再び死の淵から蘇った白雪姫だったが、その健康はまだ完全なものではなかった。日が落ちると共に深い眠りに着いてしまうのだ。噂を聞いたゴブリンの王子ゴビーとメルが見舞いにやってきた。白雪姫を助ける手掛かりを求め、日暮れ谷を訪れたメムル。しかしそこでメムルはおばのメムーラ達とともに、クリスタルが呼び覚ました魔神ロニに取り付かれてしまうのだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001