第3話「挑戦者・その名は西山勘九郎」
最近不審な視線を感じている美輝。正体がわからない以上はどうしようもない。いつものように出前に出る美輝だったが、結局道に迷ったのをきっかけに、いつものようにさぼって草野球に勝手に参戦してしまう。マウンドにリリーフとして立つ美輝が力まかせに剛速球を投げつけツーストライクに追い込んだ時、謎の男・西山勘九郎が疾風のごとく現れる。

第4話「我が戦いに終点なし」
相変わらず不審な視線を感じている美輝。その正体はもちろん西山勘九郎だ。美輝をつけ狙い襲撃を繰り返すが、美輝の戦闘能力の前に歯が立たない(本人はあと一歩だと思っているが)。そこで美輝の不意をつくのではなく、弱点を探すためにつきまとうことにしたのだ。そしてついに無敵に見えた美輝の弱点を発見する。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001