貫太は、怪我をした相手チームの選手をその妹が看病するのを見て、町内一おてんばな五子をおしとやかにさせようと計画する。礼儀作法を教えたり、誕生日会でお姫様の役をやらせてみるが、どれも失敗してしまう。みんなから無理だと笑われた寛太は、今のままの五子が一番だと分かっていく。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001