曹貴人と富察貴人に遭遇した甄ケイは、2人を呼びとめ、世にもおぞましい人豚の物語を聞かせる。すっかりおびえた富察貴人は、甄ケイに報復されると思い込み、錯乱してしまうのだった。一方 甄ケイは曹貴人に公主の将来のためにも年妃を見限るよう促し、曹貴人も甄ケイに協力することを誓う。
そんな中、戦地より帰還した敦親王が言官を暴行するという事件が起こる。甄ケイは頭を悩ませる雍正帝に対し恐妻家である敦親王の夫人の力を借りることを提言するのだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001