皇宮に戻るやいなや災難に襲われた甄ケイの元に儲秀宮の祺嬪と欣貴人が拝謁に訪れる。2人が不仲かどうかを探るため、甄ケイは自分の元宮女であり現在は欣貴人付の佩児に祺嬪の動向を探るよう命じるのだった。
そんな折、夜に欣貴人の元に訪れた雍正帝を祺嬪が不調を理由に連れ出すという事件が起こる。甄ケイは病を治すためだと苦い汁物を届けさせ、祺嬪に皇帝の前で飲み干させる。寵愛を奪うという悪しき風習を抑えた甄ケイは皆に一目置かれるようになり、皇太后の信頼も取り戻すが、ある日、安陵容から意味深な警告を受け…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001