ゴード長官と総司令官との会話を盗み聞きしたJJは、自分がホワイト・ナッツに選ばれたのはコンピュータのミスであると知ってしまう。気落ちするJJであったが、その間にもノーザの攻撃は休むことはない。支援のため向かった前線で、JJはかつて所属していた軍の同僚たちと再会する。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001