吉原を訪れていた黒船の艦長が花魁妖怪に血を吸われ、取り込まれた。黒船で江戸の町が砲撃される。唯たちは砲撃を阻止するために江戸湾の黒船に向かうが、強大な妖魔・海坊主が立ち塞がる。 一方、内藤晶は、攻撃力を強化した源内のからくり・改(仮)で海坊主と戦っていた。このからくりは晶と源内とで作り上げたものだったが、天女として覚醒していない晶には大きな負担をかけるものだった。戦いの中で消耗して倒れる晶。生死の間をさまよう晶を救うため、源内は必死に想い叫ぶ!そして晶は…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001