斉妃と富察貴人から屈辱を受け、ようやく目の覚めた甄ケイは、再び雍正帝の心を取り戻すべく入念な下準備を始める。そして、いよいよその日。宴を開いていた雍正帝は、かつて甄ケイと出会った倚梅園を訪れ、甄ケイの体から蝶が舞う様にすっかり魅せられる。こうして甄ケイは再び雍正帝の寵妃として復活するのだった。
そんな折、ジュンガル部からの要請で妙齢の公主をハーンへ輿入れさせることになったため、幼い温宜公主の母親である曹貴人は将来に不安を抱く。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001