は、再びダイヤモンド弾丸で息の根を止めようと息巻いていた。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001