失意の甄ケイは病にも伏しがちとなり、碎玉軒はすっかりわびしくなっていた。そんな事態を危惧した浣碧は果郡王に甄ケイを説得してほしいと頼み込むが、甄ケイの心はなかなか晴れなかった。そんな様子を見かねた沈眉荘は甄ケイを冷宮に連れていく。
甄ケイが冷宮で目にしたのはすっかり変わり果てた麗嬪の姿だった。眉荘は冷宮送りになった妃嬪の姿こそ甄ケイの末路だと諭す。そしてある日、甄ケイは斉妃にぶつかってしまったことで、斉妃と富察貴人から屈辱的な仕打ちを受けてしまうのだが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001