毎日のように吉田一美の弁当を食べている悠二が嫌だったシャナ。そのため、千草に料理を教わるシャナだったが、そうそう上手くなるはずもない。そこで千草は、気分を変えさせようとミサゴ祭へ行くよう提案する。一方、そんなシャナの気持ちを知らない悠二は、祭に一緒に行きたいという一美の誘いを受けてしまうが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001