甄ケイはある日、温侍医より流産を引き起こす麝香を使用した症状が見られると告げられたため、内務府より年妃だけが使用することを許されている歓宜香を取り寄せる。調べてみると歓宜香には強力な麝香が配合されていたため、甄ケイの心は更に沈む。甄ケイが流産して以来、雍正帝は後宮からめっきり足が遠のいていた。
事態を危惧した皇后は、瓊華島で開かれた宴席で、顔を布で隠した歌妓に美しい歌声を披露させる。すっかり歌声に魅了された雍正帝の前で謎の歌妓が素顔を見せると…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001