非情すぎる千歌音の仕打ちに、我を忘れて切り掛かった姫子の剣は千歌音を貫いた。その状況に絶望して自分の喉元に剣を立てる姫子。すぐにその手を止めた千歌音は姫子に全てを打ち明ける。そして姫子は…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001