ガダルカナル撤退後、ラバウルは南方地域を守るための最後の砦となっていた。しかし既に制空権は連合国軍にある。日本軍の補給線の寸断を狙って米軍はラバウル基地を連日のように攻撃する。その米軍の攻撃を増援もなしにギリギリのところで応援するラバウル航空隊。増援をすべきか、米軍上陸部隊はそこまで迫ってきている。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001