突然の嵐の夜に、テンプル達は街外れの空き家で休むことにしました。両親の待つ若草村を探して旅を続ける間に、何度恐ろしい目にあったでしょう…。不安にかられるテンプル達でしたが、旅の疲れにいつしか眠り込んでしまいました。そこへ忍び寄る影…。チュッピーの声にみんなが目を覚ますと、そこには一人の大男がいました。その男は、なんと警官に追われている大泥棒だったのです。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001