寵愛を独占するあまり側室たちから嫉妬を買ってしまった甄ケイは、雍正帝に他の側室の元にも赴いてほしいと訴える。
一方、華妃は後宮の管理を学ぶことを許された沈貴人を翊坤宮に呼び、明かりが少ない中、帳簿を写すよう命じる。ようやく解放された沈貴人だったが、翊坤宮にほど近い池に立ち寄った際、何者かに池へ突き落とされてしまう。沈貴人は一命を取り留めるも華妃の仕業だと確信し、甄ケイの前で復讐を誓うのだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001