甄ケイは日ごとに眠気と倦怠感に襲われていた。不審に思った甄ケイが温侍医を呼ぶと、甄ケイのために煎じられていた薬の成分が増やされており、犯人は新しく碎玉軒に遣わされた余氏の元宮女だった。
雍正帝は余氏を冷宮送りとするが、雍正帝が情けをかけることを恐れた甄ケイは、自分が大晦日の夜に倚梅園で願掛けしたことを伝える。余氏の嘘を知った雍正帝は即座に余氏に自害を申し渡すが、余氏はなかなか聞き入れようとしない。悪あがきを続ける余氏の元を安陵容が訪れ…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001