年羹堯がまたも戦に勝利したため雍正帝は年羹堯一族の功績をたたえ、華妃の位も昇級させると告げる。皇貴妃に昇級するのだと思い込み有頂天になる華妃だったが、実は貴妃だと知り大いに失望してしまう。そして年羹堯は夫人の病を診察させるために当直の侍医を呼び出したため、官吏たちからその傲慢さに非難の声が上がるようになる。
斉妃は甄ケイが皇子を産めば、自分の子である第三皇子が皇太子になれないのではと危ぶむ。ある日、夾竹桃のそばに立っている斉妃に安陵容が近寄り、夾竹桃は毒があり妊婦には危険な植物だと告げ…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001