果郡王との約束の日、御花園を訪れる甄?だったが、大雨のためか果郡王は訪れず甄ケイは内心失望する。
一方、皇太后に呼ばれた後、急いで御花園に向かう雍正帝だったが、すでに甄ケイの姿はなく、その後、風邪をこじらせ寝込んでしまう。数日後、再び御花園を訪れた甄ケイだったが、そこへ余氏が現れ、位よりも寵愛を得る者が尊いのだと甄ケイを侮辱するのだった。すると果郡王と名乗っていた男が現れ、余氏を諌める。甄ケイはその男が果郡王ではなく雍正帝だったことを初めて知るのだが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001