悠二にとって、それは日常になりつつあった。「強くなり、シャナと共に戦いたい」。だからこそ、行っていた日々の鍛錬。一方、シャナの思いはより強くなっていた。「重要なのは悠二が強くなること。一緒に戦うこと」。今、二つの思いは、互いの影すら見失おうとしていた。燐子が現れたのは、そんな時だった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001