ベロダッセ一味の狙いが、ナメズードランド遊園地のスベリ台になっている「巨人の舌」だと判明。これを移動させようとする鬼虎だが、犯人一味と勘違いした探偵長のせいで失敗、舌は盗まれてしまった。落ち込んだ探偵長は田舎に帰ってしまうが、そこにはベロダッセ一味も潜んでいた。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001