ホーマーズが6連敗し、みんなが一郎の球速が遅いせいで負けたと言い出した。一郎は長男でエースという自覚から、特訓を申し出るが、実は怪我で投げられる状態でなかった。一郎の頑張りを感じたみんなが野球は一人でやるものではないことに気づき、力をあわせて一郎のバックアップを誓うのだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001