日に日におなかの子が育っていく甄ケイに対して皇后は手を出せずにいた。ところが甄ケイの父親がついに罪に問われ投獄されたため、皇后は安陵容を使って父親が投獄されたことが甄ケイの耳に入るよう画策する。
甄ケイは雍正帝に嘆願に向かうが、雍正帝が純元皇后を偲ぶ歌を目にしたうえに、父親が疫病にかかったと知ったショックで産気づく。公主を産んだ甄ケイに雍正帝は労いの言葉をかけ妃に封じると提案したが、傷心の甄ケイはある決断を下すのだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001