「シャナと一緒に戦う」と悠二は言った。共に戦うために鍛えてもらおうと自ら申し出た、それが認められただけではない。シャナにとって、悠二はただのトーチではなくなったのだ。だが、そのきっかけを与えてくれたラミーは、マージョリーの手に落ちようとしていた。その原動力は紅世の徒への過剰なまでの復讐心だった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001