甄ケイに夾竹桃入りの菓子を食べさせようとした罪で、斉妃は皇后から第三皇子を教育する権利を奪われる。おなかの子を守れたと安堵する甄ケイだったが、相変わらず体調はすぐれなかった。そんな中、雍正帝と皇后が雨乞いのため10日ほど皇宮を空けることになり、華貴妃は留守中の後宮を取り仕切るよう命じられる。
皇太后も病のため、これを好機と見た華貴妃は、体調がすぐれず遅れて挨拶に来た甄ケイを不遜と見なし、翊坤宮の外でひざまずき「女誡」を読誦するよう命じるのだが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001