碎玉軒から火の手が上がる。放火したのは年答応付の太監であった。雍正帝は年答応を冷宮送りとし、最終的な処分を皇后に任せ、皇后は年答応に自害を命じる。
年答応への刑が執行される日、甄ケイは自ら冷宮の年答応を訪ねる。甄ケイをののしる年答応に、甄ケイはなぜ年答応が寵愛を得たのか、なぜ年答応が流産後、ずっと身ごもることがなかったのかを明かす。そして雍正帝から贈られた歓宜香の秘密を知った年答応はついに…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001