ウォーリアーズ事件によって警察への信頼が失墜し、利緒と真弥、警官たちはその信頼回復のため連日市民たちのイベントに参加させられていた。リリカはその能力を生かしてテレビ番組に出演してはいたが、契約は打ち切られて失業、再び施設へ戻されることに。真弥は旅に出るという。街を去ろうとする真弥に利緒が迎えに来ていた。真弥を送る途中、列車に少女と一緒に立て篭もっている犯人と遭遇、危機を察知したリリカの助言で救出に成功した。翌朝の寝起きのテレビで目が覚めた利緒は、アナウンサーが語る今日の運勢に呆れながらも耳を傾けていた。そして、それが現実のものとなったのだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001